魔大陸の鍵

魔大陸の鍵

  • 依頼主 :アルフィノ(アバラシア雲海 X10-Y13)
  • 受注条件:レベル57~
  • 概要  :オク・ズンドのアルフィノは、シドの作戦を実現させようとしている。

アルフィノ
「よし、作戦は決まった。
 ただし、シドが考案した手法を実現するには、
 ビスマルクを釣るためのエサとなる「浮島」が必要だ。
 ズンドの長老「ソヌバヌ」に相談してみよう。
 どうやら、彼らは蛮神の召喚には反対しているようだからね。
 協力してくれるよう、説得するんだ。」
ソヌバヌと話す
ソヌバヌ
「今や、今や、冷酷なるブンドと、雲神さまの勢いは、
 吹き荒れる北風のように、留まることをしらないのです・・・・・・。
 困ったものだ、困ったものだ。」
アルフィノ
「雲神「ビスマルク」の件、我々に任せてはいただけませんか?
 聞けば、雲神は争いなき海を求めて雲海を創り出し、
 浮島の数々を空へと引きあげたとか・・・・・・。
 しかし、ブンドが呼び出した雲神は、浮島を喰らい尽くす勢い。
 我々は、天翔る船に浮島を牽かせ、
 雲神「ビスマルク」を導き、鎮めようと思います。
 どうか、小さな浮島ひとつを貸してはいただけないでしょうか。」
ソヌバヌ
「なんと、なんと、驚くべきことを!
 ヒトの勇者は、そのようなことを成せるというのか。
 なれば、なれば、雲海の平和のため、
 我らズンドは、柔らかな春風の如く協力せねばなるまい。
 ズンドの浮島ひとつを、お貸ししよう。」
アルフィノ
「ありがとうございます、ズンドの長老よ!
 後ほど、お預かりに伺います。
 よかった、シドたちに朗報を伝えることができそうだよ。
 さっそく、彼らのところに行こう。
 「エンタープライズ」は、北に停めてあるはずだ。」
シドと話す
アルフィノ
「シドたちも、急だというのに、準備を進めてくれたようだ。
 さすがは「ガーロンド・アイアンワークス」・・・・・・
 エオルゼア随一の技術者集団だ。」
シド
「ルキアに頼んで、対竜バリスタを用意させた。
 それに、万が一に備えて、魔導フィールド発生器も準備したぜ。
 牽引に用いるのは、スカイスチール機工房製の鉄鎖。
 元々、ドラゴン族を拘束するための代物で、強度も十分だ。
 ・・・・・・あとは引っ張る「浮島」があれば、準備完了だ。」
アルフィノ
「その件については、長老のソヌバヌが、
 用立ててくれることになったよ。
 準備ができ次第、受け取りに行こう。」
シド
「よっしゃ、作戦開始だ!
 Nikuq、蛮神に挑む準備ができたら、
 「ウェッジ」の奴に声をかけてくれ。」
ウェッジと話す
ウェッジ
「あれやこれや、準備が多すぎて大変だったッス。
 でも、気合い入れていくッスよ!
 オイラとアルフィノさんは身体が小さいから、
 船倉の機関室で、牽引装置の面倒を見る予定ッス。
 ・・・・・・ところで、もう準備はいいッスか?」
 それじゃあ、さっそくエサにする「浮島」を受け取って、
 「ビスマルク釣り」の開始ッス!
 ささ、「エンタープライズ」に乗ってくださいッス!」
アルフィノ
「今回ばかりは、私も同行させてほしい。
 この作戦には、飛空艇が欠かせないからね。
 君の横では戦えなくとも、自分にできる役割を果たすよ。」
シド
「蛮神のエーテル放射を浴びれば、
 俺たちはテンパードにされちまうからな。
 奴さんが現れたら、船倉に引っ込ませてもらうぜ。」
蛮神「ビスマルク」を討伐
シド
「デカい獲物が掛かりやがった! 来るぞ!」
「魔導フィールド発生器を活用してくれ!
 浮島が崩壊しちまったら、お終いだからな!」
「辺りの空気が変わった!?
 気を付けろ、何かしかけてくるぞ!」
「エーテル濃度急上昇ッ!
 空気が震えていやがる・・・・・・!」
「クソッ! なんて破壊力だ!
 魔導フィールド発生器がイカれちまったぜ!」
ハイデリン
「・・・・・・戦士よ・・・・・・光の・・・・・・よ・・・・・・
 聞こ・・・・・・ますか・・・・・・我が・・・・・・が・・・・・・
 闇・・・・・・迫って・・・・・・新たな・・・・・・
 どうか・・・・・・声が・・・・・・届いて・・・・・・ように・・・・・・」
アシエン・イゲオルム
「雲神「ビスマルク」を屠ったか。
 何度目かね、こうやって神を狩るのは?
 もはや君の力は、「人」とは思えないほどだ・・・・・・。」
トールダン7世
「天使い殿・・・・・・。
 かの者が手にしている品が、例の?」
アシエン・イゲオルム
「そのようだな・・・・・・。
 「魔大陸」への扉を開くアラグの秘宝・・・・・・。
 多少は、光の加護が戻ってきているようだが・・・・・・
 蛮神を倒せたとて、光の加護を失っている今、
 まるで赤子のようだな、光の使徒よ。」
トールダン7世
「ご協力に感謝しますぞ、天使い殿・・・・・・。
 そして、英雄殿にも礼をせねばなるまい。
 ビスマルクを倒す手間が省けたのだからな。
 準備は整った・・・・・・。
 今こそ、天への階段を拓くときよ!
 クククククク・・・・・・
 ハハハハハハハハハ!
 いよいよだ・・・・・・
 千年の歪を正し、真なる変革を・・・・・・
 人の手に歴史を取り戻すときが来たのだ!」
アルフィノと話す
シド
「よく戦い抜いたな、Nikuq。
 信じていたが相手はデカブツだ、少しハラハラしちまったぜ。
 くそ、浮島さえ牽引してなきゃ、教皇たちを逃さなかったのによ。」
ビッグス
「さすがは、Niuniuだ。
 あの巨大な蛮神を倒しちまうんだものな・・・・・・。
 ウェッジの奴を無事に連れ帰ってくれて、ありがとうよ。」
ウェッジ
「アルフィノさんは、意外と魔導技術に詳しいッス。
 重い浮島を引っ張って、悲鳴を上げてる青燐機関を、
 巧みに調整していたッス・・・・・・ちょっと見直したッス。」
ソヌバヌ
「確かに、確かに・・・・・・
 雲神さまが、お鎮まりになられたのを感じた!
 ヒトの勇者とは、なんと豪猛なことか!」
アルフィノ
「お疲れさま、Nikuq。
 とにかく、君が無事でよかった・・・・・・。
 ウェッジとふたり、狭い船倉内の機関室にこもって、
 青燐機関と牽引装置を相手に格闘していたが、
 まったく生きた心地がしなかったよ。
 それにしても、ここに来て新手のアシエンとは・・・・・・。
 教皇たちに「魔大陸の鍵」を奪われたことは、
 想定外だったとしか言いようがない・・・・・・。
 しかし、私たちは、まだ生きているし、
 アシエンや教皇に対して、立ち向かう意思も折れてはいない。
 諦めずに追撃しよう・・・・・・!」
シド
「教皇たちを追うための準備は、俺たちに任せてくれ。
 お前さんはアルフィノと、バヌバヌ族の皆に、
 雲神討伐の報告に行ってきな。」
ビッグス
「教皇座乗艇「ソレイユ号」の進路から、
 「魔大陸」の位置を割り出してみせるさ。」
ウェッジ
「あの時、上空は北西の風が吹いていたッス。
 となれば、船体はこっちに流されて、そこから光が指したから・・・・・・
 「魔大陸」がどの辺りにあるか、わかってきたッス!」