教皇の行方

教皇の行方

  • 依頼主 :アルフィノ(アバラシア雲海 X6-Y25)
  • 受注条件:レベル57~
  • 概要  :ブルーウィンドウのアルフィノは、教皇捜索を開始したいようだ。

アルフィノ
「ふむ、辺りを見回したかぎりでは、
 教皇座乗艇「ソレイユ号」の姿はないようだ・・・・・・。
 道中、「見わたし」ながら、北の方へと進んでみよう。
 バヌバヌ族との戦闘で、力を消耗したくはない。
 その姿を見かけたとしても、なるべく友好的にいこう。」
アルフィノ付近の印の上で「見わたす」をする
アルフィノ
「この広い雲海で、教皇を見つけることなどできるのだろうか・・・・・・。
 いや、弱気になっている場合ではないな。
 必ずや見つけ出す覚悟で臨もう!」
辺りに、教皇たちや「ソレイユ号」の姿はないようだ・・・・・・。
2箇所目の印の上で「見わたす」をする
アルフィノ
「ふむ、蒼天騎士の姿もなければ、
 教皇が乗る飛空艇「ソレイユ号」も見えないな・・・・・・。」
バヌバヌらしき声
「おたすけ、おたすけ!」
アルフィノ
「な、なんだ!?
 バヌバヌ族の悲鳴のようだが・・・・・・。
 Nikuq、行ってみよう。
 あ、あれはッ!
 ガレマール帝国軍だというのか!?
 しかし、なぜこんな場所に!」
帝国軍百人隊長
「ムッ、イシュガルドの兵か!?
 総員、あのふたりを捕らえるのだ!
 尋問して、教皇の行方を吐かせるぞ!」
アルフィノ
「くそっ、やるしかないか!
 Nikuq、応戦して、バヌバヌ族を助けるぞ!」
帝国兵を倒してバヌバヌ族の若者を救え!
インペリアル・センチュリオン
「奴らを捕らえろ! 重要な情報源だ、殺すなよ!」
アルフィノ
「まさか、ガレマール帝国の軍勢と鉢合わせるとは!」
(バヌバヌ族の若者
「黒いヒト、いっぱい!
 怖いヒト、いっぱい!」
「何も、何も、知らない!
 何も、何も、教えない!」
アルフィノ
「サリャクの英知よ、ここにっ!」)
インペリアル・センチュリオン
「エオルゼアの蛮人どもめ!
 我ら第VI軍団の恐ろしさを思い知るがいい!」
アルフィノ
「何っ・・・・・・増援部隊を呼んだというのか!?」
バヌバヌ族の若者
「おたすけ、おたすけ! 勘弁してほしいだよ!」
「痛いだよ、痛いだよ!」
(失敗時)
アルフィノ
「しまった・・・・・・すまない・・・・・・Nikuq・・・・・・。」
バヌバヌ族の若者
「もうダメ、もうダメ・・・・・・
 オイラ・・・・・・もう・・・・・・死んでしまうだよ・・・・・・。」
ロヌバヌと話す
アルフィノ
「やれやれ、遭遇戦だったが、無事に切り抜けられたね。
 しかし、ガレマール帝国軍まで進出してきているとは・・・・・・。」
シド
「なにっ、ガレマール帝国軍と遭遇しただって?
 ともかく無事で何よりだが・・・・・・こちらも警戒しておく。
 奴らも飛空艇を使って、来ているはずだからな。」
ロヌバヌ
「これは、これは、本当に助かっただよ!
 吹き抜ける西風のように、感謝するだよ!
 オイラの名前は「ロヌバヌ」ね。
 善良なる旅のおヒトさま、お礼をさせてもらいたいだよ。
 ぜひ、ぜひ、感謝の気持ちを受け取るね!」