いざ高空層へ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いざ高空層へ

  • 依頼主 :アルフィノ(イシュガルド:下層 X8-Y10)
  • 受注条件:レベル57~
  • 概要  :スカイスチール機工房のアルフィノは、出発前にやりたいことがあるようだ。

アルフィノ
「よし、私は、タタルと情報共有をしてから向かう。
 ミンフィリアたち行方不明者の捜索の件もあるからね。
 君は「イシュガルド・ランディング」に向かい、
 一足先に、「シド」たちと合流しておいてほしい。」
イシュガルド・ランディングのシドと話す
ビッグス
「聞いたぞ・・・・・・オルシュファン卿のこともな・・・・・・。
 無理だとは思うが・・・・・・あまり落ち込まないでくれ。」
ウェッジ
「話は親方から聞いたッス。
 どんな高空だって「エンタープライズ」で、
 送り届けてみせるッス!」
シド
「きたか、Nikuq。
 ビッグスとウェッジにも声をかけておいた。
 こっちは準備完了だ、いつでも出せるぜ。
 後はアルフィノの到着を待てば・・・・・・っと。」
アルフィノ
「タタルには事情を話し、留守を任せてきたよ。
 行方不明者の捜索については、ウルダハの不滅隊とも、
 連携して進めてくれているらしい。
 「暁」の皆の行方については心配ではあるが、
 捜索はタタルやウリエンジェ、リオルたちに任せよう。
 私たちは、私たちができることをしなければね。」
シド
「よっしゃ、お客さん方、出発するぜ。
 準備ができたら、「ウェッジ」に声をかけて、
 「エンタープライズ」に乗ってくれ!」
ウェッジと話し、アバラシア雲海に向かう
リ・コネブ
「あ、あなたの冒険をお手伝いするよう授かった新人です!
 よっ、よろしくおねがいします・・・・・・!
 ・・・・・・ジェシーさんに怒られないように、がんばらないと。」
ウェッジ
「「エンタープライズ」は、いつでも出せるッス。
 準備は万全ッスか?」
アバラシア雲海の北部は
未だ多くの地域が未開のままである
「魔大陸」へと向かった教皇を追う冒険者ら一行は
この地に 足を踏み入れるのだった
新たな戦いの火種が迫っているとも知らずに
アルフィノと話す
シド
「イシュガルドに戻りたいときは、
 そこの社旗の側に立って連絡してくれ。
 回収して送り届けてやるからよ。
 それから、アバラシア雲海の高空層への移動は、
 「イシュガルド・ランディング」にいる、
 うちの社員に声をかければ、社用艇を出させるからな。」
ウェッジ
「ルキアさんとの情報共有は、オイラたちに任せてほしいッス。
 何か動きがあったら、ちゃんと報せるッス!」
ビッグス
「緊急事態に備えて、いつでも飛び立てるようにしておく。
 何かあったら、すぐに親方に連絡を入れてくれ。」
(イシュガルド・ランディング)
リ・コネブ
「あっあっ・・・・・・!
 ブ、「ブルーウィンドウ」へ移動しますか?
 ・・・・・・新人ですが、安全運転でがんばります!」
アルフィノ
「ここが「アバラシア雲海」の高空層・・・・・・。
 「キャンプ・クラウドトップ」よりも高い位置にあるのだな・・・・・・。
 ルキア殿の言葉によれば、
 この周辺の浮島は、バヌバヌ族の勢力がより強いという。
 彼らを無闇に刺激しないように、注意しなければね。」