言えぬ傷跡

言えぬ傷跡

  • 依頼主 :エーセルギス(中央ザナラーン X20-Y18)
  • 受注条件:レベル8~
  • 概要  :ブラックブラッシュ停留所の鉄灯団員エーセルギスは、近くにいる銅刃団のオスベルトに、ハイポーションを買ってやってほしいようだ。

エーセルギス
「すぐそこに、銅刃団のオスベルトってのがいるんだけどさ。
 アイツなんか怪我してるみたいなのよ。
 鉄灯団と銅刃団って、上も違うし警備範囲も違うから、
 別に特別仲がいいって訳でもないんだけどさ、
 アイツ友達もいなさそうだし、不憫なのよね。
 でもアイツ、私が話しかけても無視すんのよ、感じ悪い。
 怪我は男の勲章なんだから、恥ずかしがる必要ないのにね。
 アンタみたいな赤の他人だったら話せるかもしれないわ。
 悪いんだけど「ハイポーション」を買って、
 「オスベルト」に渡してあげてくれない?」
オスベルトにハイポーションを渡す
オスベルト
「あーいたたたたたたっ・・・・・・
 ぐぬぬ、ハイポーションさえあればこんな怪我・・・・・・。
 この不死身のオスベルト、一生の不覚である・・・・・・。」
(ハイポーションを渡す)
オスベルト
「冒険者、これはハイポーションじゃないか!
 俺様の怪我に気付いていたというのだな・・・・・・。
 戦場で怪我を負わず、不死身のオスベルトと呼ばれる私が、
 同僚や鉄灯団の人間に情けない姿を見せるわけには行くまい。
 正直、痛いのをずっと我慢してたんだけどな・・・・・・
 お前のおかげで、邪なる礫に急襲されし我が額を、
 誰にも知られずに癒せそうである!
 そうだ! この不死身のオスベルトが、
 貴様に感謝の意を表し、生活に役立つ豆知識を授けよう。
 俺のように、邪なる礫に額を急襲されないためには・・・・・・
 暇つぶしとはいえ、鉱石を真上にぶん投げないことである!」