竜詩の始まり

竜詩の始まり

  • 依頼主 :エスティニアン(ドラヴァニア雲海 X33-Y15)
  • 受注条件:レベル55~
  • 概要  :モンステリエのエスティニアンは、竜の眼に隠された真実を知りたいようだ。

エスティニアン
「ニーズヘッグが地に堕ちた今、
 隠された秘密を知るのはフレースヴェルグのみ。
 奴に、真実を問うしかあるまい。
 確か「白亜の宮殿」には、「イゼル」が残っていたはずだな。
 氷女にも、フレースヴェルグの口から真実を聞かせたい。
 探し出して合流するぞ。」
白亜の宮殿のイゼルと話す
エスティニアン
「氷女め・・・・・・。
 あれからずっと、この辺りに居座っていたようだ。
 ・・・・・・さあ、真実と向かい合おうじゃないか。」
イゼル
「・・・・・・やはり、あなたたちだったのね。
 竜たちの悲痛な嘆き声が聞こえたわ・・・・・・。
 邪竜「ニーズヘッグ」を殺したうえ、
 これ以上、何の望みがあるというの!?
 悲しみに暮れる聖竜の暮らしを、もう荒立てないで!」
エスティニアン
「黙れ、氷女! 俺たちは、フレースヴェルグと話に来ただけだ。
 いや、違うな・・・・・・土産物を届けに来たんだ。
 そして、隠された真実を語らせる。
 イゼルよ、お前も仲間を率いて「千年戦争」に加わった身だろう。
 ならば、争いの根源について知るべきだ。
 ・・・・・・真の意味で、千年戦争を終結させるためにな。
 Nikuq、ラッパを吹き鳴らせ。
 フレースヴェルグを呼ぶんだ!」
フレースヴェルグ
「・・・・・・愚かな。
 やはり刃により、禍根を断つ道を選んだか・・・・・・人の子よ。
 ニーズヘッグの力が失われるのを、感じたぞ・・・・・・。」
エスティニアン
「・・・・・・それは、貴様がニーズヘッグにあたえた、
 「眼」のお陰か?」
フレースヴェルグ
「真実に辿り着いたか・・・・・・。
 その「竜の眼」こそ、はるか過去にニーズヘッグに譲った、
 我が力の源なのだ・・・・・・。」
(過去視)
フレースヴェルグ
「いったいどうしたというのだ・・・・・・
 我が兄弟、ニーズヘッグよ。」
ニーズヘッグ
「姑息なヒトどもに、してやられたのだ・・・・・・。
 奴らめ、事もあろうに、ラタトスクの眼を喰らい力を・・・・・・。」
フレースヴェルグ
「なんということだ・・・・・・
 人とは、かくもおぞましい裏切りを成すというのか!」
ニーズヘッグ
「だからこそ、警告したはずだ。
 ヒトは、決して信用ならぬと・・・・・・。
 ヒトの小娘ひとりにたぶらかされた貴様が、
 「融和」など説かなければ、ラタトスクが殺されることも、
 我が双眸が奪われることも・・・・・・。」
フレースヴェルグ
「あぁ、シヴァよ・・・・・・我が愛しき娘よ・・・・・・
 なぜ人は、こうも愚かなのだ。」
ニーズヘッグ
「フレースヴェルグよ。
 ドラヴァニアの空に災いを呼び込んだことを
 少しでも悔いているのなら・・・・・・眼を渡せ。」
フレースヴェルグ
「ニーズヘッグ・・・・・・。」
ニーズヘッグ
「不意を突かれたがゆえに後れを取ったが、
 片眼でもあれば、奴らを子々孫々に至るまで、
 永遠に苦しめることもできよう・・・・・・。
 さぁ・・・・・・渡せ!
 復讐の始まりだ・・・・・・!」
フレースヴェルグ
「・・・・・・どうやら、我が過去を覗き視たようだな。」
イゼル
「なんてことなの・・・・・・
 ニーズヘッグの残された「眼」が、貴方のものだったなんて・・・・・・。」
エスティニアン
「ハルドラスと騎士たちの唯一の誤算は、
 双眸を奪われてなお、ニーズヘッグが生きていたということか。」
フレースヴェルグ
「瀕死の傷を負いながら、ニーズヘッグは逃れてきた。
 そして我に対し、片眼を差し出すよう求めたのだ。
 人に復讐を成すための力としてな・・・・・・。」
イゼル
「片眼をニーズヘッグにあたえることが、
 貴方にとっての贖罪だったというのですか!?
 ・・・・・・終わることのなき戦いが、始まると知りながら!」
フレースヴェルグ
「我が愛する者が望んだ調和は、
 彼女と同族である人の、汚らわしき裏切りにより潰えた・・・・・・
 それにより、血を分けたラタトスクを失い、
 ニーズヘッグは狂気の底に追い落とされた。
 ・・・・・・これ以上、人が我に何を言わんとするのか!!
 去れ、人の子らよ・・・・・・。
 人の飽くなき欲望が、我らに不幸をもたらした。
 今、お主らを殺めぬのは、
 愛するシヴァの最後の願いがあればこそ・・・・・・。
 それを努々、忘れぬことだ!」
イゼル
「これが、裏切りによって始まった、
 復讐の輪廻の結末だというの・・・・・・。」