風壁を切り裂く秘策

風壁を切り裂く秘策

  • 依頼主 :エスティニアン(ドラヴァニア雲海 X33-Y15)
  • 受注条件:レベル54~
  • 概要  :モンステリエのエスティニアンは、今後の方針について話したいようだ。

エスティニアン
「話しに聞く、嵐神「ガルーダ」の風壁を突破し得る力があれば、
 確かに、この「竜の巣」に突入することもできそうだ。
 Nikuq、アルフィノ・・・・・・
 すまないが、シドとやらに助力を求めてきてはくれないか?」
アルフィノ
「了解だ。
 だが、決してひとりでニーズヘッグに戦いを挑むような、
 無謀な真似はしないでくれよ。」
エスティニアン
「そこまでの無茶はせんさ。
 お前たちの準備が整ったら、リンクパールで連絡をくれ。
 皇都で合流し、一気に攻勢に打って出よう。」
アルフィノ
「よし、Nikuq。
 一度、「イシュガルド」に戻ろう。
 皇都で技術協力しているはずの「シド」を探すんだ。」
イシュガルドのアルフィノと話す
アルフィノ
「確かシドは、イシュガルドからの協力要請を受けて、
 飛空艇関連の技術協力をしていたはずだ。
 誰か、居場所を知る人はいないだろうか・・・・・・。
 そうだ、フォルタン家の次男は、無類の噂好きだったね。
 「フォルタン伯爵邸」で「エマネラン」殿に聞いてみよう。」
フォルタン伯爵邸のエマネランと話す
アルフィノ
「エマネラン殿に話を聞いてみよう。」
オノロワ
「エマネラン様は、噂話を仕入れるのだけは、
 とてもお上手なんです。」
エマネラン
「よぉ、Nikuqじゃないか。
 なになに、ガーロンド・アイアンワークス社の代表、
 「シド」についての噂を聞かないかって?
 そりゃもちろん、皇都の噂好きどもで話題になってるぜ。
 なんでも、教皇庁主導で開発された大型飛空艇が、
 故障続きだってんで、監修を依頼されてるそうだ。
 ここ最近じゃあ、「イシュガルド・ランディング」にも、
 ガーロンド・アイアンワークスの社員が常駐してるそうだぜ。
 案外、そのシドって奴もいるんじゃないか?」
アルフィノ
「「イシュガルド・ランディング」か・・・・・・。
 よし、さっそく向かってみよう。
 シドを見つけて、風壁の突破方法について相談するんだ。」
イシュガルド・ランディングでシドを探す
ビッグス
「皇都が戦場になるなら、一般社員を待避させなきゃならん。
 とはいえ、仕事を放り出す訳にもいかないしな・・・・・・。」
ウェッジ
「ド、ドラゴン族が攻めてくるッス?
 早くアレを完成させて、とっとと逃げるッス!!」
シド
「よぉ、Nikuqにアルフィノじゃないか。
 血相変えて、どうしたってんだ?」
アルフィノ
「探していたよ、シド。
 実は、あなたに協力を依頼したいことがあってね。」
シド
「・・・・・・邪竜「ニーズヘッグ」が張り巡らせた、
 暴風の壁を突破する方法を探している、だと?
 確かにアルフィノが言うやり方なら、
 俺のエンタープライズで突破できるだろう。
 ・・・・・・だが、いかんせん小回りが利かない。
 自在に空を飛び回るドラゴン族に接近された日には、
 目も当てられない事態になるぞ。」
アルフィノ
「そこをどうにかする方法はないだろうか!
 私にできることであれば、何でもする!
 今もエスティニアン殿が、ひとり雲海に残り、
 邪竜の監視を続けていてくれるのだ・・・・・・!」
シド
「ふふ、そう焦りなさんな。
 うってつけの秘密兵器があるんだよ。
 ビッグス、ウェッジ!
 お前たちが造っていた、例のアレの出番のようだぞ。
 百聞は一見にしかず。
 ひとまず「スカイスチール機工房」に来てくれ。
 とっておきを見せてやるぜ!」
スカイスチール機工房付近のビッグスと話す
アルフィノ
「「スカイスチール機工房」・・・・・・
 対竜兵器を開発、製造している場所と聞いたが・・・・・・。」
シド
「技術交流の一環として、工房の一部を間借りしていてな。
 見て驚くなよ、おふたりさん。」
ウェッジ
「フッフッフッ・・・・・・
 こんなこともあろうかと・・・・・・ッス!」
ビッグス
「例のアレは、この工房の中にあるんだ。
 さあ、見て驚くなよ?」
ウェッジ
「刮目して見るがいいッス!
 これがオイラたちが造ってるフネ・・・・・・
 名付けて「マナカッター」ッス!」
ビッグス
「第七星暦宣言の後、俺たちは一時的に親方の元を離れ、
 「タイニーブロンコ」の後釜として、
 この「新型飛空艇」の試作をしていたんだ。」
シド
「なかなか、イカしたフネだろ?
 こいつらの基礎設計が、しっかりしていた証拠だ。
 偏属性クリスタルを使った「属性変換機構」・・・・・・。
 あの機構の原理を応用して、周囲のエーテルを風属性に変換し、
 特殊加工した帆布でとらえて浮力を得る・・・・・・。
 そのアイディアを聞いたときは、
 さすがの俺も、舌を巻いたぜ。」
ウェッジ
「ただ、ちょっとばかし、弱点もあるッス・・・・・・。」
ビッグス
「この偏属性クリスタル式浮行装置は、まだパワー不足なんだ・・・・・・
 船体を浮かせるほどの浮力を得るには、
 風属性のエーテルが濃い場所であることが条件となる。」
ウェッジ
「カンタンにいうと、
 飛べる場所と、飛べない場所があるってことッス。」
シド
「それに近ごろじゃ、イシュガルドの大型飛空艇建造で、
 作業が止まっていたこともあるしな。
 完成には、少しばかり時間が必要だぜ。」
タタル
「ハァ・・・・・・ヒィ・・・・・・ハァ・・・・・・ヒィ・・・・・・。」
ウェッジ
「タ、タタルさん!?
 そんなに慌ててどうしたッス!?」
タタル
「皆さん、ここにいたでっすね!
 ウルダハから、すんごい情報が入ったのでっす!
 ナ、ナナモ陛下に関する重要情報でっす!」
シド
「よし、マナカッターの準備は、俺たちに任せておいてくれ。
 なぁに、暴風の壁を突破するための機構も、
 しっかり付けて準備しとくぜ。
 お前たちは、牛親父たちを助けてやってくれ!」
アルフィノ
「まずは、タタルから情報を聞こう。
 話はそれからだ。」
シド
「どうだい、なかなかイカしてるだろ?」
ビッグス
「自信作・・・・・・そう言ってもいいデキだ。」
ウェッジ
「最高にイカしてるッス!」