やっかいな相手

やっかいな相手

  • 依頼主 :マルスシャン(高地ドラヴァニア X31-Y22)
  • 受注条件:レベル53~
  • 概要  :テイルフェザーのマルスシャンは、気抜けしているようだ。

マルスシャン
「まったく、手痛くやられちまったぜ・・・・・・。
 これが、狙っていたグランチョコボの仕業だっていうんだから、
 テイルフェザーの猟師としちゃあ、笑えない話さ。
 ・・・・・・だがな、こっちにも意地ってもんがある。
 絶対にヤツを捕まえてやるつもりさ・・・・・・。
 そこで、お前さんにも手伝ってもらいたいんだ。
 近くのキャンプに出張っている「レオニュルフ」と「ゲナレ」、
 それと「エムベル」から、「グランチョコボ」について、
 情報を聞いてきてくれないか?」
キャンプを回り情報を収集
レオニュルフ
「グランチョコボか・・・・・・。
 仲間が出会ったんだが、体当たりの一撃で伸されちまってね・・・・・・
 気性の荒さも一級のようだよ。」
ゲナレ
「この檻を見てください・・・・・・奴が力任せに壊したんです。
 例のグランチョコボが、群れの仲間を逃がすため、
 やったようなんですよ・・・・・・。」
負傷した猟師
「くっ、あのチョコボは普通じゃない・・・・・・。
 侮っていると、俺と同じ目にあうぞ。」
エムベル
「奴さんは、警戒心こそ強いが、決してヒトを恐れないんだ。
 いざ対面すると、正面きって襲いかかってきやがる。
 もう何人もの猟師が、返り討ちにされたよ。」
マルスシャンに報告
熟練の猟師
「グランチョコボか・・・・・・。
 くそっ、ありゃあ厄介だぜ・・・・・・。」
マルスシャン
「・・・・・・なるほどな、想像以上にやっかいな相手のようだ。
 こっちでも調べてみたが、仕掛けた罠が踏み抜かれて、
 壊されていたんだ。
 こりゃ、俺たち猟師への怒りと、
 挑発の意味があるのかもしれん・・・・・・。
 強いだけじゃなくて、知恵も回る相手らしいからな。」
熟練の猟師
「隊長から話を聞いてくれ。」