グナース族の神

グナース族の神

  • 依頼主 :イゼル(高地ドラヴァニア X24-Y19)
  • 受注条件:レベル53~
  • 概要  :ヴァスの塚のイゼルは、思い悩んでいるようだ。

イゼル
「私は、蛮神の力に頼った身だ・・・・・・。
 神降ろしが、星の命を蝕むと知ったうえでな。
 必要悪であったと信じているし、罪を背負う覚悟もある。
 だが、グナース族は、領地を広げんと神を降ろしたという。
 彼らから罪を背負う覚悟が感じられないのは、
 私が傲慢だからだろうか・・・・・・。」
アルフィノ
「私の祖父ルイゾワも、第七霊災を防ぐため、
 カルテノーで、エオルゼア十二神の神降ろしを試みている。
 ・・・・・・だからイゼル、あなたの気持ちもわからないではない。
 しかし、グナース族の望みは単純な領土欲だ・・・・・・。
 もしそれが本当だとすれば、あまりに無邪気に思える。
 やはり、彼らの蛮神を討伐しなければなるまい。」
エスティニアン
「言うは易しだな、アルフィノ・・・・・・。
 お前がグナース族の蛮神と戦うというのなら別だが、
 蛮神討伐となれば、「光の戦士」に頼るほかあるまい?」
アルフィノ
「・・・・・・か、返す言葉もない。
 私が蛮神討伐などと軽々しく言うのは、
 それこそ傲慢というものだ・・・・・・。
 すまない、Nikuq・・・・・・。」
(何と言う?)
(蛮神は自分が倒す)
(・・・・・・・・・・・・)
イゼル
「いや、私がやろう・・・・・・。
 私とて「超える力」の持ち主なのだ。
 Nikuq、手を貸してくれるか。」
エスティニアン
「さすがは「氷の巫女」殿。
 ドラゴン族を助けるためなら、危険も顧みないか・・・・・・。
 だが、どうやって蛮神を、戦いの場に引きずり出すつもりだ?」
アルフィノ
「グナース族の蛮神に近づくため、
 何かいい方法がないか、ここの住人たちに聞いてみよう。
 作戦を考えることくらい、私にも手伝わせてくれ。」
エスティニアン
「フン・・・・・・。
 坊ちゃんなりに、必死さがでてきたじゃないか。」
アルフィノ
「神を呼び降ろしたという「繋がりし者たち」に、
 接近する方法はないのだろうか?」
エスティニアン
「何だって自分たちの「神」であるはずの蛮神について、
 こいつらは、ここまで無知なんだ?」
イゼル
「彼らの話し方は、回りくどくてわかりにくいな。
 いったい、どのような信仰を持っているというのか・・・・・・。」
ヴァスの塚で情報を集める
ストーリーテラー
「シシシシ・・・・・・「神」に会いたいと?
 それなら、生け贄にされるのが手っ取り早い。
 生きてはかえれぬだろうがな・・・・・・シシシシシ。」
イダテン
「シシシシシ・・・・・・気前のいい狩人たちよ。
 「神」に会えば、魂を取られてしまうのだぞ?
 魂を差し出そうとは、まったく気前がよすぎるというものだ。」
シブルロア
「俺たちは、「分かたれし者たち」・・・・・・
 「繋がりし者たち」と違って、奴らの意思は聞こえない。
 だから、奴らの考えもわからない・・・・・・シシシシシ。」
ナンカイーターと話す
ナンカイーター
「シシシシシ・・・・・・お前たちが、とびきり気前のいい狩人か。
 だが、俺はまだ分け前を貰ってはいないぞ?
 ひとつ・・・・・・ひとつでいい。
 「幼体ナンカの肉」ひとつで手を打つぞ、狩人よ。
 「リバー・ナンカ」を倒して、取ってくるがいい。
 そしたら、話を聞かせてやろう・・・・・・話をな。」
リバー・ナンカから幼体ナンカの肉を入手
ナンカイーターに幼体ナンカの肉を渡す
アルフィノ
「どうやら、彼らグナース族には、
 元々、個人名という概念がなかったらしい。
 人をマネて、適当な名前を名乗っているようだ。」
エスティニアン
「おいおい、それのどこが信仰に関する情報なんだ?
 と言っても、こっちにも収穫はないんだが・・・・・・。」
イゼル
「グナース族と話していると、
 何だか、頭が痛くなってくるな・・・・・・。」
ナンカイーター
「シシシシシ・・・・・・。
 求めているのは「幼体ナンカの肉」。
 用意できているのか、気前のいい狩人よ。」
(幼体ナンカの肉を渡す)
ナンカイーター
「シシシシシ・・・・・・本当に気前のいい狩人だな!
 よし、話を聞かせてやろう・・・・・・話をな。
 いいか、「繋ぎ止めし者」によって意思を繋げられた、
 「繋がりし者たち」は、同じ物を見、同じ思いを抱くのよ。
 ひとりが見れば、百の同胞が見たも同じ。
 ひとりが怒れば、千の同胞が怒るのも同じ・・・・・・。
 見つからずに神のもとに近づくなど、無理というものよ!」
エスティニアン
「考えていることが、仲間に筒抜けとはな。
 まったく、ゾッとするぜ・・・・・・。」
イゼル
「意思が繋がっているのが当然だとすると、
 話がわかりにくいのも、頷けるというものだ。
 そもそも話す必要がないという文化なのだから・・・・・・。」
アルフィノと話す
アルフィノ
「彼らの話しぶりでは、いまいち要領を得ないが、
 少し、わかってきたことがある。
 どうやらグナース族は、
 「繋ぎ止めし者」という「王」のような存在を中心に、
 言葉によらず、意思の疎通を図ることができるようだ。
 それがコロニーに棲む多数派の「繋がりし者たち」であり、
 彼らの総意に基づいて、神降ろしが行われた・・・・・・。
 だが、ここに棲む「分かたれし者たち」は、
 何らかの事情で、意思を繋げることができないようだ。
 だからこそ、「繋がりし者たち」の考えを理解していない・・・・・・。」
エスティニアン
「なるほどな・・・・・・。
 こいつらが、自分たちの神であるはずの蛮神について、
 意外なほどに無知なのは、そのためか・・・・・・。」
イゼル
「しかし、こうも言っていたぞ。
 領地を侵して捕らえられれば、必ずや生け贄として、
 神に差し出されることになるとな・・・・・・。」
  幼体ナンカの肉:ニンキナンカの幼生体の柔らかな肉