三度目の正直

三度目の正直

  • 依頼主 :ルーパル(高地ドラヴァニア X33-Y23)
  • 受注条件:レベル52~
  • 概要  :テイルフェザーのルーパルは、キ・ヤンターの新たな相方候補を思いついたようだ。

ルーパル
「ヤンターの相方についてだが・・・・・・。
 これまでと、少し発想を変えてみようと思うんだ。
 新人ではなく、熟練の猟師と組ませてみようと思う。
 「ヒュード」という熟練者が、テイルフェザーの外れにいる。
 ヤンター、彼にあいさつをしてくるといい。」
キ・ヤンター
「熟練さんなら、きっと私より、狩りもうまいわよね!?
 ワクワクしてきた・・・・・・さっそく会いにいってみるわっ!」
ルーパル
「冒険者さん、今回もヤンターを見守ってやってくれ。
 今度こそ、うまくいくといいんだがな・・・・・・。」
ヒュードと話す
キ・ヤンター
「んもー!
 ヒュードさんたら、私のこと相手にしてくれないのよ!」
ヒュード
「・・・・・・あんたは、そのひよっこの保護者か?
 俺には俺のやり方がある。
 ルーパルの指示だろうと、ガキと組む気はねぇ。
 わかったら、ひよっこと一緒に帰りな。」
キ・ヤンターと話す
キ・ヤンター
「あなたが来る前から、ヒュードさんと話をしてたんだけど、
 私のこと、まるで相手にしてくれないのよ!
 でも、ヒュードさんが熟練の猟師なのはわかる。
 あの人からは、学ぶことが多くある・・・・・・そんな気がするの。
 でも、あの様子じゃ私と組んでくれなさそう・・・・・・。
 うーん、どうしようかなぁ・・・・・・。
 ・・・・・・そうだっ!
 ヒュードさんに、私のこと好きになってもらおう!
 そうすればきっと、私と組んでくれるはずよっ!
 ヒュードさんの好きなものとか趣味とか、
 な~んでもいいから、片っ端から調べてくれない?
 私は、作戦を考えておくね!」
ヒュードの情報を集める
レマクロン
「・・・・・・あいつの趣味なんて、全然知らないな。
 だって、あいつ怖いしよ・・・・・・。」
ルーパル
「・・・・・・ヒュードの好きなもの?
 そういえば、よくあいつは花を持ってるなぁ。
 あれは確か、ドラヴァニアリリーだ。」
マルスシャン
「・・・・・・ヒュードの好きなものだって?
 うーん・・・・・・墓参り、かな?」
キ・ヤンターに報告
キ・ヤンター
「どう、どう?
 ヒュードさんの好きなものの情報、何かあった!?
 え~、花~!? 意外~!
 見た目の割に、かわいらしい趣味なのね♪
 じゃあ、それを採ってきてプレゼントしちゃおう!
 ドラヴァニアリリーなら、北東のキャンプの方で見たかも!
 さっそく向かいましょ!」
キ・ヤンターと合流
キ・ヤンター
「ねぇねぇ、花なら見つけたよ!
 でも、私ってば、花を摘むのがヘタなのよね。
 力を入れすぎて、つい茎を潰しちゃうんだ・・・・・・ハハ。
 冒険者さん、おねがいします~!
 私の代わりに、ドラヴァニアリリーを摘んでください~!」
ドラヴァニアリリーを入手
キ・ヤンターにドラヴァニアリリーを渡す
キ・ヤンター
「ドラヴァニアリリーは摘めた?」
(ドラヴァニアリリーを渡す)
キ・ヤンター
「どうもありがとっ!
 さぁ、ヒュードさんに、この花を渡しにいきましょ!
 気に入ってくれるといいな~♪」
キ・ヤンターと合流
ヒュード
「悪いが、俺はひよっこと組む気はねぇんだよ。
 いい加減、諦めてくれ・・・・・・。」
キ・ヤンター
「ヒュードさん・・・・・・あの、これっ!
 プレゼントを持ってきました!」
ヒュード
「こないだのひよっこが、プレゼントだ?
 ・・・・・・花じゃねーか、これがどうした。
 まさか・・・・・・花の代わりに、俺と組めと?
 笑わせんじゃねぇ!
 こんなもん、自分で幾らでも採ってこられる!!
 俺は何をもらおうが、ひよっこと組む気はねぇ!
 わかったら、諦めることだな!!」
キ・ヤンター
「・・・・・・はぁ、ダメか~。
 予想以上の頑固者ね・・・・・・。
 どうしたら、私と組んでくれるのかしら・・・・・・。」
  ドラヴァニアリリー:ドラヴァニア地方特有の白い花