樹木の保護

樹木の保護

  • 依頼主 :マルスシャン(高地ドラヴァニア X31-Y22)
  • 受注条件:レベル52~
  • 概要  :テイルフェザーのマルスシャンは、樹木を気にかけているようだ。

マルスシャン
「急ぎ頼みたい仕事があるんだが、やってみる気はないか?
 この辺りの樹木に、スラッグが棲み着いてるもんで、
 その駆除を頼みたいんだ。
 奴らは木を蝕み、森を弱らせてしまう。
 仲間にも頼んでいるが、なにぶん人手不足でな。
 ここから南に行った付近が手薄なんだ。
 樹木の根元に、この「香り立つ濁水」を撒けば、
 「ドラヴァニア・スラッグ」が姿を見せるはずだからよ。」
蝕まれた樹木で香り立つ濁水を使いドラヴァニア・スラッグを討伐
マルスシャンに報告
マルスシャン
「おお、戻ってきたか。
 放っておいたら森が弱ってしまうからな、本当に助かった。
 この辺りにチョコボを含めた獣が多いのは、
 樹冠によって、上空のドラゴン族から守られているせいさ。
 だからこそ、森を守るのも、大切な仕事ってわけだ。
 ・・・・・・ところで、例の濁水で汚れたなら、手をよく洗っとけよ?
 なにせあれはチョコボの・・・・・・いや、気にするな。
 ハハハハハ!」
  香り立つ濁水:独特の香りがする黄色く濁った液体