最凶の相方候補

最凶の相方候補

  • 依頼主 :ルーパル(高地ドラヴァニア X33-Y23)
  • 受注条件:レベル52~
  • 概要  :テイルフェザーのルーパルは、新たな相方候補に心あたりがあるようだ。

ルーパル
「ヤンターの相方候補の話だがな・・・・・・。
 実はひとつだけ、心あたりがある。
 君たちがジゾルと出かけている間に、別の候補が現れたんだ。
 「ボリコワン」という男が、相方を探してるそうでね。
 この森に来てから、まだ日は浅いが、相当な腕利きらしい。
 ・・・・・・納屋の方にいるから、ヤンター、会ってきたらどうだ?」
キ・ヤンター
「やったー!
 新しい相方、いい人だといいな!
 さっそく、あいさつに行ってみよ~っと!」
ルーパル
「さて、送り出してはみたものの・・・・・・。
 なんとなく、嫌な予感がするんだよなぁ。
 冒険者さん・・・・・・今回も、ヤンターを見守ってやってくれないか?」
ルーパル
「ヤンターを見守ってやってくれないか?
 毎度すまないが、よろしく頼むな。」
ボリコワンと話す
キ・ヤンター
「なーんか、無愛想な男ねぇ。」
ボリコワン
「・・・・・・ん? 何だあんた?
 あぁ、相方の話ね・・・・・・。
 そういえば、そんな話をしたような気もするな。
 じゃあ、あんたが相方か?」
キ・ヤンター
「違う、違う~! 相方は私!
 キ・ヤンターよ、よろしくねっ!」
ボリコワン
「こっちの姉ちゃんが、俺の相方?
 なんだか頼りねぇが・・・・・・まぁ仕方ねぇ。
 さっさとチョコボを狩りに行こうぜ。
 北西のキャンプで、待ち合わせをしよう。
 さぁ~て、楽しい楽しいチョコボ狩りの時間だぜ!」
キ・ヤンター
「自分だって駆け出しのくせに、失礼な男ね!
 フン、狩りでは負けないんだから!」
キ・ヤンターと合流
キ・ヤンター
「・・・・・・あいつ、ぜ~んぜん来ないんだけど!
 もし「ボリコワン」を見かけたら、教えてくれる?
 もう、どういうこと~!?」
ボリコワンを探す
ボリコワン
「・・・・・・ん? あぁ、あんたか。
 待ち合わせとか、ちっせーことは気にすんな。
 猟師たるもの、親の死よりも狩りの好機が優先ってな!
 ほら、見ろよこのチョコボ、俺が仕留めたんだ。
 待ち合わせ場所に向かう途中、偶然見つけてね!
 しかも・・・・・・卵つきだ!
 ひと狩りで、チョコボ肉と卵が手に入るなんて運がいいぜ!
 姉ちゃんには、テイルフェザーに戻っておけと伝えてくれ!
 俺は、ひとりでこの卵と肉を持って帰るからな、ハハハッ!」
キ・ヤンターに報告
キ・ヤンター
「あいつを見つけたって!?
 しかも、チョコボを殺してたぁ!?
 卵もあったって・・・・・・。
 それって、卵を温めてたチョコボを殺したんじゃないの?
 ・・・・・・もし、そうなら大問題よ。
 教えてくれて、ありがとう。
 「ルーパル」のところへ戻りましょ・・・・・・あいつの言うとおり、ね。」
ルーパルと話す
キ・ヤンター
「卵を温めてるチョコボを殺すようなやつなんて、最低。」
ボリコワン
「おいおい、なんだよ・・・・・・。
 血相変えちゃってさ。」
ルーパル
「冒険者さん、ありがとよ。
 ・・・・・・話は、ヤンターに聞いたぜ。」
キ・ヤンター
「ボリコワン!
 あんた、卵を温めてるチョコボを殺したね!?」
ボリコワン
「ん~、どうかねぇ。
 俺は「卵の上に座ってた」だけだと思うけどな!」
ルーパル
「そうか・・・・・・。
 お前は、俺たちとは考え方が違うようだ。
 悪いが、テイルフェザーを離れて、好きに狩りをしてくれ。」
ボリコワン
「・・・・・・それって、出ていけってことかよ?
 卵を温めてるチョコボを殺っただけでか?
 好機と見れば獲物を狩る・・・・・・それが猟師ってモンだろうが!」
ルーパル
「ここの掟については、すでに説明したはずだ。
 消えろ・・・・・・俺が、てめぇを狩る前にな!」
ボリコワン
「チッ、クソ真面目野郎が・・・・・・!
 こんなところ、俺の方から願い下げだ、腑抜けどもめ!!」
ルーパル
「・・・・・・ふぅ、また相方探しは振り出しに戻ってしまったな。
 次は、三度目の正直と行きたいところだな。」
キ・ヤンター
「次は、いい人だといいなあ・・・・・・。」