相方を探して

相方を探して

  • 依頼主 :ルーパル(高地ドラヴァニア X33-Y23)
  • 受注条件:レベル52~
  • 概要  :テイルフェザーのルーパルは、キ・ヤンターの相方を見つけたようだ。

ルーパル
「よお、冒険者さん。
 前回のヤンターの活躍を聞いて、
 彼女の相方に、とある猟師が立候補したんだ。
 「ジゾル」って名の新米なんだがね。
 せっかくだし、試しにふたりで組ませてみようと思う。
 ・・・・・・だが、新米ふたりだけっていうのも怖くてな。
 悪いが、ふたりがちゃんとやれるか、見守ってほしいんだ。
 ありがとよ、毎度助かるぜ!
 今ヤンターは、集落の外にいるはずだ。
 悪いが、さっそく呼んできてくれないか?」
キ・ヤンターと話す
キ・ヤンター
「あら、相方さんじゃない!
 どうしたの?
 正式な相方候補が見つかったですって!? やった~!!
 じゃあ、「テイルフェザー」に戻るわ!
 呼んでくれて、ありがとうねっ♪」
ルーパルに報告
キ・ヤンター
「彼が、私の相方候補さん?
 なんだか、ちょっとオドオドしてる感じがするけど、
 大丈夫かなぁ・・・・・・?」
ジゾル
「こ、この人が初めての狩りでチョコボを捕まえたって噂の、
 キ・ヤンターさんか・・・・・・。
 僕と違って凄いんだろうなぁ・・・・・・。」
ルーパル
「ヤンターを呼んできてくれて、ありがとな。
 そこにいるのが、ヤンターの相方を務めることになったジゾルだ!
 さっそく、話をしてみてくれ。」
ジゾルと話す
ジゾル
「どど、どうも、はじめまして。
 ボ、ボクは、ジゾルっていいます。
 貴族に大金で売れるような、一流のチョコボを捕まえて、
 一攫千金を・・・・・・と思って、ここにきました。
 でも、チョコボ猟って意外と危険らしいですね・・・・・・。
 だだ、だけど、がんばります!
 なんと言ったって、噂のヤンターさんが相方なんですから!」
キ・ヤンター
「じゃあ、さっそくチョコボを探しにって言いたいけど・・・・・・
 うーん・・・・・・なんだか、ものすご~くおどおどしてるね。
 ねえ、冒険者さんも一度、手伝ってくれない?
 ありがとう、それなら安心だわ!
 良いチョコボがいそうなところの目星をつけておいたの。
 3人で手分けして獲物を探しましょう!
 冒険者さんは、北西の方角をお願い!
 それぞれ担当の場所を確認したら、テイルフェザーに集合ね!
 ほらほら、ボケーッとしてないで、行くわよっ!」
ルーパル
「悪いが、ふたりを頼んだよ。」
指定地点で見渡す
キ・ヤンターに報告
キ・ヤンター
「おかえりなさい、どうだった?
 そう・・・・・・まぁ、そんなにうまくはいかないわよね・・・・・・。
 それにしても、ジゾルのやつは遅いわね~!
 いったい、何やってるのかしら!?
 ここで待っててもいいけれど、
 魔物に食べられてたら、さすがに後味が悪いわね。
 ちょっと、探しに行きましょ!
 ジゾルにお願いしてた場所は、ここの東よ!
 まったくもう、人騒がせな相方なんだから~!!」
ジゾルを探す
キ・ヤンター
「ジゾルのやつ、いったい何やってるのかと思ったら!
 もう、人騒がせなやつ~!」
ヒナチョコボ
「クエッ、クエッ!」
ルーパルに報告
キ・ヤンター
「はぁ・・・・・・また、相方探しが始まるのね!」
ジゾル
「ルーパルさんにも、僕の意向は伝えました。
 一人前の厩務員になれるよう、がんばります!」
ヒナチョコボ
「クエエ~ッ!!」
ルーパル
「ジゾルのやつから、話は聞いたよ。
 残念だが、自分の人生は好きに生きるのが一番だ。
 ジゾルはヒナを連れてきちまったが、
 本来、卵やヒナを獲るのは禁じているんだ。
 そんなことを繰り返したら、チョコボが森から消えちまうからな。
 だが今回は、親チョコボとはぐれてたみたいだし・・・・・・。
 それに、自分の手で育てると言ってるからな。
 特例として見逃すことにしたよ。」
ジゾル
「本当にありがとうございます、ルーパルさん!
 ヤンターさん、それに冒険者さんも、
 短い間でしたが、ありがとうございました!」
ルーパル
「さてと・・・・・・。
 これでヤンターの相方探しは、振り出しに戻ったわけか。
 次は、どうするかな・・・・・・。」
キ・ヤンター
「あーあ、早く運命の相手が現れないかなぁ。」