己の信ずるもの

己の信ずるもの

  • 依頼主 :サンソン大牙士(高地ドラヴァニア X33-Y23)
  • 受注条件:吟遊詩人レベル56~
  • 概要  :テイルフェザーのサンソン大牙士は、史学者シルヴィエルの帰還を待っているようだ。

サンソン大牙士
「これは、いいところに・・・・・・!
 史学者のシルヴィエルさんは、遺跡の調査を終えて、
 まもなく、帰還する予定だそうです。」
????
「だ、誰か、助けてくれる人はいないのか・・・・・・!」
慌てた様子の傭兵
「あ、あんたら頼む、助けてくれないか!
 遺跡の発掘調査に向かったんだが、
 グナース族の連中に、仲間が捕まってしまったんだ!」
サンソン大牙士
「なっ・・・・・・!
 おい、その発掘調査とやらをしていたのは、
 シルヴィエルという名の史学者ではないだろうな?」
慌てた様子の傭兵
「そ、そうだ・・・・・・私はシルヴィエルさんに雇われた護衛だ。
 テイルフェザーの猟師たちに、助けを求めに来たんだが、
 誰も手を貸してくれなくてな・・・・・・。」
ギドゥロ
「そいつは、粋じゃねぇなぁ・・・・・・。
 なんで、ここの連中は困ってるヤツに手を貸さねぇんだ?」
慌てた様子の傭兵
「グナース族の領地に入るのは自殺行為・・・・・・。
 彼らの忠告を、結果として私たちは無視してしまった。
 自業自得ってわけだ・・・・・・。」
ギドゥロ
「・・・・・・Nikuq、お前はどうなんだ。
 目の前で、助けを求めてる奴がいる・・・・・・。
 お前も、ここの連中みてぇに見捨てるのか!?」
(調査隊を見捨てる?)
(そんなことはできない!)
(助けに行こう)
ギドゥロ
「・・・・・・へへっ、Nikuq、やっぱり粋だな。
 お前が手ぇ貸してくれるんなら、百人力だぜ!
 おい、ここの連中に、俺たちが救助に行くって伝えな。
 臆病風に吹かれてるのかも知れねぇが・・・・・・
 「その決断は、粋じゃねぇぜ」ってな!」
サンソン大牙士
「もちろん、俺も行くぞ・・・・・・!
 奴らの領地「グナースの塚」の入口で様子を窺おう。」
サンソン大牙士と話す
ギドゥロ
「あれがグナース族か・・・・・・。」
史学者の助手
「シルヴィエル先生が、まだ捕えられているんです・・・・・・。」
サンソン大牙士
「彼は、どうにか縄張りを抜けてきたそうです。
 しかし、シルヴィエルさんは、まだグナース族の陣内に・・・・・・。
 敵陣を突破して、救出しましょう!」
シルヴィエルを解放せよ!
サンソン大牙士
「俺たちが敵を引き付けます。
 Nikuqは、シルヴィエルさんの救助を!」
史学者シルヴィエル
「き、君たちは・・・・・・!?
 す、すまない・・・・・・助かった!」
矢色のギドゥロ
「このまま、俺たちがグナース族の相手をする!
 センセーは縄張りの外へ逃げな!」
史学者シルヴィエル
「どなたか知らぬが、ありがとう・・・・・・!」
(失敗時)
サンソン大牙士
「すみません・・・・・・。
 なんとか、切り抜けてください・・・・・・!」
矢色のギドゥロ
「くそっ・・・・・・後は任せたぜ・・・・・・!」
撤退を阻むグナース族を倒せ!
グナース・ロウパトロン
「シシシシシ・・・・・・逃さぬぞ!
 同胞よ、来い、来い!」
サンソン大牙士
「Nikuqさん、増援の相手を!
 シルヴィエルさんに近づかせてはなりません!」
史学者シルヴィエル
「君たち、ありがとう!
 ここまで来れば、もう大丈夫だ・・・・・・!」
(失敗時)
史学者シルヴィエル
「そ、そんな・・・・・・!」
グナース族を倒せ!
矢色のギドゥロ
「よし! ほかのグナース族が来ないうちに、
 こいつらを片付けて、俺たちもトンズラしようぜ!」
サンソン大牙士と再度話す
ギドゥロ
「いやー、なんとかなるもんだな・・・・・・!」
シルヴィエル
「生きて出られるとは思ってなかったよ・・・・・・。」
史学者の助手
「ああ、ありがとうございます・・・・・・!」
サンソン大牙士
「シルヴィエルさん・・・・・・お怪我はありませんか?」
シルヴィエル
「ああ、まさかグナース族の領地に近づいてしまうとは・・・・・・。
 危ういところに駆けつけてくれて助かったよ。
 ところで、君たちはいったい・・・・・・?」
サンソン大牙士
「セレヌという女騎兵から、あなたの名を伺いました。
 俺たちは、「終焉の戦歌」という戦歌を探しているんです。
 あなたに話を伺いたいのですが・・・・・・。
 とはいえ、ここでは落ち着いて話しもできません。
 一度、「テイルフェザー」に戻りましょう。」
サンソン大牙士ともう一度話す
ギドゥロ
「さーて、こっから、俺たちはどうすっかね・・・・・・。」
シルヴィエル
「彼らが助けに来なかったことは責められんよ・・・・・・。
 よそ者の私に対して、そんな義理はないのだから。」
史学者の助手
「あなた方が来てくれなかったらと思うと、ゾッとしますよ。」
テイルフェザーの猟師
「グナース族の領地から、先生を救出したのは君たちか・・・・・・。」
サンソン大牙士
「こちらの方が、俺たちが救助に向かったことに対して、
 言いたいことがあるそうです・・・・・・。」
テイルフェザーの猟師
「私は、君たちの勇敢さに感銘を受けたんだよ・・・・・・!
 ここは、猟の報酬を求めた流れ者が、仮住まいに集う場所。
 どうしても、自分自身の利己を優先しがちでね・・・・・・。
 君たちの行動を聞いて、反省したという者が多くいるよ。
 「粋じゃねぇ」と言われて、みなハッとしたらしい・・・・・・。
 ありがとう・・・・・・!」
シルヴィエル
「君たちは、ずいぶんと不思議な人たちだね。
 さて、さっき言っていた「終焉の戦歌」だが・・・・・・。
 クルザス地方には、「天空に詩聖あり」という伝承がある。
 「詩聖(しせい)」とは、類い希な詩人という意味だな。
 なんでも、「戦いを終焉に導く」戦歌を奏でるとか・・・・・・。
 おそらく「天空」というのは、何かの比喩表現だろう。
 私自身、深く研究したことはないが、興味深いテーマではある。
 今回の礼代わりに、少し調べてみるとしよう。」
サンソン大牙士
「シルヴィエルさんの調べを待つ間、
 俺たちも、できる限り調査をしてみよう。
 クルザス地方の古い文献に手がかりがありそうだな・・・・・・。」
ギドゥロ
「・・・・・・なぁ、今の話、ただのお伽話にしか聞こえなかったぜ?
 「天空」なんて言葉、自然現象の比喩って相場は決まってる。
 一度諦めて、帰った方がいいんじゃねぇか?」
サンソン大牙士
「勝手に、自然現象だと決めつけるな・・・・・・。
 俺は、答えがわかるまで探しつづける。
 帰りたいのなら、好きにしろ。
 ・・・・・・だがな、任務を放り投げて、ひとりで帰ったところで、
 ギドゥロ、神勇隊にアンタの居場所はないぞ・・・・・・。
 アンタだって、本当はわかってるんだろう・・・・・・!?
 今回の任務に選ばれたのは、実力を見込まれたからじゃない!
 ただ、神勇隊から厄介払いされただけだって!!
 素行不良のアンタも、誰も望まぬ新部隊を提案した俺も、
 神勇隊の上層部は疎ましがっていた・・・・・・。
 俺たちは、「終焉の戦歌」を見つけるしかないんだ・・・・・・!」
ギドゥロ
「・・・・・・・・・・・・なら、それはお前がやれや。
 俺ぁ、ここでオサラバするぜ。
 ・・・・・・結局は、お前にとっちゃあ、
 「終焉の戦歌」も、連中に尻尾振るための道具なんだろ?
 戦歌に大事なのは、誰かのために歌おうって気持ちなんだ。
 吟遊詩人じゃないお前には、ソレがわからねぇんだよ。
 そんな奴が戦歌を探すだなんて、オカシイんじゃねーの?」
サンソン大牙士
「・・・・・・あぁ、どうしていつも俺はこうなんだ。
 言葉が足りず、自分の想いさえ、しっかり伝えられない。
 本当は、ギドゥロの実力は、誰よりもわかっているんです・・・・・・。
 俺が考えている部隊構成と戦術に、あいつの戦歌があれば、
 きっと、俺たちを疎んでいた連中を見返せる・・・・・・。
 そう、伝えたかったのに・・・・・・。
 俺は、ここでギドゥロを待ちます・・・・・・。
 きっと、冷静になったら、戻ってきてくれるはず。
 すみませんが、少し俺たちに時間をください・・・・・・。」