センス爆発

センス爆発

  • 依頼主 :ルーパル(高地ドラヴァニア X33-Y23)
  • 受注条件:レベル52~
  • 概要  :テイルフェザーのルーパルは、いい報せを受けたようだ。

ルーパル
「よお、さっき報せがあったんだが、
 集落の近くで、手頃なチョコボが目撃されたそうだ。
 ヤンターの狩猟始めには、持ってこいだろう。
 なに、最初から上手くいくとは思ってないけどさ。
 ふたりで一緒に、狩りにいってみてくれないか?
 出発の準備ができたら、ヤンターに声をかけてくれ。」
キ・ヤンターと話す
キ・ヤンター
「へへん、話は聞いてたよ!
 相方さん、さっそく狩りにいこうじゃない!
 そうそう、例のブツも渡しておくね!
 ロウソクダケの粉末を振りかけた、
 特製の「匂い立つ野菜」だよ、大事にしてよぉ?
 目的のチョコボは、集落の南で目撃されたらしいわ。
 ほかの猟師たちも、その辺りに罠を仕掛けてるみたい!
 でも、私、ちょっと考えてみたの・・・・・・。
 たくさんの猟師たちが罠を張ったなら、
 その場所には人の匂いが強く残ってしまうはず・・・・・・。
 そうなると、チョコボも警戒するんじゃないかしら?
 ・・・・・・だとすると、多少の危険を冒しても、
 バンダースナッチの縄張りまで逃げているかも。
 だから、私たちは・・・・・・北に罠を仕掛けましょ!
 獰猛なバンダースナッチだって、注意すれば大丈夫!
 さあ、行くわよ!
 手分けして、匂い立つ野菜を設置しましょ!
 あぁ、それから・・・・・・エサを仕掛け終わったら、
 北にある猟師のキャンプに集合ね!
 よろしく~!」
指定地点に匂い立つ野菜を設置
キ・ヤンターに報告
キ・ヤンター
「もう、遅いわよ~、待ってたんだから!
 匂い立つ野菜、ちゃんと置いてきたでしょうね~?
 よーしよし♪
 あの野菜にはね、眠り薬もかけておいたの。
 チョコボがあれを食べたら、グウグウ寝ちゃうはずよ!
 ・・・・・・いま、チョコボの鳴き声がしたわよね!?
 場所は・・・・・・あなたが罠を仕掛けた方だわ!
 行ってみましょ!!」
キ・ヤンターと合流
キ・ヤンター
「うっそ~、信じられる!?
 チョコボよ、チョコボ!
 本物のチョ、コ、ボ!! やったわ~!
 この子は、私がちゃ~んと連れていくから、
 あなたは先に戻って、ルーパルさんに伝えておいてくれる?」
ルーパルに報告
ルーパル
「よう、ヤンターはうまくやってたか?
 なんだって!?
 ヤンターが、チョコボを獲っただって!?
 どうなることかと思っていたが、
 まさか、初陣で成果があるとは見事なもんだな・・・・・・。
 さすがは生まれついての狩人、ミコッテ族といったところか。
 それに君の協力も功を奏したようだな。
 礼を言わせてほしい・・・・・・どうもありがとう!」
  匂い立つ野菜:形容しがたい香りを放つギサールの野菜