疾風の格闘士

疾風の格闘士

  • 依頼主 :格闘士ギルド受付 ガガルナ(ウルダハ:ナル回廊 X9-Y10)
  • 受注条件:最初に選んだバトルクラスのレベル10クラスクエストを完了する
  • 概要  :格闘士ギルドの受付ガガルナは、ギルドへの入門手続きをするにあたって、冒険者の心を確かめようとしているようだ。

格闘士ギルド受付 ガガルナ
「ようこそ、こちらは「格闘士ギルド」です。
 当ギルドにご興味がおありでしょうか?
 鍛えぬいた拳と蹴りで、
 素早く敵に連続攻撃を打ち込む「格闘術」。
 ここはかような格闘の使い手が、その力を磨く場所。
 貴方も格闘術を極めんとするのであれば、
 当ギルドに入門し、修行することをお勧めいたしますよ?」
(格闘士ギルドに入門したい?)
(はい、条件未達成)
格闘士ギルド受付 ガガルナ
「おやおや、よく身体を見てみれば・・・・・・
 貴方はまだ、他の術の鍛錬の最中ではありませんか?
 鍛えぬいた肉体を武器とし、
 素早く敵に連続攻撃を打ち込む「格闘術」。
 ここはその使い手たちが、己を磨く場所。」
(いいえ)
格闘士ギルド受付 ガガルナ
「左様でございますか、もったいない。
 私が見るに、貴方の身体つき・・・・・・
 格闘士への適性を感じますよ?
 当ギルドは、いつでも貴方の御入門をお待ちしています。
 何か御用がありましたら、私ガガルナまで・・・・・・。」
(はい)
格闘士ギルド受付 ガガルナ
「素晴らしい、それでは私ガガルナが、
 格闘士ギルドの歴史についてご説明致しましょう。
 「手足を武器とした武術」というもの自体は、
 ウルダハだけに留まらず、エオルゼア各地で
 それぞれ発達を遂げてきました。
 ですが、コロセウムにて「拳闘興行」が始まったことで、
 各地から格闘術の使い手がウルダハへと
 集まるようになったのです。
 そして、拳闘興行を通じて各流派の技がぶつかり合い、
 磨き抜かれる中、ひとりの天才が現れます。
 女拳闘士「コーネリア」。
 彼女は武器を使わぬ「拳闘試合」だけでなく、
 「剣闘試合」にも出場し、大会で優勝さえ果たしました。
 そんな彼女に、教えを請おうと、
 多くの者が集まるようになったのは道理というもの。
 彼女が体系立てた技こそが、現代「格闘術」の源流であり、
 彼女が築いた道場こそが「格闘士ギルド」の礎なのです。
 ・・・・・・さぁ、どうでしょう。
 格闘士ギルドの歴史を聞き、血が沸いて来ませんか?
 それぞ格闘士に流れる血、闘魂でございましょう!
 さて、先んじて御入門の意志はお伺いしましたが・・・・・・
 実際に入門を許可するのは「ギルドマスター」となります。
 私が手続きを承りますので、
 入門の意志が固いものとなりましたら、
 再度私、ガガルナまでお声かけくださいませ。」
格闘士ギルド受付 ガガルナ
「さぁ、どうですか?
 「格闘士ギルド」への入門を決意するなら、
 門戸の開いている今しかありませんよ?」
(いいえ)
格闘士ギルド受付 ガガルナ
「そうですか・・・・・・もったいない。
 「拳聖」と呼ばれたハモン様の弟子となる、
 数少ない機会なのですよ?」
(はい)
格闘士ギルド受付 ガガルナ
「ハモン様はかつて「拳聖」と呼ばれた、凄腕の格闘士です。
 現役を退いてからは、ここで若手の指導をしておられますが、
 その腕は、老いた今もなお健在です。
 ・・・・・・さあさあ、気が変わらないうちに、
 奥におられるハモン様に、入門の意志をお伝えください!」
ハモンと話す
ハモン
「フォッフォッフォ、遅かったのう。
 踊り子の姉ちゃんに、ワシの恋文を渡してくれたかの?
 む? 見知らぬ顔じゃのう・・・・・・。
 もしやお主、格闘士ギルドの入門希望かえ!?
 こりゃあ嬉しいのう!!
 では、伝説の格闘士であるこの「拳聖のハモン」が、
 お主のために、格闘術の説明をしてやろうかのう!
 格闘術とは、己の鍛え抜いた四肢を使い、
 軽やかに連続攻撃をたたき込む武術であるぞ。
 「一撃の重さ」よりも「手数の多さ」こそ格闘の本分!
 格闘士ギルドに入門すれば、無限と続く連続攻撃を、
 このワシから直々に教わることができるのじゃっ!
 フォーッフォッフォッフォッフォッ!
 フォッフォッ・・・・・・フォゴッ! ウォッホン!
 ・・・・・・ぜぇ・・・・・・ぜぇ・・・・・・久々にたくさん喋って疲れたのう。
 さ、さぁ・・・・・・お主に問わせてもらうぞい。
 無限の連続攻撃を手に入れるために、
 厳しい修行を乗り越えてゆく闘魂はあるか?」
(闘魂はある?)
(いいえ)
ハモン
「し、ショック! ハモンショックじゃ!
 拳聖にショックを与えるとは、お主やるのう!!」
(はい)
ハモン
「フォッフォッフォ!
 若いもんの熱意は、ええもんじゃ。
 よし、さっそくお主の討伐手帳に、
 格闘の鍛錬に相応しい敵を記した項を加えておくぞい。
 そして、格闘士としての一歩を踏み出した若いお主に、
 この「ウェザードホラ」もプレゼントじゃ!
 さっそくお主の力量の程を試そうかのう。
 ウェザードホラを装備し、「格闘士」になったら、
 再びワシに声をかけるのじゃ!」
ハモン
「フォッフォッフォ。
 「格闘術」について興味があるのかのう?」
(何を聞く?)
(あなたのことを教えてほしい)
ハモン
「ワシは、伝説の格闘士「拳聖のハモン」じゃ!
 格闘士ギルドの「ギルドマスター」をしておるぞい。
 未来の「拳聖」を育てるために、
 ここで若い格闘士の指導をしておるのじゃ。
 若くてセクシーなギャルだったら、
 格闘士じゃなくても大歓迎じゃ、フォッフォッフォ!」
(「格闘術」とは何か?)
ハモン
「ふむ、良い質問じゃのう。
 格闘術・・・・・・それは連続攻撃の浪漫じゃ。
 格闘術は一撃の威力が軽いと侮られることが多い。
 じゃが、敵に連続攻撃を打ち込み続ければ・・・・・・
 どうなるか解るな?
 吹きすさぶ風が、荒野の岩を削るように、
 細かな打撃の積み重ねは、着実に敵の体力を奪う。
 いかに巨大な敵であろうと、最後は地に脚を付けるのじゃ。
 ワシのような手練ともなると、
 技を無限と続けることもできちゃうんじゃよ?
 フォーフォッフォッフォッフォ!」
格闘士ギルド受付 ガガルナ
「ようこそ、格闘士ギルドへ。
 ここは格闘の道を歩む者達が拳を交え、
 互いの力量を高め合う場所でございます。
 私はここの受付をしているガガルナと申します。
 なにかご用がありましたら、お声かけを・・・・・・。」