マイチョコボ、大空へ!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マイチョコボ、大空へ!

  • 依頼主 :アルヌーラン(イシュガルド:下層 X7-Y11)
  • 受注条件:レベル52~
  • 概要  :聖大厩舎のアルヌーランは、冒険者のマイチョコボに何やら可能性を感じるようだ。

アルヌーラン
「くんくん・・・・・・このチョコボ臭さ!
 野生の臭いとも、レンタルチョコボの臭いとも違う・・・・・・。
 ・・・・・・さては、「マイチョコボ」の所有者だね!?
 フッフッフ・・・・・・。
 俺は、ここでチョコボを調教している調教師だからな。
 チョコボの臭いには、一家言あるのさ!
 それでそれで、チョコボの名前はなんていうんだい?
 君の相棒のことを、少し聞かせてくれよ。
 Tachikomaって言うのか、いい名前だね!
 ・・・・・・へえ、グランドカンパニーで配給されたんだ。
 確かに、3国のグランドカンパニーには、
 良質なチョコボを出荷しているけど・・・・・・。
 君のチョコボは、その中でも、かなり質が良いようだよ!
 なんと、「フォルタン流チョコボ戦闘術」まで・・・・・・。
 どうりでいい臭いなわけだよ。
 うん、ここまで質の良いチョコボの臭いは、20年ぶりだ!
 もしかしたら、君のチョコボ・・・・・・
 フライングも可能になるかもしれないぞ!
 通常、フライヤー種という特別なチョコボだけが、
 空を飛ぶことができるんだけどね。
 時折、フライヤー種以外のチョコボも、
 訓練次第で飛べるようになることがあるんだ!
 先祖のフライヤー種の血がそうさせると、言われているよ。
 君のチョコボも、その素質がありそうだ・・・・・・!
 調教師として、チョコボの素質を放っておくことはできない!
 Tachikomaに、特訓をさせてみないかい!?
 「テイルフェザー」にいる俺の弟「プリオルフェ」が、
 その訓練に長けているんだ。
 ぜひ、弟に君のチョコボを見せてやってくれよ!」
テイルフェザーのプリオルフェと話す
プリオルフェ
「ふむ、特訓を受けたいってのは、お前さんのチョコボだな?
 兄貴から連絡は受けているぜ。
 ほほう・・・・・・こいつは確かに、良質なチョコボの臭いがする!
 なら、さっそく訓練をはじめようじゃないか!
 一般のチョコボに空を飛ばせるには、
 眠っている、フライヤー種の血を呼び覚ます必要がある。
 そのためには、より先祖に近い、
 野生のチョコボと同様の経験をさせるのが手っ取り早い。
 野生のチョコボなら「チョコボの森」にたくさんいるが、
 あの森のチョコボたちは、奴らの好物の果実に群がる虫と、
 毎日のように戦っているのさ。
 そこでだ・・・・・・まずは、お前さんのチョコボも、その虫・・・・・・
 「ドラヴァニアンビー・クラウド」と戦わせるんだ。
 野生の生態に近い経験が、「先祖の血」の目覚めに繋がるぜ!」
バディを連れてチョコボの森のドラヴァニアンビー・クラウドを討伐
プリオルフェ
「その顔、上手くいったようだな。
 お前さんのチョコボは、戦いの経験を積むと同時に、
 あの虫の羽音を聞いたはずだ。
 音ってのは、深い記憶を呼び覚ますのに有効なんだ。
 出荷するチョコボの大半は、青年期の時に捕獲するから、
 あの羽音を聞いたのも初めてだろうぜ。
 よし、次は、先祖が体感した風を感じさせる。
 とはいっても、一般のチョコボには、そう簡単にいかないからな。
 そこで、お前さんの出番だ。
 今から教える場所に行き、そこの風を思いっきり感じてこい。
 そこで感じた風は、主人の臭いとともに、
 お前さんのチョコボに伝わるはずだ。
 そうだな、この「テイルフェザー」と、
 「ファルコンネスト」近くの高所がいいだろう。
 野生の生態に近い体感が、「先祖の血」の目覚めに繋がるぜ!」
テイルフェザーの北東にある指定地点で待機する
高地ドラヴァニアに流れる風を感じた。
Tachikomaにも伝わるだろうか・・・・・・。
ファルコンネストの北西にある指定地点で待機する
クルザス西部高地に流れる風を感じた。
Tachikomaにも伝わるだろうか・・・・・・。
プリオルフェに報告
プリオルフェ
「よし、これで眠っていたフライヤー種の血も目覚める。
 お前さんのチョコボは、空を飛ぶ感覚を身につけたはずだぜ。
 あとは、お前さん自身が風を詠めるようになれば・・・・・・
 その風に、チョコボを乗せるだけだ!
 風を詠むには、風脈を辿る必要があるのは知ってるな?
 さあ、しっかりと風を詠んで、
 お前さんのチョコボを大空に羽ばたかせてやってくれ!
 ・・・・・・それと、こいつを持っていきな。
 新たな世界に羽ばたく、Tachikomaへの手向けだ!」