奪還部隊の奪還

奪還部隊の奪還

  • 依頼主 :テルミオ(アバラシア雲海 X37-Y24)
  • 受注条件:レベル51~
  • 概要  :ブンド・オク・ベンドのテルミオは、任務を果たそうとしている。

テルミオ
「我らの目的は、奪われた補給物資の奪還・・・・・・。
 それを成し遂げず逃げ帰るようでは、面目が立たない。
 どうか、任務の達成に助力を願いたい!
 俺が派手に暴れて、奴らを引き付けるとしよう。
 冒険者、君はその隙を突いて物資を・・・・・・
 「薔薇騎兵団の武具」を3つ、奪還してきてくれ!」
薔薇騎兵団の武具を入手
テルミオと話す
負傷した騎兵
「あなたのおかげで、生きて帰ることができます。
 ご協力に、感謝します・・・・・・。」
薔薇騎兵団の騎兵
「貴公がいなければ、いまごろは・・・・・・。
 救援に、感謝を。」
薔薇騎兵団の騎兵
「・・・・・・感謝している。」
薔薇騎兵団の騎兵
「へへ、ありがとね!
 いま生きてるのは、あんたのおかげだよ!」
テルミオ
「どうやら、奪われた武具をすべて取り戻してくれたようだな。
 恩に着る、Nikuq。
 我らだけでは、こうはいかなかっただろう。
 俺は状況を見ながら、キャンプに帰還する。
 この手柄は、君のものだ。
 武具は、君の手から「ラニエット」様に渡してくれ。」
ラニエットに薔薇騎兵団の武具を渡す
ラニエット
「おお、Niuniu殿!
 戻られたか!」
(薔薇騎兵団の武具を渡す)
ラニエット
「これは、奪われた物資・・・・・・。
 なるほど、それで貴公が先に帰還したのだな。
 しかし、イシュガルド製の武器に目をつけられるとは・・・・・・。
 金属加工技術が低いバヌバヌ族にしてみれば、
 危険を冒してでも欲しい物ということか。
 今後は、キャンプ内だからと油断せず、警戒を強めるとしよう。
 我らに与えられた任務は、ドラゴン族の監視・・・・・・
 バヌバヌ族との小競り合いは避けたいからな。
 さて、改めて礼を言わせてくれ。
 我らの失態を挽回し、部下の命を救ってくれ、感謝する。
 フフッ、本当に貴公には、助けられてばかりだな。」
  薔薇騎兵団の武具:バヌバヌ族によって奪われた薔薇騎兵団の武具