狩猟一族の子

狩猟一族の子

  • 依頼主 :ルーパル(高地ドラヴァニア X33-Y23)
  • 受注条件:レベル52~
  • 概要  :テイルフェザーのルーパルは、冒険者に新米猟師の面倒を見てもらいたいようだ。

(クエスト受注前)
キ・ヤンター
「あ~あ、もう・・・・・・!
 私も早く、狩りに出てみたい!」
ルーパル
「お、冒険者さんじゃないか?
 ちょいとばかし、付き合ってくれやしないかい?
 ありがとよ、そうこなくっちゃな!
 そんじゃ、まずは俺たち猟師について説明しよう。
 テイルフェザーの猟師は、野生のチョコボを捕まえて、
 飼育が盛んなイシュガルドに売ることで、生計を立てている。
 簡単そうに聞こえるが、そうでもないんだぜ?
 ここは、ドラゴン族が棲息する地域だからな・・・・・・。
 そのうえ凶暴な魔物も多く、猟はいつだって命がけさ。
 だから、高地ドラヴァニアで猟師をやろうってやつは、
 食い詰めた貧民か、危険を物ともしないあらくれ者・・・・・・
 あとは、一攫千金を夢見てやって来た流れ者くらいか。
 この集落に、イシュガルド以外の出身者がいるのは、
 そういう訳だ・・・・・・な、ヤンター?」
キ・ヤンター
「はいはーい! どうも、私はキ・ヤンター!
 冒険者さんも、ヤンターって呼んでねっ!」
ルーパル
「チョコボ猟は、ふたり組で動くのが基本だが、
 新米のヤンターには、まだ相方がいなくってね。
 こいつに相方が見つかるまで、君に組んでほしいんだよ。
 ありがとうな、礼はちゃんとさせてもらうからさ!
 じゃ、詳しい話はヤンターに聞いてくれ。」
ルーパル
「ヤンターに相方が見つかるまで、面倒をみてくれ。
 悪いが、よろしく頼むな。」
キ・ヤンターと話す
キ・ヤンター
「やったーやったー相方だー!
 ねぇ、さっそくチョコボを捕まえに行きましょ!
 今回は、ギサールの野菜でチョコボをおびき寄せるよ!
 でも、人の匂いが付いてるギサールの野菜じゃ、
 敏感な野生のチョコボは、騙せないんだなぁ。
 ・・・・・・でも、私にいい案があるのっ!
 この間、すっご~く臭いキノコを見つけてね。
 あれを利用すれば、人の匂いをごまかせると思うんだ!
 罠に使うギサールの野菜の準備は、私にまかせて!
 だから相方さんには、そのキノコを採ってきてほしいの。
 確か名前は「ロウソクダケ」だったかな。
 「テイルフェザー」を出て、東に行った辺りに生えてるよ!
 5個くらいあれば十分だと思うから、よろしくねっ!」
ロウソクダケを入手
キ・ヤンターにロウソクダケを渡す
キ・ヤンター
「どうどう!?
 すっご~く臭いキノコ、採れた??」
(ロウソクダケを渡す)
キ・ヤンター
「これよ~、これこれ!
 それにしても、ほんっと強烈な匂いがするね・・・・・・。
 よ~し、さっそくキノコを粉末にして、
 ギサールの野菜にふりかけてみよ~っと!!
 ・・・・・・そうそう、ルーパルさんから、何か話があるみたいだよ!」
キ・ヤンター
「キノコを採ってきてくれて、ありがとうねっ!
 ルーパルさんから、何か話があるみたいだよ!」
ルーパルに報告
ルーパル
「ふふ・・・・・・なかなかうまくやれてるみたいじゃないか。
 それに、人の匂いをキノコの匂いで誤魔化す・・・・・・か。
 成功するかはわからんが、おもしろい考えだな。
 ヤンターたちミコッテ族は、
 狩猟民族として知られているからな。
 きっと、生まれ持ったセンスがあると思うんだ。
 君との相性も悪くなさそうだな。
 それじゃあ、この調子でよろしく頼むよ。」
ルーパル
「もしや、冒険者さんも猟師になりたいのかい?
 ・・・・・・はっはっは、冗談だよ!」
キ・ヤンター
「チョ、チョコ、チョコチョコ、チョッコボー♪
 狩ーるぞ、狩るぞ狩るーぞ♪」
  ロウソクダケ:異様な悪臭を放つ妖しいキノコ