対話への旅路

対話への旅路

  • 依頼主 :イゼル(クルザス西部高地 X8-Y14)
  • 受注条件:レベル52~
  • 概要  :臥竜島のイゼルは、高地ドラヴァニアに向けて出発したいようだ。

イゼル
「光の戦士・・・・・・Nikuqと言ったか。
 まさか、あなたとともに旅する日が来ようとはな・・・・・・。
 これだから、運命というものはわからない。
 さあ、行こう・・・・・・。
 西方に向かい、谷間を抜けて「高地ドラヴァニア」に入る。
 その先が、巨大樹に覆われた「チョコボの森」だ。
 西部高地は寒い・・・・・・森に入るまで休まず進み続けよう。」
高地ドラヴァニアに向かう
アルデナード小大陸を東西に貫くエオルゼアの背骨
アバラシア山脈
霊峰「ソーム・アル」を仰ぎ見るこの地は
ドラゴン族の本拠地として知られる
竜がその空を支配する領域に
冒険者たちは足を踏み入れるのだった
イゼルと話す
アルフィノ
「「エオルゼア博物誌」で読んだことがある。
 高地ドラヴァニアには、野生のチョコボが棲息する、
 「チョコボの森」があるとね。」
エスティニアン
「感じるぞ、竜の気配を・・・・・・
 この森を抜けた先、西の方角からだ・・・・・・。」
イゼル
「ここが、高地ドラヴァニアの玄関口だ。
 このまま、さらに西へと進み森を抜ければ、
 我らの目的地、霊峰「ソーム・アル」へと続く山道がある。
 だが、ソーム・アルの頂に至るまでの道のりは、遠く険しい。
 途中にある集落に立ち寄り、
 最後の準備を整えようと思うのだが、どうだろうか?」
アルフィノ
「・・・・・・集落だって?
 高地ドラヴァニアと言えば、ドラゴン族の根拠地じゃないか。
 そんな危険地帯に、人が暮らす集落などがあるのかい?」
イゼル
「ああ、ここ「チョコボの森」には、
 野生のチョコボを狙うため、狩人たちが築いた集落があるのだ。
 そこの長である「マルスシャン」とは知人でな・・・・・・。
 彼に頼めば、宿くらい借りられるだろう。
 それに、現地の状況について最新の情報にも触れておきたい。
 問題ないだろうか?」
エスティニアン
「フン・・・・・・好きにするがいいさ。
 さあ、おしゃべりを楽しんでいる時間などないぞ。
 ドラゴン族は、俺たちを待っていちゃくれないんだからな。」
マルスシャンと話す
マルスシャン
「こんな辺境の猟師村に、客人とは珍しい・・・・・・。
 おや、その懐かしい顔は、イゼル嬢ちゃんじゃないか!」
イゼル
「お久しぶりです、マルスシャン。
 お元気そうで何よりです。
 彼らは、私の旅の同行者たち・・・・・・。
 故あって「ソーム・アル」に向かうつもりなのですが、
 この集落で、休息をとらせてもらえませんか?」
マルスシャン
「そりゃあもちろん、イゼルとその友なら歓迎さ。
 だが、「チョコボの森」を出るのは、正直オススメできないぞ。
 ここのところ、ドラゴン族が妙に殺気立ってるからな。」
アルフィノ
「失礼・・・・・・逆に森を出なければ、
 ドラゴン族に襲われることはない、ということですか?」
マルスシャン
「なんだ坊主、イゼルの連れだっていうのに、
 そんな事も知らんのか?
 この森は、巨大な「七天樹」が林立しているからな。
 その樹冠に覆われて、空から地上が見えないんだ。
 お陰で、ドラゴン族はここを狩場にはしないし、
 チョコボをはじめとする野生生物も安心して暮らせる。
 俺たち狩人も、空に気を配らず狩りができるってワケだな。」
アルフィノ
「・・・・・・な、なるほど、勉強になります。」
マルスシャン
「それに、ドラゴン族以外にも、気になることがある・・・・・・。
 まあ、イゼルのことだから、言っても聞かんのだろうが、
 西に向かうなら慎重になるこった。」
アルフィノ
「まだまだ知らないことが山盛りだ。
 ふふふ、世界は広いな・・・・・・。」
エスティニアン
「金のためなら、何のそのか・・・・・・。
 ドラゴン族のお膝元で、狩猟を続けるなんざ、
 見上げた度胸だな。」
イゼル
「マルスシャンも、元気そうで安心したわ。」