竜狩りの覚醒

竜狩りの覚醒

  • 依頼主 :ドミニアク(クルザス西部高地 X16-Y22)
  • 受注条件:レベル51~
  • 概要  :聖フィネア連隊の露営地のドミニアクは、サントレルモのことが気がかりのようだ。

ドミニアク
「ああ、冒険者殿か。
 貴公が倒してくれたエイビスの死体を使い、
 上位のドラゴン族を狙う準備が整ったところだが・・・・・・。
 しかし、サントレルモの様子が気になるな・・・・・・。
 話を聞いてやりたいのだが、私には何も話してくれぬ。
 上官には話しづらいこともあろうが、
 ともに作戦を進めてきた貴公なら、あるいは・・・・・・。
 すまぬが、気にかけてやってくれぬか?
 「サントレルモ」は、露営地の北で、
 準備を完了させて貴公を待っているはずだ。
 委細、お任せするゆえ、よろしく頼む。」
サントレルモと話す
サントレルモ
「・・・・・・やあ、冒険者さん。
 見てのとおり、今回はまだ死体を持ち去られていないよ。
 話したいこと? そんなものは何もないよ。
 日がな、こうして竜の眷属の死体をみつめながら、
 彼らのことばかり考えてるだけさ。
 エイビスは、眷属としてはかなり上位の存在。
 それを回収に来るとすれば、本物のドラゴン族だろう。
 知恵も回るし、慎重に行動するはずだ。
 だからさ、準備は万全にしておきたいんだ。
 そうだ、君の眼から見て問題がないか、
 「エイビスの死骸」を調べてくれないか?」
サントレルモ
「だから、準備は万全にしておきたいんだ。
 君の眼から見て問題がないか、
 「エイビスの死骸」を調べてくれないか?」
エイビスの死骸を調べる
サントレルモに報告
サントレルモ
「・・・・・・そう、問題はないか。
 君が太鼓判を押してくれるなら、安心できるね。
 じゃ、上位のドラゴン族がやってくるのを待とう。
 悪いが、しばらくつき合ってくれ。」
指定地点で待機しドラゴン族が現れたら討伐
サントレルモに報告
サントレルモ
「・・・・・・すごい。
 今のはワイバーン・・・・・・正真正銘、本物のドラゴン族だ。
 齢を重ね、雲海の上まで軽々と飛翔できるドラゴン族。
 滅多にお目にかかれない大物だ・・・・・・。
 回収するまえに少し調べておこう。
 いつもどおり、君は「ドミニアク」さんに報告してくれ。
 僕たちは、仕留めたワイバーンを、露営地まで運んでおくよ。」
ドミニアクに報告
ドミニアク
「帰還を待ちわびていたぞ、冒険者殿!
 さあ、首尾を聞かせていただこう。
 なんと、ワイバーンを仕留めたと!?
 ありがとう、すべては貴公の協力のおかげだ。
 さて、そろそろ「サントレルモ」も戻ってきただろう。
 申し訳ないが、問題なく帰還したか、
 確認してきてくれないか?」
サントレルモと話す
サントレルモ
「やあ、冒険者さん。
 報告は終わったみたいだね。
 僕らは、今さっき帰還したところさ。
 これから、死体の検分をしようと思っていたんだが、
 よければ手伝ってくれないか?
 君は「ワイバーンの後脚」を頼むよ。」
ワイバーンの後脚を調べる
ワイバーンの後脚から、
「トゥリヘンドの鱗」と「ウアジェットの鱗」を見つけた・・・・・・。
サントレルモにトゥリヘンドの鱗とウアジェットの鱗を渡す
サントレルモ
「検分は終わったみたいだね。
 何か見つかったかい?」
(トゥリヘンドの鱗とウアジェットの鱗を渡す)
サントレルモ
「これは・・・・・・以前に、オトリに使った眷属の鱗か?
 ワイバーンの爪の間から見つかっただって?
 まさか、放棄しておいた下位眷属の死体を、
 ワイバーンが回収して、運び去っていたというのか?
 散っていった仲間の死体を弔うために!?
 奴らにも、「仲間の死を悼む心」があるというのか・・・・・・。
 そうか・・・・・・「絆」か・・・・・・。
 ・・・・・・僕は今まで、環境に甘えて生きてきた。
 だが、家が没落して、いろんな人に裏切られた。
 そして、温かな環境を壊した周囲を疎んだ。
 だが、疎むべきは周囲ではなく自分自身だった。
 だから、下の者にも、上の者にも、捨てられたんだ。」
サントレルモの部下
「・・・・・・なぜ私が、すべてを失った貴方に、
 今も従っていると思っておられるのですか。
 確かに貴方は、爵位を失いました。
 しかし、私が仕えているのは、「家」ではなく「貴方」です。
 最後まで貴方のお供をさせてください。」
サントレルモ
「・・・・・・お前は、馬鹿真面目なだけだと思っていたよ。
 でも・・・・・・これも「絆」だったんだな。
 ・・・・・・ここに来たのは、死に場所を求めたからだ。
 そうだ、これまでの僕は、今ここで死のう。
 そして、今度は守るために生きよう。
 地位や名誉じゃなくて、自分を慕ってくれる人のため。
 仲間を、イシュガルドの民を守るために!
 ・・・・・・この意思は、今度家族の墓前で誓うことにするよ。
 これまでは、合わせる顔がないから避けていたんだけどね。
 ドラゴン族だって死を悼んでるんだ、僕にだってできるはずさ。」
サントレルモ
「君には、本当にお世話になったね。
 ありがとう、冒険者さん。
 次に会うときには、あっと驚くほど成長しておくよ!」
ドミニアクに報告
ドミニアク
「冒険者殿、どこか嬉しそうな顔をされているな。
 サントレルモに何かあったか?
 そうか、サントレルモが・・・・・・。
 ありがとう、貴公のおかげだな。
 作戦の方も、貴公のおかげで十全に進んでいる。
 このままいけば、いずれワイバーンに留まらず、
 名のあるドラゴン族を釣ることも夢ではない。
 功績を上げれば、皇都を守るアイメリクの助けになろう。
 だが、それだけではないはずだ。
 サントレルモのような才ある若者に、
 武勲を挙げさせ、出世の道を作ることにも繋がる。
 アイメリクの志を支える、若い人材こそが必要なのだからな。
 貴公には、このまま連隊の一員になってほしいが、
 冒険者を一所に留め置くことはできんか・・・・・・。
 せめてまた、その力を貸してくれ!」
ドミニアク
「サントレルモの雰囲気が変わったのは、貴公のおかげだ。
 アイメリクの言葉に、嘘偽りはなかったようだな。
 大物を仕留めるその時は、また貴公の力を貸してくれ。」
  トゥリヘンドの鱗:オトリに使ったトゥリヘンドのものらしき鱗
  ウアジェットの鱗:オトリに使ったウアジェットのものらしき鱗