竜の決死圏

竜の決死圏

  • 依頼主 :ドミニアク(クルザス西部高地 X16-Y22)
  • 受注条件:レベル51~
  • 概要  :聖フィネア連隊の露営地のドミニアクは、計画を次の段階へ進めようとしている。

ドミニアク
「さあ、作戦を次の段階へと進めよう。
 すでに、サントレルモたちが準備に着手しているはずだ。
 露営地の北にある崖の上で、
 「サントレルモ」と合流し、力を貸してやってほしい。
 よろしく頼むぞ、冒険者殿!」
サントレルモと合流
サントレルモ
「待ってたよ、冒険者さん。
 どうやら君の仕入れた情報は、確かだったらしい。
 上位の眷属が現れ、死体を持ち去っていったんだ!
 現れた上位の眷属は、部下を蹴散らし、
 露営地から見て北西の崖下へと逃げ去ってしまった。
 僕は負傷者の救出に向かう・・・・・・君は眷属を追跡して倒してくれ!」
聖フィネア連隊の露営地の北西で上位の眷属を討伐
サントレルモに報告
サントレルモ
「お疲れさま、結果は・・・・・・聞くまでもないね。
 死体を回収して、目立つ場所にさらしておくよ。
 それにしても、ドラゴン族は不思議だね。
 下位の眷属の死体を回収して、何の意味があるんだ?
 死体に・・・・・・何かの利用価値があるのかな!?」
サントレルモの部下
「・・・・・・ある程度知能がある動物は、感情を持つと聞きます。
 純粋に、仲間の死体を野ざらしにすることが、
 しのびなかったのではないでしょうか。」
サントレルモ
「ははっ、君は面白いことを言うね!
 まるで、感情を持つ知的生命体はすべて、
 仲間に対して思いやりを持っているみたいな言い方だ!
 ドラゴン族も人も同じことさ。
 上位の者が下位の者を利用するとき、思いやりなんてない。
 だから、君の説の前提は・・・・・・っと。
 ・・・・・・おしゃべりがすぎたね。
 僕たちは死体を回収して、次の準備に向かう。
 「ドミニアク」さんへの報告は頼んだよ。」
ドミニアクに報告
ドミニアク
「よくぞ戻られた、冒険者殿。
 情報どおり、上位の眷属はおびき出せただろうか?
 それはよかった、ひとまずは成功だな!
 これで、上位のドラゴン族が釣れればいいのだが・・・・・・。」