偏執の錬金術師セヴェリアン

偏執の錬金術師セヴェリアン

  • 依頼主 :錬金術師ギルド受付 ディートリッヒ(ウルダハ:ザル回廊 X8-Y13)
  • 受注条件:最初に選んだバトルクラスのレベル10クラスクエストを完了する
  • 概要  :錬金術師になり、錬金術師ギルドで学ぶために、しかるべき手続きを行わなければならない。受付のディートリッヒは、冒険者の心の準備を確かめたいようだ。

錬金術師ギルド受付 ディートリッヒ
「・・・・・・冒険者ですか。
 ここは錬金術師が集い、叡智のあくなき探求に身を捧げる
 「錬金術師ギルド」です。
 主な仕事は薬の調合。
 傷や不調を治す薬はもちろん、
 熟達した者ならば、身体能力を高める薬も作れます。
 冒険者ならば、それらの有用性をご存知でしょう。
 ・・・・・・どうです、錬金術師ギルドで学んでみませんか?」
(錬金術師ギルドに入門したい?)
(はい、条件未達成)
錬金術師ギルド受付 ディートリッヒ
「おや? あなたはまだ駆け出しの冒険者でしたか。
 今はまだ、錬金術師ギルドに入る資質がないようですね。
 失礼。誘う前に気付くべきでした。
 もう少し冒険者として経験を積んでから、
 同じ返事を聞かせてください。」
(いいえ)
錬金術師ギルド受付 ディートリッヒ
「ぐっ! 僕の説明で興味を持たないとは・・・・・・。
 さてはあなた、うちのギルドマスターについて知っていますね?
 ま、まあいいでしょう。
 中途半端に挑戦されても、時間を浪費するだけですから。」
(はい)
錬金術師ギルド受付 ディートリッヒ
「結構。では正式な手続きに入る前に、
 錬金術とギルドの歴史をご説明しましょう。
 今でこそ「薬を作る者」と位置づけられている錬金術師ですが、
 その成り立ちは別の・・・・・・人が未だ成し得ぬ夢に起因しています。
 即ち、卑金属を金や銀に変える方法を見出すこと。
 それを成し得る触媒「賢者の石」は、
 万病を癒し、永遠の命をもたらすと考えられていました。
 「賢者の石」精製への探求心が、
 錬金術における薬の調合技術の発展へと繋がったのです。
 しかし、錬金術の可能性は、すぐには人々に伝わりませんでした。
 異端の秘術として忌避されていたからです。
 それを医学、薬学と統合し、正式な学問として認知させたのが、
 御殿医を養成していた「フロンデール薬学院」でした。
 以来、自由な研究の場を求めて、
 ウルダハに各地から錬金術師が集まるようになりました。
 そして、彼らの技術共有の場としてギルドが設立されたのです。
 錬金術師ギルドにとって大事なのは、
 技術や研究材料の共有だけではありません。
 錬金術自体の信頼を維持することも大切なんです。
 錬金術の恩恵に浴すと同時に、
 錬金術に携わる責任を持つこと・・・・・・。
 その覚悟が決まったら、もう一度僕に声をかけてください。」
錬金術師ギルド受付 ディートリッヒ
「・・・・・・覚悟は決まりましたか?
 あなたにその意思があれば、入門手続きをはじめますが・・・・・・。」
(いいえ)
錬金術師ギルド受付 ディートリッヒ
「思わせぶりですね、まったく・・・・・・。
 急かしはしませんから、ゆっくり考えてください。」
(はい)
錬金術師ギルド受付 ディートリッヒ
「・・・・・・わかりました。ではギルドマスターを紹介しましょう。
 彼に認められることが、唯一の手続きとなります。
 錬金術師ギルドのギルドマスターは、
 奥の机で作業をしている「セヴェリアン」様です。
 彼は大変・・・・・・偉大な方ですから。
 くれぐれも上手くやってくださいね、ええ、くれぐれも・・・・・・。」
セヴェリアンと話す
セヴェリアン
「何だお前は・・・・・・。ああ、さては商人の使いだな?
 この前頼んだインプの翼を持ってきたんだろう。
 どれ、見せてみろ。
 ・・・・・・なに、入門希望者?
 まさか、お前、入門希望者だというのか!?」
(錬金術師ギルドの入門希望者ですか?)
(いいえ)
セヴェリアン
「それは何よりだ。
 入門者に構っている時間などないからな。
 何の用か知らんが、私に話しかけてくれるなよ。」
(はい)
セヴェリアン
「何たることだ、あの受付め!
 面倒な用事は一切私に回すなと、あれっっだけ言っておいたのに!
 入門者の面倒なぞ、誰が見るか!
 私は研究で忙しいんだ。お前もとっとと・・・・・・
 いや待て。ふむ・・・・・・そうか・・・・・・
 使える・・・・・・使えるかもしれんぞ・・・・・・?
 よし、気が変わった。入門を許可する。
 お前という新たな才智を歓迎しようじゃないか。
 説明は省略していいな?
 とりあえず、初心者向けの蒸留器をやる。
 今すぐ装備して、私に見せてくれ。」
セヴェリアン
「「錬金術」師の私に用か?
 ・・・・・・手が離せんので、手短にな。」
(何を聞く?)
(あなたのことを教えてほしい)
セヴェリアン
「なんだ唐突に。
 私のことを覚える余裕があるなら、
 その頭をわけてほしいものだが・・・・・・まあいい。
 私は、セヴェリアン。
 つまらん理由で、錬金術師ギルドの「ギルドマスター」を
 任されている・・・・・・。
 人望なんぞ求めるなよ?
 もとより、ここの連中は研究のライバル同士。
 馴れ合いを好まない奴が大半だ。
 団結するとしたら・・・・・・偽薬が出回ったときくらいか。
 捕まえた犯人に、それぞれが開発中の新薬を手にして
 にじり寄る光景は、なかなか壮観だぞぅ。」
(「錬金術」とは何か?)
セヴェリアン
「それを正しく語るには、大変な時間を要するのだが・・・・・・
 現代においては「薬を作る者」と定義して、
 ほぼ間違いなかろう。
 身体を癒す薬、能力を向上させる薬、そして毒薬・・・・・・。
 多種多様な薬が、錬金術によって生み出される。
 無価値に思える素材ですら、正しく理解し掛け合わせれば、
 新たな可能性を得るのだ!
 ふふふ・・・・・・とんでもなく深いだろう?」
錬金術師ギルド受付 ディートリッヒ
「はぁ・・・・・・ギルドマスターの「セヴェリアン」様は、
 研究のことしか頭になくて、
 まったくギルドの仕事をしないんですよねぇ。
 彼は、錬金術の知識に関しては、
 それこそエオルゼアいちかもしれないのですが・・・・・・
 天才とナントカは紙一重・・・・・・ってやつでしょうか。」