竜狩りが行く


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

竜狩りが行く

  • 依頼主 :ドミニアク(クルザス西部高地 X16-Y22)
  • 受注条件:レベル51~
  • 概要  :聖フィネア連隊の露営地のドミニアクは、冒険者にも上位のドラゴン族を誘いだす計画に参加してほしいようだ。

ドミニアク
「さて、上位のドラゴン族をおびき出す作戦だが、
 最近我が隊に入った部下に、任せてみようと思っている。
 だが、素質はあるが、いかんせん経験が浅くてな・・・・・・。
 熟練の冒険者である貴公に、協力してもらえると助かる。
 作戦を任せる部下は、私の隣にいる「サントレルモ」だ。
 段取りについては、彼に聞いてくれ。
 頼んだぞ、冒険者殿!」
サントレルモと話す
サントレルモ
「・・・・・・君が、協力してくれる冒険者ね。
 僕ひとりですべてできるというのに・・・・・・まったく。」
サントレルモの部下
「も、申し訳ありません、冒険者様!
 サントレルモ様は、少々苛立っておりまして・・・・・・。
 どうかご協力をお願いいたします。」
サントレルモ
「・・・・・・とりあえず、説明しておくよ。
 最近、この辺りじゃ見かけない種類の眷属が、
 露営地の北東にある大木の付近で目撃された。
 君が仕入れた情報が確かならば、そいつを倒して、
 その死体をオトリにすれば、より上位の眷属が現れる・・・・・・。
 ひとまず試してみるだけさ。
 僕たちは北東の大木付近で、標的を探す。
 君は準備を整えてから、ゆっくり来ればいいよ。」
サントレルモに加勢し現れたドラゴン族の眷属を討伐
サントレルモ
「チッ・・・・・・すばしっこい!
 下位の眷属などと侮っていたが、なかなか強い!
 敵は近くに隠れた・・・・・・!
 隙をみて襲いかかってくるはずだ・・・・・・気をつけて!」
サントレルモに報告
サントレルモ
「ふう・・・・・・倒してくれてありがとう、助かったよ。
 それと、先刻は失礼な態度をとって、すまなかったね。
 慣れない連隊の生活で、イラついていたんだ。
 それにしても、あれが例の眷属か・・・・・・哀れなものだね。
 ドラゴン族に力で隷属させられ、戦争の道具になってさ。
 自分の意思なく戦うだなんて、
 教皇庁や大貴族の道具だった、昔の僕みたいだよ。
 ・・・・・・さて、僕たちは眷属の死体を回収して、
 次の準備に取りかかっておく。
 君は「ドミニアク」さんへの報告を頼むよ。」
ドミニアクに報告
ドミニアク
「冒険者殿、戻られたか。
 どうやら首尾よく、眷属を仕留めたようだな。
 この先の作戦は、より危険度が増していくだろう。
 とはいえ、歴戦の貴公が力を貸してくれれば問題はない。
 どうか、引き続きその力をお貸し願いたい。」