嗚呼、聖フィネア連隊


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

嗚呼、聖フィネア連隊

  • 依頼主 :アルフィノ(クルザス西部高地 X16-Y22)
  • 受注条件:レベル51~
  • 概要  :聖フィネア連隊の露営地のアルフィノは、異端者の情報収集にとりかかりたいようだ。

アルフィノ
「私は、この辺りの数人から、情報を集めてみる。
 君も「氷の巫女」や異端者にからんだ証言を、
 集めてみてくれないか?」
聖フィネア連隊の露営地で情報を集める
無骨な槍兵
「すまんが、異端者なんぞ見かけてないな。
 見てのとおり、人の往来なんざなきに等しい場所だ。
 大人数の集団が通れば、わかりそうなもんだが・・・・・・。」
無骨な弓兵
「・・・・・・異端者を見たかだって?
 知らん知らん、目の前を通り過ぎたって、気にしないね。
 何せ俺の狙いは、ドデカいドラゴン族を狩ることだからな。
 はやく獲物が来ないもんかと、空ばっかり見上げてる。
 地上を駆けずり回る、ザコどもは眼中にないのさ。」
ルシェー
「異端者を探してるって?
 だったら、ピエリケにでもあたっとくれ。
 アタシは、連隊のバカどものために、
 飯を作ったり何だり、面倒みてやるので手一杯さ。
 露営地の外のことなんざ、気に懸けてる余裕はなくてね。」
ピエリケと話す
(クエスト進行前)
ピエリケ
「へぇ、この露営地のことでしたら、
 ジャントゥロー様にお尋ねになったほうがいいかと・・・・・・。
 なんせ、ここの連隊長様でいらっしゃいますから・・・・・・。」
ピエリケ
「へい、あっしに何の要件でございやしょう?
 はぁ・・・・・・異端者でございやすか。
 あっしは、見かけたことはねぇんですがね・・・・・・
 役立つかもしれねぇことなら、知らんこともないでさぁ。」
アルフィノ
「それは本当かい?
 異端者に繋がる情報があれば、ぜひ教えてほしい。」
ピエリケ
「へい、旦那様・・・・・・。
 今じゃこうして、兵隊やっとるあっしですがね・・・・・・
 何も、望んで槍を担ぎはじめたワケじゃあないんでさぁ。
 連隊長のお父上様に徴兵されて、
 命じられるまま、槍働きをしている次第で・・・・・・。
 あっしとしては、給金さえもらえりゃ満足ですがね。
 ・・・・・・ところが、無理矢理に徴兵された平民の中には、
 戦いに疲れて、不満を抱え込んでる奴らがおるんですわ。
 異端者どもは、そういった平民たちに声をかけて、
 仲間に引っ張り込むわけでございやす。
 民に自由をとか何とか・・・・・・甘い、甘い、言葉でねぇ。」
アルフィノ
「「氷の巫女」たちが、急速に勢力を拡大したのは、
 そうした背景あってのことか・・・・・・。」
ピエリケ
「へい、実際に勧誘を受けた者から聞いたんですがね。
 何でも、異端者の仲間に加わりたいのなら、
 西部高地で「紫色の煙」で狼煙を上げればいいとか・・・・・・。」
エスティニアン
「・・・・・・いい情報じゃないか。
 追いかけ回すのにも飽き飽きしていたところだ。
 こちらから、異端者どもを呼びつけてやろう。」
アルフィノ
「このような手段で、異端者が仲間を獲得していたとは・・・・・・。
 ともかく、狼煙を利用してみるしかなさそうだな。」
ジャントゥロー
「よお、あんたには期待してるぜぇ・・・・・・?
 ドラゴン族どもを、沢山狩ってくれや。」
ピエリケ
「冒険者さんもお強いんでしょうなぁ・・・・・・。
 いやはや、あっしのような小兵とは大違い・・・・・・。」
無骨な槍兵
「さてと、そろそろ巡察に出るとするか・・・・・・。」
無骨な弓兵
「いつまで経っても、ドラゴンは見えず・・・・・・。
 こうなったら、アッシュプールの方まで探しに行くか。」
タタル
「仕事終わりに作ったまかないが好評で、
 お客さんにも、お料理を出すようになりまっした。
 特製薬茶とロフタンシチューがオススメでっす!」
ルキア
「何やら秘策があるようだな。
 その成果に期待はするが、頼りはしない。
 いざという時に備え、防備を固めておこう。」
アンドゥルー
「ドラゴン族再攻撃の一報を受け、
 皇都防衛を担う神殿騎士団は、臨戦態勢に入った・・・・・・。
 だが肝心の対竜バリスタの復旧率が思わしくなくてな。」