竜を狩る夢

竜を狩る夢

  • 依頼主 :ドミニアク(クルザス西部高地 X16-Y22)
  • 受注条件:レベル51~
  • 概要  :聖フィネア連隊の露営地のドミニアクは、焦燥感をにじませながら深く考え込んでいる。

ドミニアク
「・・・・・・むっ、貴公はフォルタン家に出入する冒険者か?
 貴公の話は、我が友アイメリクから聞いている。
 蛮神をも退けるその力、ぜひお借りしたい。
 我が望みは、盟友アイメリクの志を支えること!
 なれども、イシュガルドの厳しい貴族社会においては、
 爵位を持たぬ私には、何の力もない。
 では、力を得るにはどうしたら良いのか!
 大物のドラゴン族を討ち倒し、大いなる武勲を挙げる、
 これこそが最上の道といえるだろう。
 ・・・・・・そう思って、これまで一心に槍を振るってきたものの、
 思うような功績を挙げられていなくてな・・・・・・。
 どうにか、大物の情報を得たいところなのだが・・・・・・
 聖フィネア連隊の者は、互いに功績を争う間柄ゆえ、
 戦友に対しても口が堅いのだ。
 しかし、部外者である貴公が相手ならば、
 あるいはドラゴン族の情報を漏らすかもしれん。
 頼む、私の代わりに、連隊の者から情報を集めてくれ!」
聖フィネア連隊の露営地でドラゴン族についての情報を集める
小賢しい巡回兵
「・・・・・・ドラゴン族の情報?
 俺っちに聞くなんて、アンタ、わかってるな。
 貴族様も知らねえ、いいネタを知ってるぜ。
 おっと、タダってわけにゃいかねえ。
 今日は特別寒いからな、巡回任務を代わってくれよ。
 地図に場所は書いてやるからさ、頼んだぜ?」
小賢しい巡回兵に報告
サントレルモ
「あなたは・・・・・・見ない顔だけど、新人さんかな?
 まあ、僕には関係ないし、なんだっていいけどね・・・・・・。」
小賢しい巡回兵
「・・・・・・お、巡回をしてきたみたいだな。
 それじゃ約束だ、とっときのネタを教えてやる。
 ドラゴン族の眷属の死体を放置してると、
 理由はわからねえが、上位の眷属が近寄ってくるんだ。
 この習性を利用すれば、奴らを罠にかけることができるぜ。
 この話は、あちこちで言いふらすんじゃあねえぞ。
 ほら、大勢の人が知っちまったら、大騒動になっちまうだろ?
 それに、最近このあたりも物騒でね。
 どうやら、家族を失った下級貴族の放蕩息子が、
 死に場所を求めてうろついてるって噂だ。
 そういう自暴自棄な奴にこの情報がバレたら、
 何かに悪用されちまうかもしれねぇ。
 用心に越したことはないさ。」
ドミニアクに報告
ドミニアク
「戻ったな、冒険者殿。
 何か、よい情報は得られただろうか?
 なるほど、眷属の死体を使い上位の眷属をおびき出す、か・・・・・・。
 それを利用すれば、大物が釣れるかもしれん。
 少なくとも、試す価値はあるだろうな。
 ・・・・・・つまりだ、おびき出した眷属を倒し、
 さらにその死体を使って、より上位の眷属を誘い出す。
 それを繰り返し、上位のドラゴン族が現れるのを待つのだ。
 感謝する、貴公のおかげで光明が見えた。
 よければ、以降も力を貸してほしい。」
ドミニアク
「イシュガルドは、多くの問題を抱えている。
 ドラゴン族を狩れば、その解決の糸口を作れよう。
 私が非才の身ながら連隊にとどまるのは、それが理由だ。」
サントレルモ
「僕ひとりですべてできるというのに・・・・・・まったく。」