廃砦捜索 ダスクヴィジル

廃砦捜索 ダスクヴィジル

  • 依頼主 :ウィルドテオ(クルザス西部高地 X16-Y22)
  • 受注条件:レベル51~
  • 概要  :聖フィネア連隊の露営地のウィルドテオは、協力者を探しているようだ。

ウィルドテオ
「ええい、なんということだ!
 連隊の貴族たちの、なんと非協力的なことかっ!
 ムムッ!?
 貴殿はもしや、冒険者では・・・・・・。
 頼む、私の話を聞いてくれないだろうか?
 イシュガルドが建設した対竜要塞「ダスクヴィジル」・・・・・・。
 かつて、皇都を守る防衛線を担っていたかの要塞も、
 今や霊災により損壊し、廃墟と化してしまった。
 だが、あの奥には、今も「秘宝」が残されたままなのだ。
 ・・・・・・私は、それをどうしても取り返したい。
 ここにくれば、協力者が見つかると思ったのだが、
 皆、ドラゴン族の討伐に夢中で、話を聞いてはくれぬのだ・・・・・・。
 そこに、こうして冒険者殿が現れたのもまた運命!
 どうか、協力を願えないだろうか?
 おお、協力していただけるか! かたじけない!
 「ダスクヴィジル」内の礼拝堂に祀られた戦神像・・・・・・
 その額にはめられた「氷槍石」を取り戻してもらいたい!
 北へと向かい、廃墟の警戒に当たっている、
 騎士「ナディニー」に声をかければ、門を開いてくれよう。
 どうか、よろしく願いたい・・・・・・。」
ナディニーと話す
ナディニー
「なに、この「ダスクヴィジル」に入りたいだと?
 やめておけ、氷漬けの廃墟には危険な魔物が巣喰っている。
 ・・・・・・もう、人が安易に入るような場所ではないのだ。
 それに、聖フィネア連隊からの報告によれば、
 砦の上空を旋回する巨大な影を見た者さえいるらしい・・・・・・。
 貴公の安全も保証できない。
 ・・・・・・それでも、行くというのか。
 どうせ破棄された砦だ、入るのは構わぬ。
 ただし・・・・・・どうなっても知らぬぞ。」
「廃砦捜索 ダスクヴィジル」を攻略
騎士の日記
「降り注ぐ隕石、黒き影が放った炎。
 私が体験したすべてを、後世に伝えるため、
 騎士パスカルレー・ヌールタイユが記す。
 まさしく、この世の終わりなのかもしれない。
 兵たちは動揺し、「第七霊災」が到来したと騒いでいる。
 これを読む者は、その真実を知っているのだろうか。」
騎士の日記
「指揮官であるユヘルメリック卿からの指示で、
 砦内の被害状況を調査したが、ひどいものだった。
 堅牢を誇った城壁が、見るも無惨に崩れている。
 兵たちは皇都への撤退を望んでいるが、
 ユヘルメリック卿が下した決断は、砦の死守だった。
 当然だ、ダスクヴィジルは皇都を守る盾なのだから。」
騎士の日記
「崩れた瓦礫を取り除き、懸命に救助活動をしたが、
 助けることができたのは、わずかに数名のみだった。
 その者らも、ここ数日の寒波で衰弱してきている。
 季節外れの雪が舞うほどの寒さは、
 傷つき、疲れ果てた我々から、体力を奪っていく。
 だというのに、皇都からの救援は、未だにこない。」
騎士の日記
「雪と氷によって孤立した砦内で、反乱が起こった。
 備蓄食料が底をつきつつあることを知った兵たちが、
 ユヘルメリック卿に、撤退を進言したのがきっかけだ。
 だが、卿は砦の維持に固執し、これを拒否。
 凄惨な戦いになり、多くの命が失われてしまった。
 唯一の救いは、新鮮な肉が手に入ったことだけか・・・・・・。」
騎士の日記
「私は罪を犯した。
 穢らわしい罪だ・・・・・・そう、罪なのだ。
 だが、生きるためには必要だった・・・・・・。
 家族の元に帰るには、生き残らなくてはならない。
 だが、生きるとは、いったい何なのだ?
 奴らは、動いているではないか! 死んでいるはずなのに!」
聖フィネア連隊の露営地のウィルドテオに氷槍石を渡す
ナディニー
「無事に帰ってくるとは・・・・・・。
 貴公、相当の腕前とみた。」
ウィルドテオ
「冒険者殿・・・・・・。
 「氷槍石」は、取り返せただろうか?」
(氷槍石を渡す)
ウィルドテオ
「ああ、これだ・・・・・・間違いなく、我が息子のもの・・・・・・。
 ・・・・・・本当に、感謝しますぞ。
 ダスクヴィジルは、最前線に位置するだけに、
 名高い騎士と精兵がそろえられていた・・・・・・。
 ・・・・・・それを率いた者こそ、我が息子ユヘルメリック。
 当時、デュランデル家の騎兵団長を務めていた息子は、
 砦への赴任を機に結婚し、愛の証にと秘宝を手に入れた。
 ・・・・・・そして、それを教皇庁に寄付し、戦神像に据えたのだ。
 ・・・・・・だが、霊災によって城塞は崩壊。
 その後の寒冷化で孤立し、戦いを経ずに陥落した。
 もちろん、指揮官である息子は殉職したよ・・・・・・。
 私はそれを受け入れることができたが、かわいそうなのは義娘だ。
 未だに夫の死を信じられず、魂が抜けたような顔をしている。
 ・・・・・・毎日、息子の分の食事を、食卓に並べるのだ。
 息子との愛の証である、この宝石さえあれば、
 彼女もようやく、死を受け入れ、涙を流せるかもしれぬ・・・・・・。
 息子だけではない・・・・・・。
 あそこに、多くの騎士の霊が眠っている。
 いつか必ず奪還し、彼らを弔ってやらねばな・・・・・・。」
  氷槍石:戦神ハルオーネを象徴する大振りのブルーサファイア