採掘師アダルベルタ女史

採掘師アダルベルタ女史

  • 依頼主 :採掘師ギルド受付 リネット(ウルダハ:ザル回廊 X11-Y14)
  • 受注条件:最初に選んだバトルクラスのレベル10クラスクエストを完了する
  • 概要  :採掘師ギルドに入門するためには、所定の手続きが必要らしい。採掘師ギルド受付の「リネット」に、入門の意志を伝えよう。

採掘師ギルド受付 リネット
「冒険者の方ですね? 耳寄りな情報がありますよ。
 実はただ今、当「採掘師ギルド」では
 採掘師志願者を募集中なんです。
 「採掘師」というのは「ピック」を振るい、
 金や銀に代表される「鉱物」を採掘する生業です。
 一攫千金を夢見て、あなたも採掘師を志してみませんか?
 当ギルドは、そんなあなたを強力に支援いたします!
 さあ、入門を希望されますか?」
(採掘師ギルドに入門する?)
(はい、条件未達成)
採掘師ギルド受付 リネット
「むむ、これはいけませんね。
 あなたのやる気は好ましいのですが、
 どうやらあなたは冒険者としてまだ未熟のご様子。
 それではいけません、中途半端はいけません。
 まずは今の技術の習得に全力を注ぎ、
 冒険者としての経験を積んだ方がよいかと思われます。
 冒険者としての経験を積まれてから、
 あらためて、こちらをお訪ねください。
 当ギルドについてご案内させていただきます。」
(いいえ)
採掘師ギルド受付 リネット
「ええっ!? 断ってしまうんですかっ!?
 そんな、せっかくのチャンスなんですよ、
 採掘師として大成してみたいと思わないんですか!?
 ・・・・・・す、すみません興奮しました。
 乗り気がしないのなら、仕方ないですね・・・・・・。
 今後もし採掘師に興味がわきましたら、
 ぜひまた、私のところにいらしてください。
 懇切丁寧に、ギルドについてご説明しますから。」
(はい)
採掘師ギルド受付 リネット
「そうですか、それは素晴らしい決断です!
 あなたのその決断に、ぜひとも報いたい。
 こちらも誠心誠意、ギルドのご案内をさせていただきます。
 そもそも、このザナラーンという土地は、
 鉱脈豊かで産業の柱として鉱業が盛んでありました。
 鉱業とは、大地を掘り鉱物を得て富と為すこと。
 私たち「採掘師」というのはもともと、
 そうして鉱山で働く人々を指した言葉でした。
 そして150年ほど前のことです。
 ここザナラーンにて、豊かな霊銀鉱脈が発見され、
 「ミスリルラッシュ」という空前の好景気が到来しました。
 当時、多くの人が採掘で身を立てようと、
 ウルダハに集まりましたが、現実は厳しいものでした。
 採掘師の立場は弱く、悪徳鉱山主の食い物にされたのです。
 過酷な労働に対して、支払われるのは僅かな賃金・・・・・・
 しかし、採掘師たちは虐げられたままではいませんでした。
 彼らは団結して、鉱山主に対抗する組合、
 つまり「採掘師ギルド」を立ち上げたのです。
 以来、当ギルドでは先人の志を受け継ぎ、
 採掘師の労働環境改善のため、日々努力しています。
 あなたのような新人を迎え入れるのも、その一環。
 正しい採掘の技を伝授することでこそ、
 事故や乱開発を防げるのですから。
 さあ、採掘師ギルドがどういうものか、
 少しはご理解いただけましたでしょうか?
 私たちと共に歩んでいただけるお気持ちになりましたら、
 もう一度、私に声をかけてください。
 入門の手続きを進めさせてもらいます。」
採掘師ギルド受付 リネット
「私に声をかけたということは、
 すでにお心を決められたのでしょうか?
 いかがです、採掘師ギルドに入門されますか?」
(いいえ)
採掘師ギルド受付 リネット
「む、まだ決まりませんか。
 ですが、こちらも急かすようなことはしたくありません。
 入門は、焦って決めるようなことではありませんから。
 熟考し、ご自分が採掘師になるにあたって
 もっと適していると思ったとき・・・・・・またおいでください。
 採掘師ギルドは、いつまでもあなたをお待ちしています。」
(はい)
採掘師ギルド受付 リネット
「あなたのお気持ちは承知しました。
 ならば手続きを進めましょう・・・・・・
 当ギルドのギルドマスターと、ご面会をお願いします。
 採掘師ギルドに入門するためには、
 ギルドマスターである「アダルベルタ」様の
 許可が必要なのです。
 アダルベルタ様は当代随一の採掘師。
 あなたが採掘師の道を進まれる上で、
 ためになる貴重な話もお聞かせくださると思います。
 さあ、あちらにおられる
 アダルベルタ様のところへどうぞ。」
アダルベルタと話す
アダルベルタ
「や、キミが新しくギルドに入りたい人かな?
 あたしがギルドマスターの「アダルベルタ」よ。
 ヨロシクね。
 採掘師になりたいっていうのなら、ウチとしては大歓迎。
 現役の冒険者だってのなら、特にね。
 最近のザナラーンでは、技術革新によって
 低純度の鉱石からも製錬ができるようになってね。
 廃坑の再開発が進んでいるのさ。
 正直、人手はいくらあっても足りないくらいなの。
 体力のある冒険者なんて、まさに求めていた人材よ。
 それに、冒険者って行動範囲が広いから、
 ザナラーン以外の土地の情報が入りやすくなるっていう、
 ギルドにとってのメリットもあるの。
 あなたは技術を学び、ギルドは労働力と知識を得る。
 お互い、得るものは大きいわけだし・・・・・・
 入門を断る理由って、ないわよね?」
(採掘師ギルドに入門する?)
(いいえ)
アダルベルタ
「ええっ!? な、なんで、何が気に入らないの?
 ううん、でも無理強いはできないし・・・・・・どうしよう。
 ねぇキミ、考え直さない?」
(はい)
アダルベルタ
「よし、いい返事ね!
 じゃあ、キミはたった今から採掘師よ!
 ・・・・・・ただし、駆け出しのね。
 まずは、これをあげる。
 あたしたちの商売道具、「ウェザードピック」よ。
 採掘するには、これが絶対に必要なの。
 まずは、その「ウェザードピック」を装備してみて。
 道具の重さを肌で知ってほしいの。
 装備できたら、あたしに声をかけてくれる?
 ちゃんと装備しているかどうか、見てあげるから。」