我が夫、ここに眠る

我が夫、ここに眠る

  • 依頼主 :気品ただよう老婆(クルザス西部高地 X33-Y38)
  • 受注条件:レベル51~
  • 概要  :ファルコンネストの気品ただよう老婆は、集落の外に出られず悩んでいるようだ。

気品ただよう老婆
「あら、声をかけてくれてありがとう。
 夫の墓参りに行こうと、皇都から来たのだけれど・・・・・・
 騎兵さんから、危ないから止めるように言われてしまってね。
 もし手が空いているなら、お願いできない?
 「ゴルガニュ牧場」の近くにある夫の墓に、
 この「ニメーヤリリー」を供えてほしいの。」
気品ただよう老婆に報告
気品ただよう老婆
「墓参りをしてきてくれたのね、ありがとう。
 きっと、夫も喜んでいるわ。
 ・・・・・・それとも、ちゃんと来いと怒っているかしら? うふふ。
 夫はね、とても腕の立つ騎士だったの。
 名門「デュランデル家」にお仕えしていて、
 その嫡男様の武術指南役という、栄えある仕事をしていたのよ。
 坊ちゃまは、俊英とも呼ばれるほど凄い方だったけど、
 あるとき・・・・・・見聞を広めるためにと向かった旅先で、
 行方不明になってしまってね・・・・・・。
 それ以来、喪心した夫は表舞台から去ったの。
 あの牧場は、それから開いたものだったのよ・・・・・・。
 きっと、坊ちゃまを思い出すのが辛かったのでしょうねぇ・・・・・・。」
  ニメーヤリリー:老婆から託されたニメーヤリリー