故郷のあり方

故郷のあり方

  • 依頼主 :ボエモンダ(イシュガルド:下層 X9-Y10)
  • 受注条件:レベル51~
  • 概要  :聖レネット広場のボエモンダは、怒っているようだ。

ボエモンダ
「ええい、まったく腹立たしい!
 わしは故郷を守りたいだけなのに、蔑ろにしおって!
 ファルコンネストは、わしの故郷だ。
 西部高地が寒冷化して、仕方なくここに避難したが、
 故郷を軍事砦として再建するなぞ、許せるものか!
 それなのに馬鹿息子が、騎兵として砦の建造に従事しておる!
 何度止めようとも、耳を貸そうともしない・・・・・・
 これが、腹を立てずにいられるか!
 もし、「ジョスル」という男に会うことがあれば、
 馬鹿な仕事を辞めないなら、縁を切るぞと伝えてくれ!」
ファルコンネストのジョスルと話す
ジョスル
「ジョスルは俺だけど・・・・・・? ええ、親父が縁を切るって!?
 ・・・・・・いや、何を言われても、
 この仕事を辞めるわけにはいかないよ。
 俺の家は、代々、鷹匠なんだ。
 占星術はドラゴン族の活動周期を割り出すけど、
 直近の脅威を探るには、「鷹」を使うのがいちばんなんだよ。
 集落なんてものは、時代時代で変わっていくもの。
 確かにファルコンネストは霊災前と変わったけど、
 そこで育まれてきた、鷹匠の術は残すことができる。
 この空に鷹が舞うかぎり、親父もみんなも、
 故郷に帰ってきたって思えるだろ?
 俺なりに故郷を守ってみせようと思ってるのさ。」