男の過去、女の未来

男の過去、女の未来

  • 依頼主 :悩み深き男(イシュガルド:下層 X12-Y10)
  • 受注条件:レベル51~
  • 概要  :聖バルロアイアン広場の悩み深き男は、頭を抱えているようだ。

悩み深き男
「私は、祖国のため神殿騎士団に志願しようと思っているのだ。
 だが従騎士としての修行中は、例外なく「結婚禁止」となる。
 勲功を立てて、騎士爵を手にするまで何年かかるか・・・・・・。
 私には、幼いころに将来を誓い合った女の子がいた・・・・・・。
 もうずいぶん昔の話で、その子の名前も思い出せなくなったが、
 もし彼女が、今なお待っていてくれていたらと思うと・・・・・・。
 その子は、アインハルト家の一門に引き取られたと聞く。
 アインハルト家の者に聞けば、彼女の行方がわかるかもしれん。
 どうか探し出し、もう自分を待つ必要はないと伝えてほしい・・・・・・。」
アインハルト伯爵邸のバーテロットと話す
バーテロット
「幼いころに、アインハルト家に引き取られた女性・・・・・・。
 お館様の方針でな、アインハルト家に引き取られ、
 その支援を受けた子どもは多い。
 それゆえ、たったそれだけの情報では、
 その男と将来を誓った女性を特定するのは、困難だろう。
 ただ、年齢的には「キャンプ・クラウドトップ」を率いる、
 「ラニエット」様と同年代になるのではないか?
 あのお方に、訪ねてみるのがよいだろうな。」
ローズハウスのラニエットと話す
ラニエット
「ふむ、幼くして我がアインハルト家に引き取られた、
 私と同年代の女性を探している・・・・・・と?
 それなら、私の補佐をしてくれる「マリエル」が当てはまるな。
 だが、結婚の約束をしたなどとは、聞いたことがない・・・・・・。
 ともかく、本人に確認してみるといいだろう。」
マリエルと話す
マリエル
「・・・・・・結婚の約束ですか。
 言われてみれば・・・・・・そんなことも、あったような・・・・・・?
 ええ、おそらく私のことだと思います。
 しかし、今の今まで忘れていましたし、
 ラニエット隊長に仕えることが生きがいですので、
 結婚などに興味はありません。
 心優しいラニエット隊長に寄り付く悪い虫を退けきるまで、
 そのようなことに、うつつを抜かしている暇はありませんから!」