冒険者たちの決断

冒険者たちの決断

  • 依頼主 :アルフィノ(砂の家 X6-Y6)
  • 受注条件:レベル51~
  • 概要  :砂の家のアルフィノは、冒険者に話があるようだ。

アルフィノ
「・・・・・・ああ、タタルか。
 こちらは、無事にラウバーン局長を救出できたよ。
 何ッ、ドラゴン族に動きが!?
 すぐに、Nikuqと戻る。
 フォルタン伯爵には、その旨を伝えてくれ・・・・・・それでは。
 Nikuq、緊急事態だ。
 どうやら、ドラゴン族による皇都再攻撃の予兆があったらしい。
 ナナモ陛下の安否については心配ではあるが、
 情報が少ない状況で、我々にできることは少ない。
 ここは、デュララ女史やピピン少闘将に任せ、
 我々は「イシュガルド」に戻ろう。」
ピピン
「義父上のことはお任せを!」
デュララ
「この場は、ワタクシに任せておきなさい。
 冒険者殿は、貴方にしかできないことをおやりなさいな。」
イシュガルドのタタルと話す
エドモン・ド・フォルタン伯爵
「おぉ、戻られたか・・・・・・。」
アルトアレール
「ついに来るべき時が来たか・・・・・・。」
エマネラン
「こいつは一大事だぜ!
 いや、だから、ほんとに一大事なんだって!」
オルシュファン
「む、表で「タタル」嬢を見かけなかったか?」
アルフィノ
「まずは、詳しい話を聞いてからだ。」
タタル
「お帰りなさいでっす!
 急に呼び戻してしまって、すみませんでっす。
 すんごい緊急事態らしく、
 フォルタン伯爵から協力要請があったのでっす。
 屋敷内の「オルシュファン」卿から話を聞いてほしいでっす!」
フォルタン伯爵邸に向かう
オルシュファン
「我が友よ、よくぞ駆けつけてくれた!
 すでに聞いていると思うが、ドラゴン族に動きがあったのだ。」
エドモン・ド・フォルタン伯爵
「Niuniu殿、アルフィノ殿。
 急に呼び戻す形になってすまない。
 緊急事態ゆえ、タタル嬢に無理を言って連絡してもらったのだ。」
アルトアレール
「アドネール占星台より、
 ドラゴン族に皇都再攻撃の動きありと、警鐘が発せられてな。
 これを受け、教皇庁は、臨戦態勢への移行を命じたのだ。」
エマネラン
「皇都の噂好きどもから聞いたんだがよ・・・・・・。
 ドラヴァニアの空を覆いつくさんばかりの竜の群れを、
 西の方に向かった猟師たちが目撃したそうだぜ!」
エドモン・ド・フォルタン伯爵
「・・・・・・うむ、さらにそれらドラゴン族は、
 「七大天竜」の一翼、邪竜「ニーズヘッグ」配下のものと聞く。
 貴殿らを、我らの戦争に巻き込む訳にはいかん。
 客人として招くと言っておきながら申し訳ないが・・・・・・
 場合によっては、皇都からの避難を願うことになるだろう。
 「暁」のお三方には、待避先を含めて、
 今後の身の振り方を考えてもらわねばならん。
 すまぬが、早急に結論を出していただけるかな?」
オルシュファン
「皇都再攻撃が現実のものとなれば、
 かなりの被害が予想されるだろう・・・・・・。
 だが、イイ騎士たるもの、民を護りきってみせる!」
タタル
「・・・・・・本当に、皇都が戦場になってしまうのでっすか?」
(ドラゴンヘッド)
オルシュファン
「お前も、こちらに戻っていたか。
 できることならば、お前と行動をともにし続けたいものだが、
 私にも私の務めがあるものでな。
 代わりといってはなんだが、事が落ち着いたら、
 休養がてら皇都を散策しようではないか。
 ふふ、屈強な石像にまぎれてポーズをとるお前・・・・・・イイ!」
アルフィノと話す
アルフィノ
「直近の二度に渡る攻撃によって、
 イシュガルドの防衛能力は、著しく低下しているだろう。
 そこに来て、ドラゴン族による皇都再攻撃とは・・・・・・。
 フォルタン伯爵は、我々に避難を勧めてはくれたが・・・・・・。
 ここで逃げているようでは、
 「暁」の再興など、夢のまた夢だと私は思うのだ。
 Nikuq、君はどう思う?」
(皇都再攻撃に対して、どうすべき?)
(イシュガルドのために戦うべき)
アルフィノ
「そう言ってくれると思っていたよ!
 やはり、恩人や盟友たちを見捨てることはできない!
 我々として、できるかぎりのことをしよう!」
(イシュガルドから避難すべき)
アルフィノ
「馬鹿な・・・・・・君らしくもない!
 いや・・・・・・皇都に留まることだけが、戦い方ではないと。
 何か別の方法があるということか・・・・・・!?」
(答えない)
アルフィノ
「馬鹿な・・・・・・君らしくもない!
 いや・・・・・・皇都に留まることだけが、戦い方ではないと。
 何か別の方法があるということか・・・・・・!?」
(ドラゴンヘッド)
オルシュファン
「お前は、またも困難な旅をするようだな。
 だが、案じるばかりが友ではない。
 お前が役目を果たし、より強くなって戻ると信じているぞ。
 ・・・・・・私の母は、美しく正しかったが、弱い人だった。
 ゆえに私は、屈強なもの、たくましいものが放つ生の躍動が、
 たまらなく好きなのだ!
 困難に立ち向かい続けるお前からは、
 肉体と精神のイイ躍動を感じる。
 戻ってきたとき、どれほどになっていることか・・・・・・ッ!」