あま~いレシピ

あま~いレシピ

  • 依頼主 :メルココ(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X12-Y13)
  • 受注条件:調理師レベル53~
  • 概要  :永遠の乙女亭のメルココは、冒険者に知らせたいことがあるようだ。

メルココ
「どうも、Nikuqさん。
 「デルモン・ドール」の大会要項が発表されました。
 なんと会場は、レストラン「ビスマルク」!
 調理師ギルドのある店での開催とは、幸先のいい船出ですね!
 さっそく「デルモン・ドールの実行委員」が、
 大会への参加受付をしているので、申し込みをお願いします!」
デルモン・ドールの実行委員と話す
デルモン・ドールの実行委員
「こちら、「デルモン・ドール」の参加受付でございます。
 お申し込みの方でしょうか?
 Nikuq Niuniu様ですね?
 かしこまりました・・・・・・参加受付は、これにて完了です。
 それでは、大会でお会いしましょう。」
メルココと話す
メルココ
「おつかれさまです!
 申し込みが済みましたら、後は開催を待つだけですね。
 ・・・・・・ところで急なのですが、お願いしたいことがあります。
 先ほど、お店にスイーツを食べにお客様が来られたのですが、
 食べたい物がメニューにないようでして、
 注文を決められず、悩み続けているのですよ。
 そこで、調理師ギルドいちの凄腕というあなたに、
 お客様の望む一品を、作って差し上げていただきたいのです!
 店内にいる「紅血聖女団の操舵士」に話を聞いてもらえますか?」
紅血聖女団の操舵士と話す
紅血聖女団の操舵士
「う~ん、どれもこれも、アタイの口に合いそうにないよ。
 ・・・・・・なんだい、見世物じゃないんだよ!!
 ・・・・・・メニューにない物も作ってくれる? そりゃ助かるよ。
 実は、アタイはスイーツってやつが苦手なんだ。
 そんな、アタイにも堅気の彼氏ができたんだけど、
 その人が大の甘党でよぉ・・・・・・。
 今度、デートすることになってさ、その前になんとか、
 苦手な甘い物を克服しておきたくて特訓に来たんだ・・・・・・。
 まずはお手柔らかに、甘さを抑えたスイーツを頼めるかい?」
メルココに報告
メルココ
「・・・・・・なんと!
 スイーツ嫌いなんて、私には考えられない!
 きっと、食わず嫌いに違いありません。
 甘味を抑えるだなんてヒヨってないで、
 ここはあえて、徹底的に甘いスイーツを出して、
 甘ったれた根性を、叩き直してやりましょう!
 山のような生クリームに、これでもかと粉砂糖を降らせた、
 甘味テンコ盛りの「ソーム・アル・オ・マロン」にしましょう。
 トドメは、濃厚なミルクの「イシュガルドティーHQ」です!」
ソーム・アル・オ・マロンとイシュガルドティーHQを製作しメメルコに納品
メルココ
「山のような生クリームに、これでもかと粉砂糖を降らせた、
 甘味テンコ盛りの「ソーム・アル・オ・マロン」にしましょう。
 トドメは、濃厚なミルクの「イシュガルドティーHQ」です!」
(イシュガルドティーHQとソーム・アル・オ・マロンを渡す)
紅血聖女団の操舵士
「う・・・・・・うへぇ・・・・・・。
 勘弁してくれよ、どう見ても甘味たっぷりじゃないか~!」
メルココ
「彼氏とのデートを成功させたくないんですか!?
 ギルドいちの調理師さんが作ったんですよ!
 騙されたと思って、食べてみてください。」
紅血聖女団の操舵士
「・・・・・・ううう、もう騙されてるよ。」
紅血聖女団の操舵士
「いやぁ、美味かったよ!
 外を包むマロンクリームが、思いの外さっぱりしてたもんで、
 勢いよく、内側の生クリームの山に突っ込んじまった!
 ところがどうだい、これが甘味だけじゃなくコクがある!
 海には慣れたアタイだけど、甘味の山にはしてやられたよ!
 甘い紅茶もガブ飲みさ・・・・・・もうデートも怖くない、恩に着るよ!」
メルココ
「大好評でしたね、さすがです!
 外側のマロンクリームの甘さを抑えることで、
 お客様の先入観を取り除き、見事に甘味の魅力を伝えましたね!
 ・・・・・・実は、私も昔は紅血聖女団の一員だったんです。
 でも、船酔いが治らず船を下り、ここの給仕になりました。
 夢破れた当時の私は、本当にやる気がなくて・・・・・・。
 そんなとき、あのハ・マシャの料理を初めて食べたのです。
 あまりの美味しさに、私は感動しました・・・・・・。
 そのおかげで、この仕事も好きになれたんです。
 ハ・マシャもあの頃は一生懸命でした・・・・・・。
 でもでも、あの野郎ったら、どんどんつけ上がりやがって、
 すっかり変わっちまったんです!
 ・・・・・・たまに口汚くなるのも、海賊時代の名残なので、
 大目に見ていただけると幸いです。
 それでは、また、お待ちしております!」