ココロノメデミレバ

ココロノメデミレバ

  • 依頼主 :ウィルトウェーク(モードゥナ X23-Y8)
  • 受注条件:錬金術師レベル53~
  • 概要  :レヴナンツトールのウィルトウェークは、冒険者に初仕事を依頼したいようだ。

ウィルトウェーク
「いよいよ君に、捜査顧問としての初仕事を依頼したい!
 先だって、「聖コイナク財団」の拠点に賊が押し入った。
 ・・・・・・盗まれたのは出土品が数点、古代アラグ文明の遺物だ。
 衛兵によると、賊は逃走の際に紙切れを落としたそうだ。
 謎の記号がみっちりと記された「暗号地図」のようだな。
 犯罪者どもの連絡用とみているが・・・・・・その解読を頼みたい。
 ・・・・・・リムサ・ロミンサの冒険者ギルドで顔役をやってる、
 バデロンって野郎がいる。
 暗号解読にかけちゃ、第一人者と呼べる男だ。
 溺れた海豚亭の「バデロン」のもとに赴いて、彼とともに、
 「モードゥナの暗号地図」の解読を試みてもらえないか?
 犯人は、錬金術を使う集団・・・・・・何かわかるといいのだが。」
リムサ・ロミンサのバデロンにモードゥナの暗号地図を見せる
バデロン
「よう、いらっしゃい。
 ・・・・・・何だ?
 まるで、俺に見せたいものがあるってカンジの顔だな。」
(モードゥナの暗号地図を渡す)
バデロン
「・・・・・・ほう、錬金術を使う犯罪者どもの、暗号解読か。
 たしかに錬金術師は、やたらと隠語や暗号を使いたがる。
 だが、俺のみたとこじゃ、コイツはそもそも暗号文じゃないな。
 暗号文にあるはずの、規則性がまったくない・・・・・・。
 俺が犯人なら、こういう「それっぽい記号」は偽装に使うね。
 暗号はでたらめで、真の伝達事項は「あぶりだし」で書くとかな!
 暗号じゃない以上、俺の出番はここまでだ。
 依頼主に、そう伝えとくといいぜ。」
バデロン
「俺が犯人なら、でたらめな暗号は偽装に使って、
 真の伝達事項は「あぶりだし」でも使って書くね。
 依頼主に、そう伝えとくといいぜ。」
レヴナンツトールのウィルトウェークにモードゥナの暗号地図を渡す
チャネネ
「あ、君!
 どう・・・・・・例の暗号は、解読できた?」
ウィルトウェーク
「どうだ、バデロンには会えたか?
 あの地図には、謎の記号がみっちり書かれていたから、
 野郎といえど難航するかもしれんな・・・・・・。」
(モードゥナの暗号地図を渡す)
ウィルトウェーク
「・・・・・・なんと、バデロンは、これが暗号じゃないというのだな。
 「自分ならあぶりだしで書く」とは、あの男らしい!
 ところで・・・・・・こちらのほうでも、わずかだが捜査に進展があった。」
チャネネ
「暗号地図に付着していた成分の、分析結果が返ってきたの。
 錬金術で使う「ミスライトエンチャントインクHQ」だって。
 エンチャントインクの一種らしいけど、これってどういう品?」
(エンチャントインクとは?)
(「魔道書」の材料)
チャネネ
「「魔道書」の魔紋を記すのに使うインク、ってこと・・・・・・?
 なるほど・・・・・・そのためにエーテル伝導率を高めて、
 魔力を伝わりやすくしてあるのね。」
(エーテル伝導率を高めたインク)
チャネネ
「金属の粉末を混ぜて、エーテル伝導率を高めたインク・・・・・・?
 それって、魔力を伝わりやすくしてあるってことだよね?
 ・・・・・・そっか、これを使って、魔道書に「魔紋」を記すわけか。」
チャネネ
「ということは・・・・・・。
 この文字に、巴術を使う要領で魔力を流し込んでみれば、
 何かわかるかも・・・・・・?
 ・・・・・・だめみたい・・・・・・特に魔法が発動する様子もないし、
 流れ込んだエーテルは、ある1点で止まってしまう。
 地図上でいうと、ちょうど犯行現場のあたりだね。」
ウィルトウェーク
「犯行現場だと・・・・・・? そうか、わかったぞ!
 こいつは、錬金術を使った「あぶりだし」の指示書だな!
 魔力を注ぐと、地図上に目標地点が浮かび上がるって寸法だ!」
チャネネ
「あ、そういうことか! さすがバデロンさんね!
 待って・・・・・・実行役が、地図を頼りに犯行に及ぶとすれば、
 同じ方法で、犯人をおびきだすこともできるんじゃない?」
ウィルトウェーク
「・・・・・・やってみる価値は、あるかもな。
 実は以前にも、似たような暗号地図の断片が見つかってる。
 仮にその発見場所が、犯行の指示に使われているとすれば・・・・・・。」
チャネネ
「私たちが暗号地図を偽造して、そこに置いておけば、
 実行犯を好きな場所に誘導できるはずだよ!」
ウィルトウェーク
「よし、チャネネには地図の偽造を頼む!
 そしてNikuqには、最も重要な・・・・・・
 「ミスライトエンチャントインクHQ」を3つほど、製作してほしい!」
ウィルトウェークにミスライトエンチャントインクHQを納品
ウィルトウェーク
「「ミスライトエンチャントインクHQ」の製作は順調か?
 聞けば、錬金術師として、かなりの腕前が必要な品らしいな・・・・・・。」
(ミスライトエンチャントインクHQを渡す)
ウィルトウェーク
「・・・・・・おおっ、こいつがそのインクか!
 ありがたく使わせてもらうぞ。
 これで、犯罪集団と同じ暗号地図を偽造できる・・・・・・。
 実行犯はモードゥナの「聖コイナク財団の調査地」におびき出す。
 荒仕事はオレたちでやるから、ぜひ現場に来てくれ!
 味方に、凄腕の錬金術師がいると心強いからな。」
聖コイナク財団の調査地でウィルトウェークと合流
チャネネ
「大成功だよ!
 ついさっき、現れた不審者をとっつかまえたところ!
 だけど・・・・・・少し様子がおかしいんだよね。」
近東風の若者
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
ウィルトウェーク
「まんまと作戦成功だ!
 たったいま、容疑者の身柄を確保したぞ!
 偽造した地図を持って、こいつがノコノコ現れたんだ。」
チャネネ
「ただ・・・・・・ちょっと、変なんだよ。
 ・・・・・・ねえ、君、私の声が聞こえる?」
近東風の若者
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
ウィルトウェーク
「自失状態か・・・・・・。
 取り調べても、何も出てこないかもな。」
チャネネ
「もしかして、容疑者じゃなくて被害者?
 錬金薬でクスリ漬けにされて、犯人に操られてたとか・・・・・・。」
ウィルトウェーク
「戻って身許を洗おう。
 見たところ、近東系の顔立ちのようだな。」
チャネネ
「近東・・・・・・錬金術の本場とされている地域だね。
 ・・・・・・ん、あの人は?」
ウィルトウェーク
「なんだ、あいつは・・・・・・?
 おい、そこの老人!」
チャネネ
「あの老人も、近東風のいでたちだったよ。
 怪しいね・・・・・・。」
ウィルトウェーク
「解決すべき謎が、また増えてしまったが・・・・・・
 しかし君のおかげで、敵の尻尾の先ぐらいはつかんだようだ!
 この若者は重要参考人として、冒険者ギルドで身柄を預かろう。
 それにしても、人をこんな状態にしてしまうとは・・・・・・
 錬金薬か何か知らんが、厄介な技術を使う連中のようだな。
 近いうちにまた、君の助力を請うことになりそうだ!」
  モードゥナの暗号地図:謎の文字列が記されたモードゥナの地図