雲海の騎兵と奇妙な偵察

雲海の騎兵と奇妙な偵察

  • 依頼主 :ギルドン(アバラシア雲海 X15-Y39)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ローズハウスのギルドンは、バヌバヌ族の斥候に関して冒険者に頼みがあるようだ。

ギルドン
「おお、御客人、よいところに来た!
 あなたが発見した高台のバヌバヌ族について、
 とある巡察兵の報告書を思い出したのであ~る!
 バヌバヌ族は何度も高台に現れ、
 その都度、巡察兵に追い払われているそうだ!
 報告書では「定期的な偵察」と結論づけられてい~る!
 ・・・・・・しかし、奇妙だとは思わぬか?
 なぜ、バヌバヌ族はあの高台にこだわるの~か!?
 調べに行きたいが、歩哨を抜けるわけにはいかぬ。
 すまぬが、再び高台に赴いてバヌバヌ族を探し、
 奴らの企みを暴くカギを見つけてほし~い!」
バヌバヌ族を探し、襲われたら討伐
バヌバヌ族の斥候
「変化はなくとも、苔生す岩のごとく、偵察を続けねば。
 ・・・・・・ムッ、何奴!?」
ギルドンに傷だらけの骨を渡す
ギルドン
「待っていたぞ!!
 バヌバヌ族の企みを暴くカギは見つけた~か!?」
(傷だらけの骨を渡す)
ギルドン
「これは・・・・・・動物の骨だな。
 文字には見えぬが、模様のような傷跡が、
 ビッシリとつけられているようだが・・・・・・。
 意味するところはわからぬが、
 高台から見える「何か」を記していた証拠であ~る!
 これはもしかすると、武勲に繋がるかもしれぬ!
 骨について、引き続き調べてみよ~う!」
  傷だらけの骨:バヌバヌ族が落とした動物の骨。模様のような傷跡がある