盛られた酒

盛られた酒

  • 依頼主 :レッドワルド(クルザス西部高地 X32-Y38)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :レッドワルドは、次の一手を打つべく動き出そうとしている。

レッドワルド
「病の出処は掴めた。
 となれば、次にするべきことはひとつしかない・・・・・・。
 そう、これを仕込んだ犯人を突き止めることだ。
 ファルコンネストの物流管理は、オリオーヌに任せてある。
 彼女に問題の酒瓶を渡し、
 ワインの出処を調査してみてくれないだろうか?」
レッドワルド
「ファルコンネストの物流管理は、オリオーヌに任せてある。
 彼女に先ほどの酒瓶を渡し、
 ワインの出処を調査してみてくれないだろうか?」
オリオーヌに異臭のする酒瓶を渡す
オリオーヌ
「おや、どうしたんだい?」
(異臭のする酒瓶を渡す)
オリオーヌ
「・・・・・・なんだって!?
 この酒瓶に入っていたワインが、近ごろの病の原因だった!?
 待ってくれ、納品記録から調べれば・・・・・・わかったぞ!
 以前、君に奪還してもらった物資があるだろう?
 あの木箱の中身こそ、この酒瓶のワインだったんだ。
 異端者の奴ら、回収される前提で毒を盛っていたのか・・・・・・。
 実は、先日の物資強奪犯の背後関係を洗っていたんだが、
 さらなる仲間の存在が明らかになってきてね・・・・・・。
 キャンプ・リバーズミートで、たびたび奴らが目撃されている。
 もしかしたら、また毒を仕込もうと隙を覗っているのかも・・・・・・。
 異端者に、仕込んだ毒について問い詰めてくれないか?
 事が済んだら、「レッドワルド」様に報告を頼む!」
オリオーヌ
「キャンプ・リバーズミートで、たびたび異端者が目撃されている。
 さらなる被害が出ないよう、奴らを問い詰めてくれないか?
 事が済んだら、「レッドワルド」様に報告を頼む!」
キャンプ・リバーズミートで異端者を探す
異端者らしき男
「・・・・・・毒に気付いて、慌てて調べに来たか。
 諦めな、あれはドラゴン族の分泌液から作った毒薬だ。
 解毒は適わず、死が待つのみ・・・・・・貴様もここで死ねぇっ!」
レッドワルドに報告
レッドワルド
「オリオーヌから話は聞いたぞ。
 異端者に毒について聞きにいってくれたそうだが・・・・・・
 結果はどうであった?
 なるほど、やはり異端者の仕業であったか・・・・・・!
 ドラゴン族の分泌液から作った毒薬だったとは・・・・・・。
 ・・・・・・早急に治療法を検討しなければならんな。」
  異臭のする酒瓶:微かに異臭がするという酒瓶