彫金少女セレンディピティー

彫金少女セレンディピティー

  • 依頼主 :彫金師ギルド受付 ジェマイム(ウルダハ:ザル回廊 X10-Y13)
  • 受注条件:最初に選んだバトルクラスのレベル10クラスクエストを完了する
  • 概要  :彫金師になり、彫金師ギルドで学ぶために、しかるべき手続きを行わなければならない。受付のジェマイムは、冒険者の心の準備を確かめたいようだ。

彫金師ギルド受付 ジェマイム
「「彫金師ギルド」へようこそ。
 ここは、鉱物や宝石、骨や牙といった素材に眠る魅力を、
 磨いて引き出し、輝かせる・・・・・・そんな職人たちの集う場所。
 彫金師は、指輪や耳飾り、首飾りなどの宝飾品のほか、
 属性の力を宿す宝石をあしらった、
 呪術士用の魔器なども作ることができますよ。
 彫金師に興味がおありでしたら、
 ここ彫金師ギルドに入門し、修行を積むとよいでしょう。
 ギルドへの入門を希望されますか?」
(彫金師ギルドに入門したい?)
(はい、条件未達成)
彫金師ギルド受付 ジェマイム
「あら・・・・・・。
 気持ちは嬉しいのですが、あなたはまだ、
 冒険者としての経験が浅いようですね。
 まずは、今あなたが学んでいる術を磨いてください。
 また再び会える機会を楽しみにしていますわ。」
(いいえ)
彫金師ギルド受付 ジェマイム
「あら・・・・・・それは残念です。
 気持ちが変わったときには、いつでも声をおかけくださいね。」
(はい)
彫金師ギルド受付 ジェマイム
「嬉しいお返事です!
 それでは簡単に、彫金師ギルドについて
 ご紹介させていただきますね。
 このザナラーンは、豊かな鉱脈に恵まれています。
 必然的に掘り出された鉱石や原石を加工する
 「彫金」の技術も古くより発展していきました。
 さらにウルダハが交易都市として栄えたことで、
 民を彩る華やかな装飾品への需要も高まり、
 緻密にして精巧な彫金文化が花開きました。
 特に名門宝飾店「エシュテム」は、
 東方より名工を招いて職人たちに技を伝授させるなど、
 新風を吹き込ませていったのです。
 この時、作られた私塾のような職人集団が、
 やがて「彫金師ギルド」となりました。
 我らのギルドの目的は「技術の継承」
 そして「新たな技術の開発」。
 また、悪質な贋物の流通を阻止し、
 彫金師たちの名声を保つことも目的のひとつ。
 そのため、「審美眼」を養うことも使命としています。
 彫金師と聞くと、一見、華やかな世界を想像するでしょう?
 しかし、一流と呼ばれる彫金師となるには、
 弛まぬ努力と、地道な鍛錬が必要です。
 そう、まるで砂色の原石が、
 何万回という研磨によって、輝きを放つ宝石になるように・・・・・・。
 もしあなたが、そうした苦心を厭わぬと言うのでしたら、
 我が彫金師ギルドのギルドマスターをご紹介いたしましょう。
 心の準備ができましたら、もういちど私に声をおかけください。
 お待ちしておりますよ。」
彫金師ギルド受付 ジェマイム
「私に声をかけたということは、
 彫金師ギルドへ入門する決心がついたのですね?」
(いいえ)
彫金師ギルド受付 ジェマイム
「あら、まだ迷っているようですね。
 構いません、ごゆっくりお考えください。」
(はい)
彫金師ギルド受付 ジェマイム
「わかりました。
 では、ギルドマスターの
 「セレンディピティー」さんをご紹介します。
 すぐそちらの工房にいらっしゃいますから、
 声をかけ、入門を希望する旨をお伝えください。」
セレンディピティーと話す
セレンディピティー
「あっ! コラ~!
 また勝手にウロチョロしてっ!
 職人さんたちの邪魔をしないでくださいっ!
 ・・・・・・って、ご、ごめんなさいっ!
 てっきりまた、魔法人形が
 イタズラをしてるかと思いまして・・・・・・。
 あ! 私に声をかけてくださったということは、
 もしかして、入門希望者の方ですか?」
(彫金師ギルドに入門しますか?)
(いいえ)
セレンディピティー
「あ・・・・・・そ、そうですか・・・・・・すみません。
 私ったら、はやとちりをしてしまいました。
 はずかしいっ!」
(はい)
セレンディピティー
「やっぱり!
 改めてはじめまして、ようこそ彫金師ギルドへ!
 私はギルドマスターを務めさせてもらっています
 「セレンディピティー」と申します。
 気軽に「セレン」って呼んでくださいね!
 実は私もついこの間、
 マスターになったばかりの未熟者なのですが・・・・・・。
 お互い初心者同士、がんばりましょう!
 ちなみに、え、と、お名前は・・・・・・。
 Nikuq Niuniuとおっしゃるんですね。
 わぁ、とても美しいお名前です!
 Nikuqさんの名前が刻まれた装飾品が、
 将来、名門宝飾店「エシュテム」の店頭に並ぶかもしれません。
 そんな夢のような日が来るのを目指して、
 努力いっぱい、がんばりましょうっ!
 では、まずは彫金師ギルドへ入門した記念に・・・・・・
 この「ウェザードチェーサーハンマー」をさしあげます。
 これを装備して、彫金師として仕事をする準備が整いましたら、
 私にもう一度声をかけてください。
 まずは練習としてひとつ、課題をお出しします!」