ハルを運ぶ

ハルを運ぶ

  • 依頼主 :悩める騎兵(イシュガルド:上層 X11-Y10)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :フォルタン伯爵邸付近の悩める騎兵は、冒険者を見ているようだ。

悩める騎兵
「貴方が、外から来たという冒険者か?
 折り入って、頼みたいことがある。
 ファルコンネストの友人に、贈り物をしたいのだ。
 事情は説明できないが、私が届けることはできなくてね・・・・・・。
 忘れられた騎士亭にいる「下層の名画家」から品物を受け取り、
 ファルコンネストの「エムリセル」に届けてほしい。」
忘れられた騎士亭の下層の名画家と話す
下層の名画家
「・・・・・・あんたが運搬担当か?
 わかるさ、外から来た冒険者だからな。
 何も知らないからこそ、信頼できるってもんさ。
 これが例の「戦神の宗教画」だ。
 おっと、決して人前で確認するんじゃないぞ。
 ・・・・・・「ファルコンネスト」の「エムリセル」に渡せ。
 じゃあ、ここからは俺たちは他人だ・・・・・・。
 一切関知しないから、そのつもりでな。」
ファルコンネストのエムリセルに戦神の宗教画を渡す
エムリセル
「さて、あいつは上手くやってくれてるだろうか?
 ただでさえ、危険な橋を渡る必要があるからな・・・・・・。
 ・・・・・・ん? な、なんでもないぞ!?」
(戦神の宗教画を渡す)
エムリセル
「なんだ、お前が運び屋だったのか。
 少し中を確かめさせてもらうぞ・・・・・・。
 ・・・・・・ぶほおっ・・・・・・ゴホンッ! ま、間違いない・・・・・・。
 この絵はまさしく逸品であり、心が洗われるようだ、うん。
 「イシュガルド正教」を熱心に信仰してよかったよ、うん。
 よ、よし、このことは秘密だぞ!」
  戦神の宗教画:兜のみをかぶった、あられもない姿の女神が描かれた自称宗教画