連載第一回「開拓魂、ここにあり」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

連載第一回「開拓魂、ここにあり」

  • 依頼主 :ムジ・ミュリラー(イシュガルド:下層 X9-Y12)
  • 受注条件:園芸師レベル53~
  • 概要  :エーテライト・プラザのムジ・ミュリラーのもとに依頼が届いたようだ。

ムジ・ミュリラー
「よくぞ、いらしてくださいました!
 バジールさんから依頼が舞い込んできましたよ~!
 アバラシア雲海まで来てほしいそうですっ。
 さっそく取材開始ですっ。
 キャンプ・クラウドトップの「バジール」さんに、
 突撃しちゃいましょう~!」
キャンプ・クラウドトップのバジールと話す
ムジ・ミュリラー
「「空の果ての最前線、雲海の栽培事情
  開拓魂、ここにあり」・・・・・・。
 どうです、連載第一回にふさわしい題名じゃないですか?」
バジール
「ああ、よくぞいらしてくださいました。
 ご依頼したいことは、この土地に適した農作物の調達です。
 現在、栽培している主要な作物は、パンプキンの近縁種・・・・・・。
 元から浮島に自生していた品種を、どうにか栽培化し、
 作物として活用することに成功しました。
 しかし、雲海は風属性のエーテルが濃い地域・・・・・・。
 クルザスの土壌と比較すると、土属性のエーテルが弱く、
 人が食するに足る栄養価を持った作物が育たないのです。
 パンプキン以外で、なんとか畑に根付いたのは、
 あちらにたくさん植わっている、ギサールの野菜だけ・・・・・・。
 それも、不思議なことに、クルザス原産種ではないんです。
 物は試しと、ロアトゥロアンに頼んで、
 グリダニアの園芸師ギルドから取り寄せた品種なんですよ。
 ・・・・・・ですが、ギサールの野菜は、あくまでチョコボの飼料。
 浮島という土地柄、物資の支援は乏しく、
 駐屯部隊である「薔薇騎兵団」の食糧事情は深刻。
 補給が遅れれば、ギサールの野菜を食わねばならぬ有様・・・・・・。
 どうにか対処したいのですが、何を重視して作物を選ぶべきか、
 助言を願えたらと思いまして・・・・・・。」
(何を重視すべき?)
(寒冷地への適応力)
バジール
「なるほど、まずは寒冷地への適応力のみを考えよと。
 寒さに強いと言えば・・・・・・オニオンあたりですな。」
(高地への適応力)
バジール
「やはり、標高が問題というご意見ですか。
 となると、標高の高い地域に自生する品種にかぎられますな。」
バジール
「はっ、そういえば・・・・・・!
 高地ドラヴァニアで、オニオンの球根に似た植物を見たという話を、
 猟師の方から聞いたことがあります!
 食することができれば、調理の幅も広がりますし、
 高地に原生している種なら、この地にも根付く可能性は高い。
 この「サイクロプスオニオンHQ」を10個ほど探してくれませんか?」
高地ドラヴァニアでサイクロプスオニオンHQを草刈
キャンプ・クラウドトップのバジールにサイクロプスオニオンHQを納品
バジール
「高地ドラヴァニアに生息しているという、
 「サイクロプスオニオンHQ」を10個ほど探してくれませんか?」
(サイクロプスオニオンHQを渡す)
バジール
「ありがとうございます、なんとも大粒な品種ですね!
 さっそく、実験畑で栽培を試みてみます!」
ムジ・ミュリラー
「えっ、ここに畑を作るんじゃないんですか?」
バジール
「サイクロプスオニオンHQが、隣接する畑や周辺の植生に、
 悪影響をあたえないともかぎりません。
 まずは、隔離しながら慎重に試してみる必要があります。
 食事情を改善するのも大事ですが、
 焦って、この土地の環境を壊してしまっては、
 元も子もありませんからね。」
ムジ・ミュリラー
「なるほど、なるほど・・・・・・。
 開拓には、慎重さも肝心なのですね!
 よーし! 取材結果をまとめて、グリダニアに送らないと!
 わたしは一足先にイシュガルドに戻ります。
 「エーテライト・プラザ」で待ってますね~!」
バジール
「依頼のときには、また「エーテライト・プラザ」を訪ねます。
 しかし、彼女は本当に元気ですね・・・・・・。」
イシュガルドのムジ・ミュリラーと話す
ムジ・ミュリラー
「連載第一回ですが、無事に週刊レイヴンに採用されそうです!
 概要を編集長に伝えてみたのですが、
 と~っても好評でした!
 あ、もちろん、詳しい場所については秘密ですよ。
 曲がりなりにもイシュガルドの軍事拠点ですからね。
 バジールさんの名前も、しっかり匿名にしてありますっ!
 「・・・・・・かくして、彼の地での品種適応に伴う技術的困難は、
  ひとりの園芸師の才覚によって、事実上克服された」
 「開拓地にもたらされたサイクロプスオニオンHQが、
  雲上の畑を覆う日は近いだろう・・・・・・」
 ・・・・・・連載第一回の締めは、こんな感じですっ!
 ・・・・・・まだ、克服はされてないぞ、って顔ですね?
 大丈夫ですっ、ちゃんと「事実上」って書いてあります。
 あなたが採ってきた球根なら間違いありませんって!
 私はここで、引き続きバジールさんの依頼を待ちますので、
 また、よろしくお願いします~!」