イシュガルドのモブハント(初級)

イシュガルドのモブハント

  • 依頼主 :エティエーヌ(イシュガルド:下層 X12-Y11)
  • 受注条件:レベル53~
  • 概要  :忘れられた騎士亭のエティエーヌは、冒険者に興味があるようだ。

エティエーヌ
「フォフォフォ・・・・・・。
 お主、名うての冒険者とお見受けする。
 ワシらは「クラン・セントリオ」。
 ここイシュガルドを拠点に、活動する一種の傭兵団じゃ。
 お主は、「モブ」を知っておるな?
 エオルゼア都市軍事同盟が指定した脅威のことじゃ。
 あの制度に倣い、ワシらも独自に「モブ」を指定しておってな。
 どうじゃろう、お主も「モブハント」に参加してみんか?
 興味があるなら、階下におる「アルドラン」に、
 話を聞いてみるといい。」
アルドランと話す
(クエスト進行前)
アルドラン
「ほう、外から来た冒険者とは珍しいな。
 俺も異邦人なもんで、お仲間が増えるのは歓迎だぜ?」
アルドラン
「何だい、あんたは?
 ・・・・・・俺に何か用でも?
 ほう、あのエティエーヌに見込まれるとはな。
 そういうことなら、説明しようか。
 俺たちは「クラン・セントリオ」。
 ローダストっていう名のイシュガルド貴族の下に集った、
 魔物退治を生業にしてる傭兵の集まりさ。
 所属するクラン員は、出身も種族もてんでバラバラ。
 かくいう俺も、あんたと同じでイシュガルド人じゃあない。
 腕に覚えがあるなら、ウチの準クラン員にならないか?
 なに、俺たちが請け負った魔物退治の仕事・・・・・・
 つまり「モブハント」を成功させれば、報酬は支払うからよ。
 そんで、あんたの名は?
 ・・・・・・Nikuqだな。
 それじゃあ、準クラン員として登録しておこう。
 請け負ったモブハントの依頼は、
 酒場の表にある「セントリオボード」に、随時掲示していく。
 まぁ、最初は比較的簡単な「初級」に挑戦するといいさ。」
セントリオボードを調べる
これが「セントリオボード」のようだ。
討伐対象「モブ」の手配書が掲示されている・・・・・・。
まずは、「初級」から挑戦していこう。
アルドラン
「Nikuqか。
 どうやらモブに狩られず、生き延びてるようだな。
 ・・・・・・で、今日は何の用なんだ?」
(どうする?)
(セントリオ記章の取引(上級))
アルドラン
「すまないが、こっちの取引はまだナシだ。
 ・・・・・・そうだな、もっと腕を磨いてからにしてくれ。」
(話を聞く)
(何を聞く?)
(モブについて)
アルドラン
「俺たち「クラン・セントリオ」に入った討伐依頼の対象を、
 「モブハント」制度にあやかって「モブ」と呼んでる。
 外の「セントリオボード」に「手配書」を貼り付けてるから、
 気が向いたら、引っぺがして狩ってきてくれ。
 あぁ、それから・・・・・・同盟の「モブハント」と違って、
 「クラン・モブ手配書」は、三種類あるから注意してくれ。
 難易度に応じて「初級」「中級」「上級」と分けているのさ。」
(「クラン・セントリオ」について)
アルドラン
「俺たちは「クラン・セントリオ」。
 ローダストっていう名のイシュガルド貴族の下に集った、
 魔物退治を生業にしてる傭兵の集まりさ。
 所属するクラン員は、出身も種族もてんでバラバラ。
 かくいう俺も、あんたと同じでイシュガルド人じゃあない。
 クランに入った討伐依頼を分配して、
 クラン員が各々、モブハントに挑んでいる。
 せっかく仲間になったんだ・・・・・・よろしく頼むぜ?」