雲海より現れしもの

雲海より現れしもの

  • 依頼主 :オノロワ(アバラシア雲海 X23-Y33)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ヴール・シアンシランのオノロワは、辺りを気にしているようだ。

オノロワ
「それにしても、エマネラン様は遅いですね・・・・・・。
 まだ、水場の方におられるのでしょうか。
 ちょっと心配なので、いっしょに探してくれませんか?
 後ほど、ここで合流しましょう。
 それでは、よろしくお願いしますです、はい。」
指定地点で見渡す
エマネランの姿は見当たらない・・・・・・。
2箇所目の指定地点で見渡す
オノロワ
「た、大変です、Niuniu様!
 エ、エマネラン様が大変なんです・・・・・・!!
 たくさんのバヌバヌ族に取り囲まれて、
 彼らの集落に連れ去られてしまったのです、はい!
 と、とにかく、一緒に来てください!」
オノロワと話す
オノロワ
「く、暗くなるまで様子をみたのはいいですが、
 バヌバヌ族が動く気配はありませんね・・・・・・。
 それどころか、見てください・・・・・・番兵が警戒しています。
 Niuniu様・・・・・・
 僕は、ローズハウスに戻って、
 ラニエット様に救援を要請してきますです、はい。
 助けが来るまでの間に、
 もし、この夜陰に紛れて忍び込めるチャンスがあったら・・・・・・
 どうか、エマネラン様を助けてあげてください!
 あんな方ですが、僕みたいな従者にも優しくしてくれる、
 こ、心根の優しい方なんです、はい。
 どうか、よろしくお願いします!」
エマネランを救出せよ!
(ランライ・グンド
「ヒトだ、ヒトの襲撃だ!」
「バヌバヌ戦う!
 誉れのために!」)
風流のエマネラン
「か、勘弁してくれぇ・・・・・・。
 俺なんか喰っても、美味くないって!」
「Nikuq!
 こっちだ、早く助けてくれよ!」
長老ホヌバヌ
「偉大なるブンドに逆らう愚か者め!
 バヌバヌの勇士たちよ、奴らを雲に沈めるのだ!」
(風流のエマネラン
「た、助かったぜ・・・」
「に、逃げるが勝ちってな!」)
エマネランを護衛しつつ脱出せよ!
長老ホヌバヌ
「なんと、なんと、ゲイラキャットよりアホウな生贄が、
 逃げだそうとしておるではないか! 者共であえであえ!」
(風流のエマネラン
「ひ、ひぃ・・・やめてくれ!」
「死にたくねぇよぉ・・・」)
銀剣のオルシュファン
「助けに来たぞ、Nikuq!」
風流のエマネラン
「オ、オルシュファン!
 オマエも来てくれたのか! 恩に着るぜぇ!」
銀剣のオルシュファン
「ここは、私が引き受ける!
 エマネランの護衛を頼むッ!」
(フォルタン家の騎兵
「ご無事でしたか!
 どうぞ、こちらへ!」)
(失敗時)
風流のエマネラン
「マ、マジかよ・・・・・・なんで・・・・・・俺が・・・・・・。」
銀剣のオルシュファン
「なんと、我が盾を凌駕するというのか・・・・・・。」
オルシュファン
「くっ、また増援か!?」
長老ホヌバヌ
「バヌバヌ治める偉大なブンドの長、このホヌバヌは、
 沸き立つ雲のように怒りに満ちている!
 ホヌバヌを怒らせる、地の底を歩く者たちは、
 泡立つ雲の神に捧げなければならない~!
 ・・・・・・来たりませ、白き神!
 おぉぉ、白き神! 白き神!
 大いなる雲神「ビスマルク」・・・・・・!」
オルシュファン
「なっ、雲神・・・・・・だと?
 新たなる蛮神だというのか!?
 ・・・・・・確かに、ここは逃げるが勝ちか!
 くっ・・・・・・!」
シド
「まったく、何がどうなってやがるんだ!?
 ええい、突っ込むぞ!」
ビッグスとウェッジ
「りょ、りょうかい!」
シド
「急げ、離脱する!」
シドと話す
エマネラン
「・・・・・・・・・・・・ビ、ビビってなんかねぇからな?
 ましてや、チビってるわけでもねぇ! 本当だぞ!?」
オルシュファン
「お前が無事でよかったぞ、友よ。
 今はただ、生きている喜びを分かち合おうではないか!」
オノロワ
「ありがとうございます、ありがとうございます!
 エマネラン様を助け出してくださって・・・・・・
 ほ、本当に嬉しいです、はい!」
シド
「やれやれ、どうなる事かと思ったが、無事で何よりだぜ。
 おっと、礼なんてよしてくれよ。
 俺たちは仲間だろ?
 実は、イシュガルド教皇庁から、
 飛空艇技術の顧問を頼まれてな。
 連中が作った大型飛空艇「プロテクトゥール号」の、
 問題を解決する手伝いのために来たんだ。
 そうしたら、お前も来てるっていうじゃないか。
 オマケに、お前の仲間が獣人に捕まったと聞いてな。
 慌てて、エンタープライズに飛び乗ったってわけさ!
 さてと、俺は大型飛空艇とやらの様子を見てくるとするかな。
 少しは仕事をして社に金を入れろって、
 部下に怒られてるんだ・・・・・・。」
オルシュファン
「しかし、エマネランの脳天気ぶりには、
 あきれ果てて物も言えん・・・・・・。」