湧水のクリスタル

湧水のクリスタル

  • 依頼主 :マリエル(アバラシア雲海 X15-Y37)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ローズハウスのマリエルは、心配そうな様子だ。

マリエル
「エマネラン様が、派手な任務をお求め・・・・・・ですか。
 きっと、ラニエット隊長がお困りになられているでしょう。
 お手数ですが、「ラニエット」隊長のところに行って、
 様子を見て来ていただけませんか?
 私の方のお手伝いは、もう結構ですから・・・・・・。」
ラニエットと話す
エマネラン
「なぁなぁ、オレの華麗な剣さばき、見たいだろ?
 ラニエットがどうしてもって言うなら、
 パヌパヌの村ひとつ、ツブしてきたっていいんだぜ?」
オノロワ
「ああ、僕はどうしたら・・・・・・。
 この流れ、物凄く悪い予感がするんです、はい。」
ラニエット
「ああ、Niuniu殿、いいところに。
 エマネランが、派手な任務をよこせと押しかけて来て・・・・・・
 ・・・・・・なに、貴公が「活を入れ」たのが原因だと?
 ・・・・・・やれやれ、仕方あるまい。
 適当な任務でもさせて、なだめるとするか・・・・・・。
 貴公も手伝ってくれるか?
 この地では、水を確保することが第一に求められる。
 浮島の大地に穴を掘ったところで、井戸は作れんからな。
 だが、「湧水のクリスタル」があれば、それが叶う。
 北東の「ヴール・シアンシラン」にある、
 「湧水のクリスタル」には、水を湧き出させる力があるのだ。
 エマネランを連れて、これを採取してきてもらいたい。
 バヌバヌ族の支配地域に近い場所なので、気を付けてな。
 貴公にバカの子守をさせるのは忍びないが、
 どうか、よろしく頼む・・・・・・。」
エマネランと話す
エマネラン
「なになに、ラニエットからの任務だって?
 だから、なんでオマエからの伝言なんだよ!
 ・・・・・・で、何をしろっての?」
(どう伝える?)
(答えない)
エマネラン
「・・・・・・なんだよ、任務はまだなのか?」
(水源の確保という重要な任務だ)
エマネラン
「え、まじで、重要任務!?
 やっぱりオレ様、信頼されてんだな!
 よし、さっそく出発しようぜ!」
(水源の確保に行くから着いてこい)
エマネラン
「え、まじで、一緒に来てくれんの?
 てっきり、ひとりで行かされるのかと思った・・・・・・。
 楽ができるぜ~。」
ヴール・シアンシランのエマネランと話す
オノロワ
「浮島にこんな水場があるなんて驚きです、はい。」
エマネラン
「ここが「ヴール・シアンシラン」だな?
 なるほど、でっけー水溜りだ。
 しっかし、バヌバヌ族の姿はどこにもないな、つまんねーの・・・・・・。
 そうだ、相棒!
 どっちがでっかい湧水のクリスタルを、
 手に入れてこれるか競争しようぜ!
 審判は、オノロワがやってくれ!
 「湧水のクリスタル」を手に入れて、「オノロワ」に渡すんだ。
 んじゃ、競争開始!」
オノロワ
「エマネラン様ったら、もう・・・・・・。」
湧水のクリスタルを入手
このクリスタルからは、さほど水が湧き出していない。
水属性の力が弱すぎるようだ・・・・・・。
泉のようにクリスタルから、水が湧き出している!
強い水属性の力を帯びているようだ・・・・・・。」
オノロワに湧水のクリスタルを渡す
オノロワ
「Niuniu様。
 「湧水のクリスタル」は、見つかりましたか?」
(湧水のクリスタルを渡す)
オノロワ
「これが「湧水のクリスタル」ですか・・・・・・。
 水属性の力の作用で、空気中の水分を水に変換するのですね。
 なるほど、これはすごいです、はい。」
  湧水のクリスタル:強い水属性の力を帯びたクリスタル。水が湧き出している