マリエルの憂鬱

マリエルの憂鬱

  • 依頼主 :マリエル(アバラシア雲海 X15-Y37)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ローズハウスのマリエルは、頼れる冒険者に相談があるようだ。

マリエル
「ところで、Nikuqさんも、
 気付いているのではありませんか?
 私たちの部隊の士気が低いことに・・・・・・。
 ここクラウドトップは、僻地中の僻地です。
 これまで一度も、ドラゴン族が現れたことはありませんから、
 武勲の立てようもありません。
 自慢の「プロテクトゥール号」も故障してばかりで、
 皇都が襲われようとも、まともに戦えないでしょう。
 つまり、ここは「左遷の地」なんです。
 教皇庁からは、戦果を期待されていませんし、
 出世の望みもないとあって、兵のやる気は下がる一方・・・・・・。
 Nikuqさん。
 どうか、見張りに立っている兵たちを見回り、
 サボっているようなら、「活を入れ」てくれませんか?」
サボっている見張りに「活を入れる」をする
エマネラン
「なんだ、Nikuqか・・・・・・。
 オレ様のために、手柄をたててくれたのか?
 まだなら、とっとと頼むぜ・・・・・・オレもヒマじゃないんだ。」
(活を入れる)
エマネラン
「な、なんだ、何事だ!?
 敵襲なのかあああああああっ!?
 ・・・・・・あ、うん、わかってた、敵なんて来てないこと。
 あのさ、思うんだよね・・・・・・オレ、やっぱ見張り向いてないわ。
 こういう地味なの、オレに似合わないんだよね。
 オマエが「活を入れ」てくれたお陰で、気付かされたよ。
 やっぱ、ラニエットに頼んでくることにするわ。
 オレ向きの派手な任務をくれってさ!」
アインハルト家の騎兵
「ふあぁっ・・・・・・眠くてしかたないよ・・・・・・。
 誰かに「活を入れ」られないと、眠っちゃうかも・・・・・・。」
(「活を入れる」以外のエモートをした場合)
アインハルト家の騎兵
「ふあぁっ・・・・・・本当に眠くてしかたない・・・・・・。
 ・・・・・・で、何か用でもあるのかい?」
(活を入れる)
アインハルト家の騎兵
「うわっと、何事だ!?
 なんだよ、もう、びっくりするじゃないか!
 でもまぁ、お陰で眠気も覚めたよ。
 交代の時間までまだあるし、少しは気合いを入れないとね。」
アインハルト家の騎兵
「なんだい、そんなに身構えちゃってさ。
 僕に「活を入れ」ようとでもいうのかい?」
(「活を入れる」以外のエモートをした場合)
アインハルト家の騎兵
「なんだい、そんなことやって・・・・・・。
 僕をからかってるのかい?」
(活を入れる)
アインハルト家の騎兵
「なんだい、藪から棒に?
 僕はマジメに巡回中さ。
 ・・・・・・だって、最前線に送られたくないからね。
 「左遷の地」で大いに結構!
 出世よりも、身の安全が大切なのさ。」
マリエルに報告
マリエル
「ありがとうございます。
 歴戦のNikuqさんの「活」・・・・・・
 きっと兵たちの心に響いたはずですよ。
 えっ・・・・・・エマネラン様には逆効果だった?
 そそそ、そういうこともありますよね・・・・・・あ、あはは・・・・・・。」