雲海の騎兵と届かぬ熱意

雲海の騎兵と届かぬ熱意

  • 依頼主 :ギルドン(アバラシア雲海 X15-Y39)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ローズハウスのギルドンは、冒険者の力を見込んで、頼みたいことがあるようだ。

ギルドン
「もしや、あなたがフォルタン家の御客人か!?
 自分の名は、ギルドン!
 あなたの力を見込んで、お願いしたいことがあ~る!
 当地は、はっきり言ってしまえば左遷の地!
 兵の士気も相応に低く、だらけきってい~る!
 栄光あるアインハルト家の騎兵が、
 その素晴らしい力を、ただ腐らせるだけとは嘆かわしい!
 自分は兵の士気をあげ、この地を生まれ変わらせたいの~だ!
 そこで、自分は貧相な食事の改善を考えた!
 食事と士気には、密接な関係があるといわれている!
 つまり、美味い物を食わせれば、士気も上がるはずであ~る!
 しか~し!
 自分が補給係の「ファブルレー」殿に改善を頼んでも、
 一向に取りあってくれないの~だ!
 あなたから、食事の重要性について説得願えまいか!
 歴戦の強者であるあなたの言葉なら、彼も受け入れるはず!
 さあ、頼んだであ~る!」
ギルドン
「あなたから、食事の重要性について説得願えまいか!
 歴戦の強者であるあなたの言葉なら、彼も受け入れるはず!
 さあ、頼んだ~ぞ!」
ファブルレーと話す
ファブルレー
「・・・・・・はあ? 食事の素晴らしさだって?
 お前さん、ギルドンの奴に吹きこまれたな。
 飛空艇で物資を輸送するのは、金がかかるんだ。
 生鮮食品を、その都度運んでいたんじゃ、
 いくら金があっても足りないぞ!
 不味い保存食が嫌なら、自分で食料を調達してくれ。
 目端の利く奴は、とっくにそうしている。
 ・・・・・・大飯喰らいのギルドンのことだ、
 どうせ配給の飯じゃ足りず、小腹が減っているだけだろうよ。
 だが、貴重な備蓄を分けあたえるわけにはいかなくてね。
 悪いんだが、「クラウドトップ」に生えている、
 「クラウドマッシュルーム」を採って、ギルドンに渡してくれないか?
 それであいつも、おとなしくなるはずさ。」
ギルドンにクラウドマッシュルームを渡す
ギルドン
「どうだ、ファブルレー殿は説得できた~か!?」
(クラウドマッシュルームを渡す)
ギルドン
「これは・・・・・・クラウドマッシュルーム?
 身がまるまるとしていて、とても美味そうな逸品!
 ・・・・・・しかし、なぜこれ~を!?
 う、うぬ~っ!
 自分は真面目にこの地の未来を憂いているのに、
 それを「空腹による八つ当たり」だと思われているの~か!
 まぁ・・・・・・確かに腹は減っていたのでキノコはいただこう!
 しかし、ファブルレー殿は頼りにならんとわかった!
 別の手を考えなくてはなら~ん!
 うむ、このキノコ、焼こうかな、蒸そうかな・・・・・・。
 って、その手を考えるのでは、な~い!!」
ギルドン
「これはこれは、御客人!
 自分はただいま、歩哨任務中である!
 申し訳ないが、用件ならまた後にしてほしいのであ~る!」
ファブルレー
「ここにくる補給品は少なくて、やりくりが大変なんだ。
 けど、それをわかってくれる奴ばかりでもなくてな。
 まったく、大食らいのギルドンめ・・・・・・。」
  クラウドマッシュルーム:クラウドトップに自生する怪しいキノコ