困ったヤツのあしらい方

困ったヤツのあしらい方

  • 依頼主 :ラニエット(アバラシア雲海 X17-Y37)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ローズハウスのラニエットは、仕事に取り掛かる前に頼みたいことがあるようだ。

ラニエット
「さっそく、ひと仕事頼みたいのだが・・・・・・
 その前に、エマネランのバカをどうにかしておかねばならん。
 エドモン様に、奴をこき使ってくれと頼まれたものの、
 この地は、まだまだ未開部分も多い。
 ヘタに任務に出すと、何をしでかすかわからんからな。
 「エマネラン」に、雲海の見張りを頼むと伝えてくれないか?
 それから、従者の「オノロワ」には、
 主人の手綱をしっかり握っておくよう、釘を刺しておいてほしい。」
ラニエット
「やれやれ、エマネランを押しつけられるとは、
 貴公には同情を禁じ得ないぞ・・・・・・。
 大変だとは思うが、どうかこらえてくれ・・・・・・。」
オノロワ
「な、何だか頭痛がしてきました。
 これは空気が薄いせい・・・・・・ではないですね、はい。」
エマネランと話す
エマネラン
「なになに、ラニエットからの依頼だって?
 なんでオマエからの伝言なんだよ・・・・・・。
 すぐ側にいるんだから、直接言えっての!
 まぁ、オレ様を目の前にテレてるんだろう。
 ムフフフ、仕方のないやつだな。
 ・・・・・・で、何をしろっての?」
(どう伝える?)
(答えない)
エマネラン
「・・・・・・なんだよ、任務はまだなのか?」
(雲海の監視という重要任務だ)
エマネラン
「え、まじで、重要任務!?
 さっすがオレ様、信頼されてんだな!
 よし、バッチシ見張ってやるからよ!」
(雲海を適当に見張るという任務だ)
エマネラン
「え、まじで、そんなんでいいの?
 てっきり、最前線で戦わされるのかと思った・・・・・・。
 楽ができるぜ~!」
オノロワと話す
オノロワ
「Niuniu様。
 ご挨拶が遅れました、僕はオノロワといいます。
 エマネラン様の従者をやっております、はい。
 ・・・・・・え!?
 エマネラン様に、雲海の監視を命じたから、
 しっかり見張っておくように、ですって?
 わ、わかりました。
 サボらないように、しっかり見張っておきます、はい。」
ラニエットに報告
ラニエット
「面倒な役割を押しつけてすまないが、助かったよ。
 我がアインハルト家とフォルタン家は、古くからの盟友・・・・・・。
 あんな奴でも、斬って捨てることはできんのだ。
 しかし、聞き耳を立てていたのだが、
 貴公は、エマネランのあしらい方が上手いな・・・・・・。
 きっと方々で、面倒くさい連中の相手をしてきたのだろう?
 なんとなくだが、わかる気がするぞ。」
エマネラン
「なんだよ、ドラゴン族なんて、どこにもいねぇじゃん。
 見張りって必要なわけ?」
オノロワ
「エ、エマネラン様・・・・・・。
 見張りは、僕がしておきますから、
 絶対にフラフラ出歩かないでくださいね?」