お爺ちゃんの忘れ物

お爺ちゃんの忘れ物

  • 依頼主 :インガレット(クルザス西部高地 X32-Y35)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ファルコンネストのインガレットは、思い出の品を探しているようだ。

インガレット
「はぁ、どうしよ・・・・・・困ったな・・・・・・。
 魔物に見つかったらひとりで戦うなんて無茶だし・・・・・・。
 ・・・・・・あ、冒険者さん!
 実は、お爺ちゃんの思い出の品を探しに来たのですが・・・・・・。
 目的の場所が、かなり離れた場所にあるようなんです。
 とても、私だけでは行けそうにもなくて・・・・・・。
 も、もしよければ、「キャンプ・リバーズミート」付近で、
 お爺ちゃんの・・・・・・「ヘミングの荷袋」を、
 探してきてもらえませんか?」
イングレットにヘミングの荷袋を渡す
インガレット
「も、もしよければ、「キャンプ・リバーズミート」付近で、
 お爺ちゃんの・・・・・・「ヘミングの荷袋」を、
 探してきてもらえませんか?」
(ヘミングの荷袋を渡す)
インガレット
「も、もう探してきてくれたんですか!?
 ありがとうございます!
 ・・・・・・この荷袋は、ヘミングお爺ちゃんが、
 船渡しとして現役だったころ、使っていた物なんです。
 今は、イシュガルドで寝たきりですけどね・・・・・・。
 もう河が凍ってしまって、
 船で渡す必要もなくなっちゃったんですが、
 これを見れば、昔を思い出して元気になると思うんです。」
  ヘミングの荷袋:インガレットの祖父、ヘミングの荷袋