哨戒部隊を捜索せよ!

哨戒部隊を捜索せよ

  • 依頼主 :レッドワルド(クルザス西部高地 X32-Y38)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ファルコンネストのレッドワルドは、冒険者に事の次第を報告したいようだ。

レッドワルド
「ふむ、目つきが変わったな・・・・・・。
 さすがに場慣れしておられるようだ。
 そう、のっぴきならぬ事態が発生した。
 北方に、ふたつの川が合流する様から、
 「リバーズミート」と呼ばれる一帯があるのだが・・・・・・。
 そちらに向かった哨戒部隊との通信が途絶したのだ。
 件の部隊の目的は、異端者のアジトの捜索。
 異端者の襲撃か、遭難事故か・・・・・・現時点ではわからないが、
 極寒の西部高地では、小さなトラブルが命取りになりかねない。
 我々と協力し、消えた部隊の行方を捜してもらいたい。
 捜索範囲は広範に及ぶため、それぞれ分担しよう。
 貴公らの担当箇所は地図に記しておく・・・・・・頼んだぞ!」
レッドワルド
「貴公らの担当箇所は「キャンプ・リバーズミート」の周辺だ。
 現地の地理については、アルトアレール卿が詳しいはず。
 彼の指示に従い、辺りを捜索してもらいたい。」
アルトアレールと話す
アルトアレール
「・・・・・・ふむ、地図を見るかぎり、
 我らの担当は、「キャンプ・リバーズミート」周辺のようだな。
 霊災前までは、イシュガルドの騎兵団が駐屯する、
 ちょっとした拠点があった場所だ。
 二重遭難だけは避けねばならん。
 お互い連携しながら、消えた部隊を探すとしよう。
 では、私の後に続いてくれ・・・・・・出発だ!」
アルトアレールと話して消えた哨戒部隊を探す
アルトアレール
「崖下に、いくつかの天幕があるのが見えるだろうか?
 あそこが我々が捜索を担当する場所・・・・・・
 「キャンプ・リバーズミート」だ。
 おっと、崖を飛び降りようなどと思うなよ。
 落ちて怪我をしたところを、魔物にでも襲われたら大事だ。
 まずは東にある坂道に回り込み、崖下に降りよう。」
アルトアレールと話して消えた哨戒部隊をさらに探す
アルトアレール
「・・・・・・ふむ、この辺りに、哨戒部隊の連中は見られないな。
 このまま「キャンプ・リバーズミート」を目指そう。
 さきほど見たとおり、キャンプには物陰が多い。
 待ち伏せにはもってこいの場所だということだな・・・・・・。
 十分に警戒しながら、「哨戒部隊の騎兵」を探すのだ。」
哨戒部隊の騎兵を探し、襲撃者が現れたら討伐
アルトアレール
「・・・・・・よし、慎重に「哨戒部隊の騎兵」を探そう。
 キャンプの奥に進むときは、奇襲に気をつけてくれよ。」
(異端者らしき男
「救援か、排除する!」)
哨戒部隊の騎兵を救助する
アルトアレール
「Niuniu殿、大丈夫か!
 こちらも異端者の奇襲を受けてな。
 ・・・・・・まさか、こうも広く展開していたとは。」
哨戒部隊の騎兵
「・・・・・・はぁはぁ・・・・・・た、助かったのか・・・・・・。
 い、命拾いしました・・・・・・ありがとうございます・・・・・・。」
アルトアレール
「流石は、Niuniu殿。
 異端者を軽々と撃退し、騎兵も救うとは。
 ・・・・・・しかし、生存者は君だけなのか?
 いったい何が起こったというのだ。」
哨戒部隊の騎兵
「哨戒任務中に風雪が強くなり・・・・・・
 視界が悪くなったところを、異端者たちに襲われました・・・・・・。
 何人かを斬り倒したものの、
 混乱の中で私たちの部隊は散り散りに・・・・・・。
 はぐれた私は、どうにかここまで来たのですが・・・・・・。」
アルトアレール
「異端者どもに追いつかれたか・・・・・・。」
哨戒部隊の騎兵
「はい・・・・・・足跡を追われたようでした・・・・・・。
 うぅ・・・・・・どうか、どうか・・・・・・
 異端者どものアジトを見つけ、散っていった仲間たちの仇を・・・・・・。」
アルトアレール
「・・・・・・その気持ちはわかる。
 だが今は、自分が生き残ることだけを考えろ。
 生きていてこそ、復讐戦の機会も掴めるというものだ。」
哨戒部隊の騎兵
「うぅ・・・・・・異端者どもめ・・・・・・。」