連載準備回「雲海から届いた依頼」

連載準備回「雲海から届いた依頼」

  • 依頼主 :フフチャ(グリダニア:旧市街 X6-Y7)
  • 受注条件:園芸師レベル50~
  • 概要  :園芸師ギルドのフフチャは冒険者を歓迎しているようだ。

フフチャ
「Nikuq、いつもお世話さまです。
 あなたに感化されて、私も、森との共生について、
 いろいろと思索をめぐらすように・・・・・・って、おや?」
????
「フフチャさ~ん! お久しぶりで~す!
 例の件、考えていただけましたでしょうかっ?」
活発な女性
「おおっと、先客とは失礼しました!
 その出で立ち・・・・・・あなたも園芸師さんですか?」
フフチャ
「また、あなたですか・・・・・・答えは変わりません。
 あなたの取材に応えられる園芸師はいませんよ。」
活発な女性
「仕事の合間にでも、取材を受けてくだされば結構です!
 希望に合う園芸師さんは、いないとのことですが・・・・・・
 こちらの冒険者さんなんて、かなり腕利きの雰囲気ですよ?」
フフチャ
「Nikuqのことですか!?
 確かに園芸師としての腕前は申し分なしですが・・・・・・ふむ・・・・・・。
 こちらは、週刊レイヴンの記者、ムジ・ミュリラーさん。
 なんでも、新たな連載企画として、
 私たち園芸師のことを取材したいそうなのです。
 ただし、主だった園芸師は、日々の仕事に追われるばかり。
 長期的な大仕事に取り組める方を探しているそうなんですが、
 たしかに、Nikuqなら・・・・・・!」
ムジ・ミュリラー
「おおお~! ついに救世主の登場です!
 となると、あとは題材を決めるだけですねっ!」
フフチャ
「そのことなんですが・・・・・・
 実はクルザス中央高地に住む、ロアトゥロアンという園芸師から、
 人をよこしてほしいという頼みが来ているのです。
 「イシュガルド在住の友人に、力をお貸しください」と・・・・・・。
 あちらでは、高地の開拓を進めているようなのですが、
 よい野菜が根づかず、苦労しているようなのです。」
ムジ・ミュリラー
「開拓計画とは素晴らしい・・・・・・!
 「未開の地で奮闘する異邦の園芸師」なんて、
 最高の見出しになりそう!
 これは、ナイスな記事が書けそうですっ!
 先に、その方のところへ行っていますね~!」
フフチャ
「やれやれ、気の早い方ですね・・・・・・。
 ともかく、彼女から話を聞いてもらえませんか?
 取材はともかく、よい経験になる仕事だと思うのです。
 私からも、一筆、紹介状を書いておきしょう。
 クルザス中央高地の「アートボルグ砦郡」にいる、
 「ロアトゥロアン」に、この書状を渡してください。」
アートボルグ砦群のロアトゥロアンにフフチャの書状を渡す
ムジ・ミュリラー
「も~、遅いですよ?
 待ちきれなくて、取材、始めちゃってますよ!」
ロアトゥロアン
「大体の話は、こちらの女性から聞きましたよ。
 というか、勝手にドンドンと話してきて・・・・・・。」
(フフチャの書状を渡す)
ロアトゥロアン
「・・・・・・おお、これはフフチャ様からの紹介状ですね。
 あなたの腕前は、私も存じておりますから、
 もちろん大歓迎ですよ。
 人をよこしてほしいと言ってきているのは、
 「アバラシア雲海」にて、浮島の開拓に従事する友人・・・・・・。
 つまり、はるか空の彼方に赴いての、長期の仕事になります。
 そこは、アインハルト家の騎兵団の拠点がありまして。
 将来的には、現地での自給自足体制を確立したいと、
 さまざまな作物の栽培を試しているようです。
 さて、さっそく友人に会っていただきたいのですが、
 ひとつ問題がありまして・・・・・・。
 排外的なお国柄のイシュガルドに、どう入国したものか。
 ・・・・・・なんと、フォルタン家の客人として招かれていると!
 でしたら、あなたの入国には問題なさそうですね!
 ですが、他国の記者も同行するのは、流石に無理かと・・・・・・。」
ムジ・ミュリラー
「心配無用です~、わたしの情熱は誰にも阻めません!
 どんな手を使っても、イシュガルドに入国してみせます!」
ロアトゥロアン
「は、はあ・・・・・・。
 まあ、あまり無理はなさらず・・・・・・。
 友人の園芸師「バジール」は、
 あなた方に会うため、イシュガルドに逗留しているはず。
 「エーテライト・プラザ」の付近で待っているそうです。」
ムジ・ミュリラー
「よーし、それではNikuqさん!
 イシュガルドの「エーテライト・プラザ」で落ち合いましょう!」
イシュガルドのムジ・ミュリラーと話す
バジール
「おお、ロアトゥロアンの言っていた園芸師の方ですか!
 いやはや、元気な従者さんをお連れですね・・・・・・。」
ムジ・ミュリラー
「も~、のんびり屋さんですねえ。
 依頼主さんも待ちくたびれてますよっ。
 ・・・・・・どうやって入国したか、ですって?
 いちおう、あなたの従者ってことになってます!
 文書のでっちあげは得意ですからっ!」
バジール
「あなたがNikuqさんですか・・・・・・。
 ずいぶん強引・・・・・・いえ、活動的な方がお供なんですね・・・・・・。
 私の任地である浮島では、飛空艇での物資輸送が頼りです。
 なんとか、自給自足体制を構築したいのですが・・・・・・
 栽培がうまくいかず、行き詰まっているんですよ。
 今後、Nikuqさんには、
 ご意見を伺ったり、私では採集の難しい作物の調達などを、
 お願いできたらと思っています。
 ひとまず本日は顔合わせということで・・・・・・。
 具体的に依頼したい事柄ができたら、
 こちらの方に、お伝えすればいいのですね?」
ムジ・ミュリラー
「はーい! というわけでNikuqさん!
 わたしは連絡係を務めさせていただきます!」
バジール
「本当にお元気な方ですね・・・・・・。
 では、何かありましたら、よろしくお願いします。」
ムジ・ミュリラー
「依頼に備えて、わたしはイシュガルドで待機します!
 冒険の合間で結構ですので、折を見て訪ねてくださいね!」
フフチャ
「開拓計画は順調ですか?
 あなたの園芸師の腕前があれば、きっと大丈夫ですよ。
 もし私の力が必要なら、遠慮なく言ってくださいね。」
(何を聞く?)
(近況について)
フフチャ
「Nikuqが取材を引き受けてくれてから、
 私も、週刊レイヴンに毎号目を通すようになりました。
 あなたの活躍を記事で目にすることがあれば、
 それは、私の励みにもなります。
 何せあなたは、私が目標にしている園芸師なのですから。
 あなたには、誰よりも凄腕の園芸師でいてほしいのです。
 うふふ、そう考えると、ムジ・ミュリラーさんが、
 取材相手に、あなたを選んだのも納得ですね。」
ロアトゥロアン
「浮島の開拓は順調でしょうか?
 バジールとは、若い時分に、
 園芸師としての腕前を、よく競いあったのですよ。
 彼が、浮島の開拓という重要な役職を担うと決まったときは、
 私も手を叩いて彼を祝福したものです・・・・・・。
 どうか、彼に協力してやってくださいませ。」
バジール
「おや、遠路はるばる、よくぞおいでくださいました。
 この浮島の様子を見にいらしたのですか?
 お願いしたいことがありましたら、
 ムジ・ミュリラーさんにお伝えしておきますね。
 今後とも、よろしくお願いいたします!」
  フフチャの書状:フフチャが書いたロアトゥロアン宛ての紹介状