給仕長のお願い

給仕長のお願い

  • 依頼主 :リングサス(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X10-Y8)
  • 受注条件:調理師レベル50~
  • 概要  :調理師ギルドのリングサスは、冒険者をある人に紹介したいようだ。

リングサス
「おう、Nikuq。
 相変わらず、精進を重ねてるようでなによりだ。
 だが、お前さんほどになると、頭打ちにもならないか?
 そんなときは、新たな挑戦をするにかぎるぜ。
 ・・・・・・実は、ある人にお前さんを紹介したくてな。
 「永遠の乙女亭」は知ってるよな。
 三大海賊のひとつで、女ばかりの海賊団・・・・・・
 「紅血聖女団」のシマとして有名な酒場だ。
 そこの給仕長から、ある仕事を頼みたいから、
 ギルドいちの凄腕を紹介してほしいって言われてよ・・・・・・。
 それが、今のお前さんにおあつらえ向きなんだ。
 詳しくは、「永遠の乙女亭」へ行って、
 給仕長の「メルココ」から聞いてくれよ。」
メルココと話す
(クエスト進行前)
メルココ
「いらっしゃいませ! ようこそ「永遠の乙女亭」へ。
 一般のお客様も歓迎してますよ~。
 どうか怖がらずに、寄ってってくださいな。」
ハ・マシャ・ティア
「何だお前は・・・・・・客か?
 だったら、乾き物でもつまんどけ。」
メルココ
「いらっしゃいませ! ご予約のお客様ですか?
 なんと、あなたが、Nikuqさん!?
 失礼しました、お噂はかねがね・・・・・・
 私は、ここで給仕長を務める、メルココと申します。
 あなたにお願いしたい仕事なのですが、
 腕自慢の調理師たちが腕を競う料理大会・・・・・・
 「デルモン・ドール」に、ぜひとも出場してほしいんです!
 ここの料理長を務める「ハ・マシャ・ティア」は、
 その大会の前回の優勝者なんですけれど・・・・・・。
 これが、胸クソわる・・・・・・いや、ヒドい男でして・・・・・・。
 一度、店内のハ・マシャと話してもらえますか?
 すぐに、おわかりいただけると思います・・・・・・。」
ハ・マシャ・ティアと話す
ハ・マシャ・ティア
「何だお前は・・・・・・客か?
 だったら、乾き物でもつまんどけ。
 ・・・・・・聖女団か、予約客以外に、俺が料理を作ることはない。
 俺は、「デルモン・ドール」に向けて、
 優勝式辞の練習で忙しいんだ。
 連続優勝ともなると、それ相応の演出が必要だろう?
 余裕で不敵に振る舞うか、それとも感動して泣くか、
 どっちが、よりクールか決めかねてるんだ。
 まてよ・・・・・・相手の実力不足にキレるのも、アリかもな・・・・・・。」
メルココに報告
メルココ
「・・・・・・どうです、話してみてわかりましたでしょ?
 あの野郎、今度の大会も優勝間違いなしって、
 思いっきり、タカをくくってやがるんです!
 おっと、いけない・・・・・・私ってば、はしたない言葉を。
 大変、失礼いたしました・・・・・・。
 悔しいことに、ハ・マシャの腕は確かです。
 元は聖女団の頭領、ローズウェン姐さんが、
 陸に上がった構成員をねぎらうために雇ったんですが・・・・・・。
 お手頃価格で本格料理を味わえると評判を呼んで、
 今では一般のお客様まで集まり、予約待ちの状態・・・・・・。
 ・・・・・・でも、あの野郎、調子こきやがって、
 客が気に入らねぇからと、途中で調理を投げ出したり、
 気分が乗らねぇとかでフケやがったり、やりたい放題でよ!
 あらやだ・・・・・・また、下品な言葉を・・・・・・。
 ごめんあそばせ・・・・・・。
 そこで、私がお願いしたいのは、
 あなたに「デルモン・ドール」に参加してもらい・・・・・・
 ハ・マシャを負かせて、ギャフンと言わせてもらいたいんです!
 あなたの腕なら、サボり野郎になんて勝ったも同然でしょう。
 大会までの間、何か動きがあったらお知らせしますから、
 ときどき、この「永遠の乙女亭」へ来てくださいね。」
メルココ
「どうも、Nikuqさん。
 大会に向けて、特に動きはありません。
 ハ・マシャの野郎がいつもどおりムカつくくらいです。
 あらいけない・・・・・・私ってば、また汚い言葉を。
 無作法をお詫びしますわ。」
リングサス
「おう、デルモン・ドールに向けて精進してるか?
 ギルドいちのお前さんなら、いい結果が出せるはずだ。
 何よりも、さらに腕を高める絶好の機会になるぜ。」
(何を聞く?)
(近況について)
リングサス
「それなんだが・・・・・・。
 実は最近、少しばかり客足が減っている。
 どうやら、「永遠の乙女亭」に流れてるようだ。
 そこの料理長「ハ・マシャ」の作る料理がよ、
 お手頃価格で本格料理を味わえると評判でな。
 一見したところ、浅薄に見えるハ・マシャだが、
 案外、只者じゃないようだぜ・・・・・・。」