壊れた漢


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

壊れた漢

  • 依頼主 :ハ・ナンザ(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X10-Y15)
  • 受注条件:甲冑師レベル50~
  • 概要  :甲冑師ギルドのハ・ナンザは、冒険者に依頼したいことがあるようだ。

ハ・ナンザ
「よう、Nikuq、達者だったかい?
 あんたに、頼みたいことがあってね・・・・・・。
 実は、ブランシュティルのことなんだ。
 勝負に負けてから、ギルドに近寄ろうとしなかったあいつが、
 ついさっき、珍しく顔を出したんだよ。
 そしたらあいつ「甲冑とは何かを知るため」とか言って、
 あろうことか・・・・・・自分で作った甲冑を着て、
 魔物と戦いに行こうとしているのさ。
 あいつはガタイこそ良いが、戦いはからっきしの素人だ。
 危ないから止めようとしたら、ケンカになる始末でね・・・・・・。
 だが、実力を認めたあんたの言葉なら、聞くかもしれない。
 すまないんだが、「ブランシュティル」に声をかけて、
 無謀なことは止めろと説得してやってくれないか?」
ブランシュティルと話す
ブランシュティル
「ふん、貴様か・・・・・・。
 どうせ、ハ・ナンザめの差し金であろう。
 ・・・・・・立ち止まらず、貴様は貴様の道を行けばいいものを。
 これが我の、鍛冶場を離れた末に出した答えなのだ。
 準備が出来次第、我は、魑魅魍魎が跋扈する場へ向かう。
 仮にそれで命を落としても・・・・・・我が甲冑人生に悔いなし!
 止めてくれるな好敵手よ・・・・・・。
 「ハ・ナンザ」にも伝えるがいい、これが我が道なのだとな!」
ハ・ナンザに報告
ハ・ナンザ
「・・・・・・やれやれ、あんたの言葉にも耳を貸さないなんてね。
 ひとりで考え込んで、変な方向に凝り固まっちまったか・・・・・・。
 あんたは職人としてだけでなく、戦いに関しても玄人だ。
 その実力を見込んで頼みたい。
 「ブランシュティル」は「眼鏡岩」の方へ向かうようだから、
 あんたにも密かに行ってもらって、戦いを見守り、
 いざとなったら助けてほしいのさ・・・・・・頼んだよ。」
眼鏡岩付近のブランシュティルと話す
ベナテール
「・・・・・・ケガはないかい?
 たまたま、僕たちが通りがかったからよかったけど、
 ろくに戦ったこともないのに、魔物に挑むなんて無茶だよ。
 でも、甲冑師としての熱意には、感心させられたね。
 今度、防具を頼んでみようかな・・・・・・。
 それじゃあ、気をつけて。」
ブランシュティル
「・・・・・・し、死ぬかと・・・・・・思った。
 我の至高の甲冑を纏ってきたが・・・・・・動きづらくて・・・・・・
 全くもって・・・・・・戦うことが・・・・・・できなかった・・・・・・。
 そして・・・・・・あの恐るべし魔物・・・・・・ラット!
 寄ってたかって、飛びかかってくるとは・・・・・・なんと卑怯な!
 しかし・・・・・・死を目前にした我は、開眼した・・・・・・!
 我はここで一度死んで、生まれ変わったのだ。
 よし、早速リムサ・ロミンサに戻って再出発としよう!
 ・・・・・・ところで、なぜ貴様はこんな所に現れるのだ?
 まあよい・・・・・・助力はいらんぞ、我はひとりで帰れるからな・・・・・・。」
甲冑師ギルドのハ・ナンザに報告
ブランシュティル
「ふん、どうせ貴様があの場に現れたのは、
 ハ・ナンザめの差し金であろう・・・・・・あの女、余計なことを。」
ハ・ナンザ
「・・・・・・そうかい、とりあえず無事でよかったよ。
 でもまだ、ひとりで事を成そうとしているようだね。
 そんなことでは、きっとすぐに壁にブチ当たるはずだ。
 尻拭いをさせるようで悪いが・・・・・・
 しばらくの間、ブランシュティルに付き合ってやってくれないか?
 ・・・・・・仕事を通じて、あいつを導いてほしい。
 人を導くことで、きっと、あんたも成長できるはずだ。
 「ブランシュティル」と話して、ともに働いてやっとくれよ。」
ブランシュティルと話す
ブランシュティル
「・・・・・・貴様か、無様なところを見せてしまったな。
 だが、あの戦いで我は痛感した・・・・・・いかに己が、
 甲冑を纏い戦う者達のことを考えていなかったかを。
 そんな我とともに、仕事を成そうと言うのか?
 貴様という女は、つくづくお人好しなのだな・・・・・・。
 ・・・・・・よかろう、だが、貴様に出番はない。
 我は猛省し、新たな職人道を歩むことにした。
 今後は、客の立場に立った甲冑作りを目指すのだ!
 迷いを乗り越え道筋を見つけた我に、助けなど無用であろう。」
ブランシュティル
「貴様か・・・・・・今は、仕事はない。
 ゆえに、こんなところで立ち止まる必要はない。」
ハ・ナンザ
「よう、ブランシュティルの奴を任せて、すまなかったね。
 あんたと仕事をすることで、変わってほしかったんだ。」
(何を聞く?)
(近況について)
ハ・ナンザ
「ブランシュティルが久々に顔を出してから、
 ギルド全体に、ピリッと張りつめた緊張感があるんだ。
 いや、それは、悪いことじゃないんだよ。
 みんな、以前よりも仕事にハリが出ているんだ。
 ああいう、偏屈な奴も必要ってことだろうね。
 ・・・・・・だからこそ、あいつには立ち直ってほしいのさ。」