終わり、そして始まり

終わり、そして始まり

  • 依頼主 :アダルベルタ(ウルダハ:ザル回廊 X10-Y14)
  • 受注条件:採掘師レベル50~
  • 概要  :採掘師ギルドのアダルベルタは、冒険者に興味深い仕事を紹介したいようだ。

アダルベルタ
「ねえ・・・・・・こんな仕事が入ったんだけど、キミは興味ない?
 はるか遠方、イシュガルドに雇われた傭兵団から、
 採掘の専門家をよこしてもらえないかって引き合いが来てるのよ。
 打診してきたのは、ウルダハ出身の隊長さんが率いる一隊でね。
 辺境に赴いての資源調査を、おもな任務としているらしいの。
 ウチで紹介できるのは、冒険者としての経験も豊富なキミだけ!
 めったに行けない秘地を探査する、またとない機会だけど・・・・・・
 同時に、命の危険が伴う仕事でもあるわ。
 受ける覚悟があるなら、「リネット」から身元保証書を受け取って!」
採掘師ギルドのリネットと話す
採掘師ギルド受付 リネット
「ついに、イシュガルドにまでご活躍の舞台を広げられるんですね!
 身元保証書のほうは、すでに用意してあります。
 紹介先は、大貴族お抱えの傭兵団だということです。
 その封書を、イシュガルドのフォルタン伯爵邸にて、
 「フォルタン家の騎士」様にお渡しください!
 あなたの一層のご活躍、期待してます!」
イシュガルドのフォルタン家の騎士に採掘師ギルドの封書を渡す
フォルタン家の騎士
「む・・・・・・私に用件でも?」
(採掘師ギルドの封書を渡す)
フォルタン家の騎士
「そうか、傭兵団が探している採掘の専門家か。
 ふむ、なるほど・・・・・・実績など申し分ないようだな!
 さっそく派遣先の隊長と会えるよう、手配しておこう。
 我があるじ、フォルタン伯爵は、合理的な考えをなさる方でな。
 旗下に異邦の傭兵団を抱え、外地での経験や知見を活用しておる。
 純血を是とする我が国にあっては、珍しいことだ。
 君に紹介する「迅風傭兵団」も、そのひとつだ。
 忘れられた騎士亭にて、「ハイムリック」隊長と会うがよい。
 君の力を必要としているのは、その男だ!」
忘れられた騎士亭のハイムリックと話す
(クエスト進行前)
ハイムリック
「「迅風傭兵団」のハイムリックってモンだ。
 見てのとおり、ここイシュガルドの出身じゃねえが、
 外地での経験を買われて、フォルタン家の旦那に雇われてるのさ。」
ハイムリック
「Nikuq Niuniu君だな?
 待っていたよ、「迅風傭兵団」のハイムリックだ。
 オレが率いる一隊は、資源調査がおもな任務・・・・・・。
 ドラゴン族の首を獲るような武功とは、無縁の裏方だよ。
 だが、長期にわたる継戦には、不可欠な役割という矜持をもって、
 この仕事をやらせてもらっているよ。
 フォルタン家の旦那は、オレたち「迅風」の傭兵に、
 指揮権を含む、かなりの裁量を認めている。
 専門家である君にも、任務中はオレの指示に従ってもらう。
 むろん、採掘師に交戦を命じるようなことはないが、
 自分自身の身を守る必要は、イヤでも生じるだろう。
 覚悟してくれ。」
ひなチョコ
「ヘヘッ!
 資源の眠る秘境ともなれば、野生の凶獣もいっぱい出るっすよ。
 泣きべそかいて逃げ出さなきゃいいけど!」
ハイムリック
「・・・・・・すまん、こいつはオレの隊の若造でな。
 ご覧のとおり、口のきき方も知らん半人前。
 渾名は「ひなチョコ」、まだ卵の殻も取れん未熟者だ。」
ひなチョコ
「うぅ・・・・・・ウチの隊は、なぜか渾名で呼びあう伝統なんすよ。
 そうだ、この専門家先生にも、渾名をつけてあげないと!
 何がいいかな・・・・・・うーん、そのまんま「先生」とか・・・・・・?」
ハイムリック
「・・・・・・「先生」か、悪くないな。
 現在、我が隊は、次の任務まで待機中だ。
 出動の際は、ここで通達する・・・・・・よろしくな、先生!」
ハイムリック
「・・・・・・おお、先生か!
 いろいろ世話になっちまうが、どうかよろしくな。」
アダルベルタ
「あたしの紹介した傭兵団とは、うまくやってるようね!
 キミ、あちらじゃ「先生」って呼ばれてるんだって?
 あたしたちは岩を削ったり掘ったりしてるだけなのに、
 彼らにとって、あたしたち専門家は「先生」なんだねえ・・・・・・。
 これからもキミのみやげ話、楽しみにしているよ!」
  採掘師ギルドの封書:アダルベルタが記した身元保証書が入った封書